スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

中国のカラオケルール

2010.01.24(14:48)

昨日、私の所属する課の忘年会でした。
(中国的には、まだ旧正月:2月上旬が来てないので
 今は中国のカレンダーで言うと”年末”にあたります。)

普通に中国人部下たちの”ビール一気攻撃”を受けた一次会。
二次会は、カラオケと言った感じでごく普通の忘年会でした。

※中国の飲み会では、”一気攻撃”がすごいです。
 ほとんど休むまもなく10数杯連続とかは当たり前の世界です。

カラオケも純粋に歌を歌うだけのカラオケです。
(中国で”カラオケ”と言うと日本で言う”スナック”の事を
 指すことも一般的なので。。。)

中国生活に慣れた私にとって、昨日のカラオケは
ごく普通なのですが、日本から来たばかりの人だと
少し違和感があるかもしれません。


私が日本にいた学生時代の頃、友人とカラオケボックスに
行ってカラオケを楽しむときは、

暗黙の了解で”日本のカラオケルール”があったと思います。
例えば、
・歌う順番を必ず決め、その順番通りに歌い
 行ったメンバー全員がほぼ同じ曲数歌っている。
・誰かが歌っているときは、いかなる理由があっても
 歌っている曲を途中で切ってはいけない
・曲は予約した順番に従い、決して曲の割り込みをしてはいけない
・他人が選んだ曲も好きだからと言って、横からマイクを奪って
 歌ってはいけない。(但し一緒に歌うのはギリギリ可)
         などなど
私の世代の私の友人たちとの間ではこのようなルールが
スタンダードでした。
今の日本ではどうかわかりませんが、そう大差はないはずです。

しかし、海外に出てみてわかったのですが、
この日本のカラオケルールは、非常に独特で変わった
ルールである事を知りました。

香港や中国大陸の知り合いには、
”え~日本ってそんなルールで歌ってんの? おもしろ~い”
とよく言われました。

ちなみにここ中国のカラオケルールでは
・歌う順番などない
 (歌いたい人が好き勝手に曲を入れて歌う)
 →つまり1曲も歌わないでカラオケボックスを出る人もいれば
  何曲も連続で歌いほぼマイクを独占してしまう人もいる
・(多少気を使うが、酔った勢いで)他人の歌っている歌を
 歌っている最中に切ってしまうこともOK。
・自分の歌う順番を待ってられない場合は、強引に曲の割り込みを
 してしまってもOK。 (バレなきゃOKさ~)
・他人が選んだ曲が好きなら、選曲した人を無視してマイクを奪ってもよい

と簡単に言うと、平等さのかけらもなく好き勝手にやって
自分がよければよい!
というルールなわけです。
(中国らしいでしょ?!)

日本のルールは、
”恥ずかしがり屋で歌いたいけど自分から歌い出せない人”に
対して非常に優しいルールになっています。
逆に
”ガンガン歌いまくりたい人”にとっては物足りない
”歌いたくない人”にとって見れば苦痛
かも知れませんが、とにかくルールの基本は”平等!”

中国ルールも日本ルールも一長一短なわけです。

今回は、中国のカラオケルールに関するお話でしたとさ。


メルマガ(第246話)  中国のカラオケルール


スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<海外格安ホテルは、Agoda !! | ホームへ | 実現するビジネスモデルの作り方>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/371-48bb98a6
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。