スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

イモねーちゃんはバイリンガル?

2006.05.07(22:16)

只今愛妻と中国国内旅行中でーす。
よって中国のいろいろな場所から
このメルマガを発行しますので乞うご期待!


~(8日目)只今、河南省の奥さんの実家にいます。~

 (このメールは、5/4に書かれたものです。)
 →インターネットに接続できない状態にあるので。。。

・物価指標
 (各都市の物価を簡単に把握しましょう!)
 →タクシーの初乗り料金で大体その都市の物価がわかります。

 現在(中国河南省奥さんの実家)・・・ 2元(約30円)
(比較例)
 私の住む中国広東省シンセン市・・・ 12.5元(約190円)
 中国河南省鄭州市・・・ 7元(約100円)

他所に比べて物価が非常に安いと言うことがわかりますね~


●近況報告

おかげさまで奥さんの風邪??もよくなりました。
そこで予定通り奥さんの実家へ向かい、ものすごくディープな中国の
農村での生活を送っております。
しかし、今度は私のほうがダウンしております。
(と言っても今は鼻が詰まって少しだるい程度までになりましたが。。。)


●イモねーちゃんはバイリンガル?

私らが奥さんの実家へ無事着くまでは大変でした。
前回のメルマガでは、その苦労について
語っていませんでしたが、非常に不安でした。

私は、”普通話(プートンファー:中国の標準語)”を
話すことができるのです、
ここ河南省は、普通”普通話”でなく
”河南語(地元の言葉)”を皆さん話します。

最近では政府が”普通話”の教育に力を入れているため
学校教育やテレビなどは
皆”普通話”なのですが、

ちょっと年をとった人、
若者でもずーっと故郷にいて”普通話”を使う機会がない人などは、
地元の”河南語”しか話せないのです。

私たちが鄭州のホテルにいた時は、
5つ星ホテルに泊まっていた事もあり、
”普通話”はもちろん、英語も通じましたが、
外に一歩出ると”河南語”だらけ。。。
よって私が”普通話”を話しても返ってくるのは、

”河南語”又は
河南語なまりのきつい”普通話”と

いうことで、非常に苦戦しました。

苦戦はしましたが、どうにか奥さんを実家に連れて
行くことができたのですが、
実家では、、、

”普通話”など、いっさい使いません。。。 
(つまり私は、話が一切理解できない)

私が彼らの話を理解するには、

話し相手→(河南語)→奥さん→(普通話)→私

のように奥さん(通訳)を介して初めて話ができるのです。

前回奥さんの実家に来た時は、
奥さんの弟も一緒でしたが、彼も通訳できました。
(河南語、普通語の両方を話せる)
→シンセンなどいろいろなところから
 出稼ぎに来る人が集まる場所では、普通話を
 使えなければ、仕事ができないのです。

そこで、いつもは”ナンリン村のイモねーちゃん”とか
言って馬鹿にしておりましたが、
いやいや、
彼・彼女らは、
”地元の言葉+普通話”の2つの言葉を使いこなす
バイリンガルなのです!” 

ディープなこの中国農村生活をすると思うのですが、
いつものイモねーちゃん達が
”都会に洗練された娘たち”に思えるように
なってしまうから、すごいです。

特に私の奥さんと、この村の人たちの差は明らかで
ものすごく面白いです。

外では、豚と子犬が遊んでいるのどかな生活の中、
シャネルのお化粧セットで
”あ~ん、乾燥する乾燥する”と言いながらお化粧する私の奥様。
(農村の人たちは、このお化粧セットがどれだけ高いか?
 検討も着かないでしょう。。。)

中国生活おもしろ珍道中56(1)

奥さんの使い終わったパックで遊ぶ豆豆

昔見た映画『クロコダイルダンディー』を勝るカルチャーギャップです。

※『クロコダイルダンディー』:
 オーストラリアの山奥でワニなどとたわむれるワイルドな
 オッサンが、大都会アメリカのニューヨークに来た!という
 カルチャーギャップを描いたコメディー映画。

中国生活おもしろ珍道中56(2)

来年春に殺される予定のブーちゃん

それでも奥さんは地元の人たちとストレートで
会話できる(河南語を話せる)から
”あー、昔はここで育ったんだよな~”と思わさせられます。

そんな不思議なカルチャーギャップの中、
ここ奥さんの実家での生活を送っております。

続く。。。


●おまけ(マグロ娘の両親に食事を招待された)

昨日の話しです。
マグロ娘の両親と食事しました。

※マグロ娘について。
  マグロ娘など老郷(ラオシャン)

まずビックリしたのは、

1、話に聞いていたとおり、
  マグロの妹は本当によくできた子です。

  私らがご飯を済ませると、
  何も言わず一人でお皿を黙々と洗います。
  現在15歳の細身の女の子でした。 
  本当によくできた子です。

2、マグロの母親は、
  マグロと正反対でよくしゃべるオバハン!

  声もでかいし、休みなくしゃべる。 
  顔はマグロに似ているが、
  性格は全然違った。

3、あまり存在感のないマグロ父。
  マグロ母がガンガンしゃべる分、
  横で黙々とビールを飲むかタバコを
  吸ってます。 

  話すことができないわけではないが、
  たぶんマグロの
  無口は、お父さんゆずり?

こんな感じで楽しい昼食をとりましたとさ。


メルマガ(第56話) イモねーちゃんはバイリンガル

スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<ディープな中国農村生活 | ホームへ | ここで寝るなよ、オイ!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/82-360ccd54
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。