スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

中国人のパーソナルスペース

2006.03.29(23:57)

わーい、わーい 明日(木曜日)から
インドネシア旅行に行ってきまーす!!
ノートPC持参で行きますので、

中国おもしろ珍道中 → インドネシアおもしろ珍道中

を一時的に送ることになりそうでーす。
(インターネットにつなげなかったら送れないかも。。。)

私の奥さんは、
”あーん、一人じゃ寝れないから行かないで~”と言ってますが、
いつもぐっすり寝るくせに。。。
本当うちの奥さんすごいんですよ~

オリンピックに”睡眠”という項目があったら絶対に中国が世界一です!
なぜって? そう、うちの奥さんが金メダリストだから!

私が会社勤めで規則正しい生活をしていたときは、
必ずうちの奥さんは
私より先に寝て、私より後に起きる 毎日でした。。。
とにかく よーく寝る子です。


●中国人のパーソナルスペース

そう、それは1通の感想文メールから始まった。。。


> ひとつ、取り上げていただきたいテーマがあるのですが・・・・、
>
> それは「人と人との距離について」です。
>
> 中国人って、恋人でもないのに異常なほど
 擦り寄ってきませんか???
>
> 顔と顔の距離が20センチないこともよくあるんですが、
>
> 口臭きつい人も多いし、つば飛ばしながら話す人もけっこういるし、
>
> 辟易してます。
>
> たしか、国によってその距離(パーソナルスペースでしたか?)が
 違うと聞きましたが、
>
> 中国はいったいどうなのか、
 研究した方がいたら教えていただきたいです∞(=∀=
> ;)∞  
>  


はい、研究した方がおりましたら、ご連絡ください~!



私も研究したわけではありませんが、
確かにこれはすごいものがあると思います。

学生時代、学校の先生がこのパーソナルスペース
(確か”個人の領域”という表現をしてたかな?)
というのがあって、それにはそれなりの個人差があるが、
その”領域”を見ると
その2人の関係がわかる。と言ってました。

つまり男女でこの領域が異常に狭いのは
”気が有る”または”恋人同士”などと言えることが多い。
と言ってました。

そう、これを参考に自分の気になる子と
別の男が会話している時の距離を観察したりしたことも
あったかな~。 (うー根暗~)

しかしここ中国ではこの考え方は
上記感想メールにあるように通用しなそうです。

何でここまでパーソナルスペースが中国人は狭いのか???
私も数日前バスに乗った時、
椅子に座れずずっと立ってましたが、
私の背後に位置するにーちゃんが、
そんなに混んでいる訳でもないのに、
ベタベタと体をくっつけてくる。

あーん、僕ちゃんのお尻にお前のケツがついてんだよ~、
このホモ野郎!

私は、気持ち悪いのでできるだけお尻に距離を持とうと
立ち位置を変えたりするんですが、
どんどんそのにーちゃんのケツは、
僕ちゃんのお尻にくっついてくる。
それはもう磁石のN極(ケツ)とN極(お尻)を
くっつけようとする時に起こる反応を
バスの中でかなり長いこと繰り返していました。
あー、今思い出すだけでも気色悪いです。

しかし、逆にこのパーソナルスペースが
近いことでよいこともあります。
私が日系企業の工場で働いていた時、
当メルマガ第3号でお話した”鬼軍曹班長”に
何か説明する時に、
机の上で紙に絵を書いて説明を始めるのですが、
異常に私に寄ってきて、
私のひじには柔らかい何かが当たる始末。
こっちが恥ずかしくなってしまい、
”今、やらかーいのが当たった。”と言って
少し離れてもらったくらい。
(”すけべ~”と言われたが。。。)

※参考 軍隊式仕事っぷり

 この記事にも書いてますが、
”鬼軍曹班長”は、ちょっと色っぽくていい感じなんです。 (うふふ)
 →私が辞職した後は、しっかりやってるかな~ 
  がんばって欲しいものです。

話を戻しますが、そういう感じで男女問わず
中国人は確かにこのスペースが異常に
短いというか狭いと私も思います。
研究したわけではないのでわかりませんが、
逆に日本人がこのスペースが広い?のかな?

まず、間違いないのは日本人なら
”なんで中国人はベタベタくっついて来るんだ?”と
思う経験が必ずあるはずです。
(それが、よい場合も悪い場合も存在しますが。。。)
みなさんは、こんな事も参考にして中国人と接していってください。

いやー、今回は非常に学説的な内容でした。 (ほんまかいな)

たぶん、次号はインドネシアからになると思います。 (ワクワク)

では、また


メルマガ(第39話) 中国人のパーソナルスペース

スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<水風呂サイコー | ホームへ | バッタモンのお話>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/61-279be9dc
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。