スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

中国は自由?不自由?

2006.04.24(21:25)

一昨日から昨日にかけて奥さんと
珠海へ小旅行に行ってきました。

世間では、日本と韓国で”竹島”をめぐって
非常に緊張していた状態ですが、、、
私も旅行先で奥さんと緊張していた状態だった
(つまり喧嘩です)。。。
しかし、日本と韓国が一時的に和解したのと同様、
私らも仲直りしました。
(犬も食べないしね~ 、あ、
今家の愛犬はそんなこと気にせずぐったりしてる。。。)

でも、この竹島問題。
中国で政治関連の掲示板(インターネット)では、
ほぼ100%韓国を支持している。
→本当にわかりやすい国だ。

たぶん中国で”あなたの嫌いな国は?”と
いうアンケートを取ったら、

1位 アメリカ
2位 日本

は絶対ダントツだと思います。
そんな国で住んでる僕ちゃんって。。。


●中国は自由? 不自由??

この前奥さんとの会話で感じたことです。。。
”今の中国は自由なのだろうか? 
 それとも自由がないのであろうか???”

→う~ん、我ながら知的なテーマだ。


そうですね、今の中国ではまず、
報道の自由がありません。
全て政府により規制されております。

つまり、
政府が”やばい!”と思った部分は全て
カットされてしまいます。

例を挙げると、、、
・昨年のシンセンを初め各大都市で
 行われた”反日デモ”
 →これは一切中国のテレビで
  見ることはできませんでした。 
  だから多くの人は知らないのです。。。

・歴史的大事件”天安門事件”!
 (北京の天安門に民主化を主張する
  学生たちが座り込み、政府は。。。)
 →これもほとんどの中国人が知りません。 
 奥さんも私と結婚した年(去年)初めて知ったわけです。

・台湾での独立のためのデモや行進など
 →当然知りません。
  (こんなのテレビで流したら即戦争になっちゃうかも。。。)
  私の見るYahoo,動画ニュースを奥さんに見せたら、
  ”あ~、こんな事が起きてるの??? 
   でも元々台湾は中国なのに。。。”
  とちょっと不機嫌でした。

・前見た戦争のドキュメンタリー番組。
 →元日本兵の日本人のおっさんが
  ”中国に対して申し訳ないことをした。。。”
  などと言う部分は
  報道されていたけど、さらにその続きを言おうとしたところで、
  強引にカットされていた。
  (たぶん、中国国民に聞かれたらまずい部分なんだったと思う。。。)

言論の自由がある香港のニュース番組を
”中国”でも見ることができるのですが、
しょっちゅう途中で強引にカットされていることがあります。 

でもそんな風にしたら、
中国の人は偏った情報しか入らないではないか。。。と
思うのですが、
政府がそれをこの2006年の現在でも行っているのです。

ある意味、
”大日本帝国”時代の日本のやり方と同じなのでは? 
と思い 非常に怖いです。

しかし、香港や台湾は現在の中国にとって
政治的・経済的に問題視している地域であるにもかかわらず
それらのバラエティー番組(日本のパクリっぽい番組が多い)や
歌手の歌などは、中国でも大ヒット!

受け入れるものは、ガンガンに受け入れているから
ここ中国の”よいものは何でも吸収する”という
吸収力はものすごいものがあると思う。

(多い日でも安心!って感じですね~ 
 ナプキン会社に教えてあげよっと)


私は個人的に中国では、”日本=悪魔”みたいな
考え方を政府が麻薬的に利用しているように思えます。
中国国内の都市部・農村部の経済格差などの
自分のところの問題を忘れさせるために、
”悪役日本”を
使って、中国国民の怒りの矛先を
自分の国でなく日本に向けさせているように思えます。
→だって、戦争ドキュメンタリーなどを適当な間隔で
 放映しているのです。 皆が忘れないように。。。
 麻薬の中毒と同じ!

だから、どんなに学のない農村のイモ娘でも
・”南京大虐殺”とか
・日本語の”バカヤロー”の意味を

知っているのです。

※”バカヤロー”は、戦争映画とかで
 日本兵役の人が必ず言うセリフなので、
 13億人全員知っていると思う。
→だからあまりうかつに中国でこの”バカヤロー”と
 いう言葉を使わないほうがいいと思います。

最後にここ中国には、現在4人目の国家主席がおります。
(皆さん知ってます?)→順番に。。。
(1)毛沢東
(2)トウ小平
(3)江澤民
(4)胡錦涛
です。

中国生活おもしろ珍道中51(1)
中国生活おもしろ珍道中51(2)

   ↓↓↓
左上から第1代→2代・・・ の順です。


私はこの4人の中で、
個人的に”トウ小平”が好きです。

当時コテコテの社会主義国であった中国で、
あの有名な

”黒い猫でも白い猫でも、
 ねずみを捕まえる猫がいい猫である。”


いう言葉を残した人です。
つまり、
黒い猫と白い猫→社会主義と資本主義のたとえ、
ねずみを捕まえる→富を得る、発展するのたとえ。

すごい人だと思います。


以前の”毛沢東”の時代などは、
彼の悪口を言うだけで監獄行きでしたが、
現在の中国はどうなのだろうか?
ということで、私の愛妻に
”中国歴代国家主席の中で誰が一番好き?”
いう質問をしたところ

”私は、胡錦涛主席が一番好き!”とのこと。

なんで?と聞いた結果、、、

”だって4人の中で一番ハンサムだもん!” だって、、、

こんな事を人前で言えるようになった中国、 
今の中国は想像以上に自由!と判断できるのではないでしょうか?

中国の報道や経済格差、反日思想などについて
語った久しぶりにまじめな内容のメルマガでした。

では、また

PS,只今中国旅行を計画中です。 今週の木曜日出発予定でワクワクでーす。



メルマガ(第51話) 中国は自由?不自由?



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<中国国内旅行! | ホームへ | デラックスバーガー>>
コメント
こんにちは。
以前私が仕出かしたことを思い出したので、つい書き込んでしまいました。
あれは6年前。
早朝北京空港で帰国のためのチェックインをする際、9・11事件以降の厳戒態勢の中、荷物検査を受けているときの男性係官の態度があまりに悪かったので、中国語のわからない僕はムシャクシャした感情を抑えられずについ、「バカヤロー」と言ってしまったんですよ。そうしたらその係官は、大興奮して大声で何かをわめきはじめちゃったわけ。周りの女性係官たちが近寄ってきて男性係官の話を聞いてたようだけど、僕は何事もなかったように振舞っていたら、女性係官が代わりに僕の荷物をチェックしはじめた。 どうやら彼は「こいつ俺にバカヤローといったぞ!何でだ!おかしいだろ!」的なことを言っていたみたい。
離れたところからその光景を見ていた僕の中国人妻は、飛行機の中で「あんた、もしかしたら帰れなくなっていたかもしれないよ!彼らの意思ひとつであんたなんか簡単に投獄できるんだから! 一番言っちゃいけない言葉じゃないよ!」と長い時間こっぴどく叱られました。

これも反日教育の影響ですよね!?
【2009/07/20 08:34】 | よう #E6kBkVdo | [edit]
ようさん
コメント及び体験談のご報告ありがとうございます。

そうですね、記事にもありますように
中国では”バカヤロー!”という日本語は、
読み書きも出来ない人ですらどんな意味か知っています。
反日教育の影響もあるでしょうが、マインドコントロールされやすい
一般人は確かに過敏に反応する傾向にあるかもしれません。

あと、奥様の言うとおり、投獄もありえるかも?しれません。
中国では職権乱用は日常茶飯事!
というより逆に職権を乱用しない人を探す方が
難しいかもしれません。

中国での”バカヤロー”は確かに注意した方がよいと思います。
【2009/07/25 18:47】 | ぶるー3 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/77-dab7c7d1
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。