スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ヌルっと感がないねん!

2009.12.06(09:27)

大変だ大変だ!!!
大事件が発生しました!!

この前、私ご愛用の南山海岸城にある、
おしゃれなお店

高級イタリアン
  『薩莉亜』(saliya)

で大事件発生です。

あ、その前に!
『薩莉亜』(saliya)って何だかわかります?
日本語で言うと、『サイゼリア』
って言います。 笑


日本では、高校生のたまり場の
激安イタリアン『サイゼリア』は、
ここ中国のシンセンにも進出してきてるんですね~
すごいすごい!

メニューも日本とほぼ同じで、
ドリンクバーとかまであります。
たしか6元(約100円)で飲み放題です。 わーい。


シンセン南山のサイゼリアはなかなかの人気で、
休日は、並ばないと入れません。

でも、我が家は並ばずにすっと入れます。 
うふふ 生活の知恵!

愛妻、愛娘、私の3人でイタリアンを楽しみました。
しかし、その中で大変なことを発見してしまいました!

私が頼んだ、スパデティーカルボナーラ!

”あれ???!!! なんじゃこりゃ!!”

”何で卵黄のヌルっと感がないねん!”

私ら家族は、このサイゼリアがオープンしたての時にも
この店に来ており、
そこで私は好物のカルボナーラを
頼んでいました。

たぶんオープンしたての頃は、
日本の調理マニュアルを持ってきて、
そのままの方法で調理していたのでしょう。
おいしくカルボナーラをいただきました。

しかし、今回久しぶりに南山サイゼリアで
カルボナーラを注文したら、
卵黄の”ヌルッと感”がない
卵黄にばっちり火を通してポロポロになってしまった
カルボナーラが出てきたのです。

中国生活おもしろ珍道中240(4)
これです。
この黄色の塊は、粉チーズでなくポロポロ卵黄です。 悲


”なんやこれ! これがカルボナーラかい!”
とクレームをつけようかどうしようか考えましたが、
ここは中国。

  生もの   =嫌い、おなか壊す、危ない
ばっちり火を通す=安全、安心

という考え方がこびりついている国なので、
私は、ポロポロ卵黄の事をクレームつけても
その10~100倍の中国人が、
ヌルヌル卵黄のクレームをつけるのでしょう。

サイゼリアは日系企業。
きっと、ばっちりと決まったレシピに基づいて
調理していると思います。
たぶん、ヌルヌル卵黄の数多いクレームにより
調理法を変更したのだと思います。

在中日本人にとっては非常に悲しいお知らせです。
このことに激怒して、日中戦争が起こるのでは
思ったほどです。 (なんちゃって)

そのほか、明太子スパゲティーが異常に辛くなっている
など、ほかにも若干の変化がありました。

日本から中国へ遊びに来る人からすれば、
ちょっとチャイナナイズされたイタリアンを楽しめて
面白いかもしれません。

今回は、中国風にアレンジされた”サイゼリア”のお話でした。


メルマガ(第240話)  ヌルっと感がないねん!

スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<北派少林拳 VS 南派少林拳 | ホームへ | カルチャーギャップとは、こういうもの!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/355-2ad4c345
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。