スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

通風(トンフォン)

2009.12.19(14:05)

ここ沖縄より南のシンセンも完全に冬です。
非常に寒くなりました。
(この前は最低気温が8℃だって、
 きゃー寒すぎる!人の住む場所じゃない!!)

当然半袖の人は町で見なくなり、
女性たちは冬服ファッションを楽しむ
そんな季節になりました。

しかしこの冬の寒い時期、どうしても
やめて欲しい中国人のクセがあります。

それは。。。

”通風(トンフォン)” です。


通風(トンフォン):風を通す。→空気の入れ替え


私の実家は、新潟県出身の超寒がりの父がいるので
幼少の時、冬場は家中ストーブだらけ
プチ一酸化炭素中毒で、しょっちゅう吐き気がするほど
ストーブをたいてばかりいました。
(空気の入れ替えはするが、1分程度。。。)

よって、家を閉め切ってストーブをたくことに
拒絶反応がある幼少時代をすごしました。

ある意味、”通風”癖のある中国人との方が
気が合う体質なのですが。。。


中国人の”通風”も、私の父同様、非常に気合が入っています。

”寒いよ~”と私が風邪気味で鼻水をたらしている状態でも

”あ~、空気がよどんでいる! 通風!通風!”
と言って窓を開けっぱなし。
(空気の入れ替えでなく、ずっと開けっ放しにします)

”寒いってば! 窓閉めてよ!”と私が言っても

”空気がよどんでいる(汚い)から、風邪引くんでしょ!”
と言って、風邪気味の私がいるのに窓を全開です。

言っても聞かないので、、、強行作戦!

私が、窓をバシッと閉める!

しかし
妻が、窓をバーンと開ける!

開けて→閉めて→開けて→閉めて。。。

とコメディー映画のようなやり取りを繰り返します。 笑

愛妻の意見としては、
窓を開けて寒いなら、服を着込めばいいでしょ!
と言う考え方なのです。

私(日本人)としては、
家はくつろぐもの! 何で家の中で服を着込むの?
部屋を暖めればいいでしょ!
という考えです。
(日本人の方なら、私に賛成してくれるでしょうね。)


まー、でもこれは生活習慣の違い。
仕方ないのかもしれません。

今でも忘れない奥さんの故郷の地獄のような床屋の
経験があるので、頭では愛妻の意見が理解できます。
しかし、やはりそれに完全に従うのには抵抗があります。


※ 地獄のような床屋事件!

私と愛妻の結婚披露宴in河南(愛妻の実家)の時のことです。
元旦くらいのころです。
外の気温は暖かい昼間でマイナス2~3℃くらいです。
(当然暖房なんかありません)

私は髪をセットするために、近所の床屋へ行きました。
その床屋のつくりは非常に質素で、ガラス製の扉一枚で
外と隔てております。
たぶん、床屋の中は、
・外の寒い風が入ってこない
・床屋さんと私など人が部屋の中にいる

などの理由で、暖房はないにせよ外より多少は
暖かいと思います。
(たぶん 0℃くらい 笑)

しかし、その床屋さんの親なのか?
ババァが、グチャグチャ言いながら
外からその床屋の中に入ってきます。
(つまりガラス扉を開ける:マイナス数℃の外気が入る)

入ってくるのはいいが、扉をピシッと閉めないのです。
(ご存知のとおり扉を少し開けた状態にすると
 その細い隙間から勢いよく風が入ります。
 それもマイナス数℃の風が。。。)

で、アホの床屋も”寒いでしょ。ピシッと閉めて!”
と注意しないのです。

少ししてから、そのババァがまたグチャグチャ言いながら
外へ出て行きます。
(当然マイナス数℃の外気を入れながら扉を開け、
 当然ながら、またピシッと閉めない。。。)

このババァ私が髪をセットしている間、
3、4回外と床屋を行き来しました。

”ピシッと扉閉めんかい、ボケ~!”

マイナス2,3℃の風にあたりながら
(冷たい)カミソリで産毛を剃る。。。
毛穴は縮んで、そられるとヒリヒリ、
完全に罰ゲーム状態です。


話を戻しますが、マイナス数℃の風が
ぴゅーぴゅー入ってきても気にならない人々。
シンセンの10℃前後の外気が入ってくるくらいは、
別になんでもないのでしょう。

愛妻の田舎では、家の中でも服を何重にも重ね着します。
(そうしないと寒さで死にます。←これギャグでなく本当です。)


でも、この中国の中でも豊かな沿岸部シンセン。
我が家には暖房があるのだから、使えばいいのに
”通風!” ということで、使っても無意味です。

私が独身時代、私の父は冬、日本は寒いので
暖かいシンセンに毎回遊びに来ていましたが、
結婚後、愛妻の”通風”攻撃に合い
冬、シンセンに遊びに来なくなってしまいました。 苦笑


今回は、勘弁して欲しい”通風”癖に関するお話でした。


メルマガ(第242話)  通風(トンフォン)


スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<中国人向け日本料理屋と日本人向け日本料理屋 | ホームへ | 中国人と脳内メーカー>>
コメント
素晴らしい!中国人でもエコの心構えのある人がいるだなんて!暖房使わないなんて、超エコですよ!私は真冬でも手を洗うくらいは、真水を使うようにしています。CO2削減に少しでも貢献できれば・・・・
【2009/12/20 22:29】 | シドニー #- | [edit]
あはは、 超プラス思考でいいですね 笑
エコというより暖房を使うなんてもったいない!
って言う原始的発想です。
愛妻の実家では、家の中で焚き火しましたし、、、
(CO2たっぷり)
でも、”エコ”的発想から、また暖房のない生活を
するようになるかもしれませんね?
(しかし何らかの高度技術による対処があると思いますが。。。)
例えば、超薄着でも暖かい服を着るとか。。。
【2009/12/25 08:46】 | ぶるー3 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/359-ec748974
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。