スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

”中国大酒店”の感想文メール

2006.05.27(17:19)


●”中国大酒店”の感想文メール

戴いた感想文メールをひとつご紹介!
(私と同様、広州の”中国大酒店”に思い出のある
 方からの感想文です。)

>命の恩人・中国大酒店読みました。
>なつかしいホテルです。

>私が、最初に中国に行ったのが、
 もう18,9年前になりますが、
 広州でこの中国大酒店に留まりました。

>広州交易会に行ったのですが、この頃、
 通常は1泊7~8000円くらいなのが、交易会のときは1泊2万円
>以上になるのです。また、このホテルのビジネス棟には、
 住友商事をはじめ、日本の企業が多く入って
>いました。となりの東方賓館には三菱商事が入っていました。
 この頃、広州には日本料理屋は1軒しか
>なく、この前、北朝鮮の金正日が貸切で留まった
 ホワイトスワン(白天ガ)の中の1軒だけでした。
>このとき初めて、中国大酒店のレストランで火鍋を食べました。

この”広州交易会”というのは、
貿易関連の展覧会のようなものです。
この展覧会は、世界的にも有名で、
これが開催される時広州中のホテルが一気に値上がりします。

>このとき、ホテルのリムジンではベンツが1台だったのですが、
 それから半年ごとに行く度にベンツのリム
>ジンがどんどん増えていきました。
 最初、駅からホテルに行くタクシーは、床がさびて小さい穴があいて
>いたり、窓はあかないなどひどいものでした。
>それから考えると今の中国の発展はたいしたものです。

(一部省略)

10数年前の中国。。。 
私はこの時まだ日本で学生してたので
見たことがありませんが。。。
想像するだけで恐ろしいですね。 あはは

現在は駅から地下鉄で中国大酒店まで行けるので
タクシーに乗る必要はなくなりました。


メルマガ(第68話) 需要と供給 

スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<需要と供給 | ホームへ | 捨てる神あれば拾う神あり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/94-3edb3d17
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。