スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

横山やすしinシンセン はもう不要??

2009.10.25(17:14)

私は中国に来て10年と言う月日がたちました。
いろいろな中国の変化を目の当たりにしてきていますが、
その変化の代表的なもののひとつに、

”タクシー(ドライバー)の改善”

があると思います。
まず昔は、タクシードライバーのいる席は
鉄格子の中にありました。
(ちょっと日本では想像できませんが。。。)

そうです。 ドライバーが客に襲われない様に
鉄格子の中にいるような状態にしていたのだと思います。

でも、これは悪い乗客もいますが、それと同じぐらい
悪いドライバーもいるわけです。

しょっちゅう、私も横山やすしバリに
タクシードライバーと喧嘩をしてました。
(おこるで~しかし。 笑)

昔話ですが、中国にいる私に会いに日本から来てくれた友達と
一緒にタクシーに乗ったときのことです。

私と友達は、車内で日本語でぺちゃぺちゃ話し続けていました。
(当然このとき、ドライバーは私たちが外国人だということを知る)

私) ”タクシーに乗ると約50%くらいは喧嘩するんだよね”(日本語)

友) ”はぁ~? 何でそんなに喧嘩するの?”(日本語)

私) ”わざと遠回りするドライバーが多くてさ~”(日本語)

友) ”へ~、そうなの。。。 じゃ、今のドライバーは?”(日本語)

私) ”今のところ、変な道行ったりしてないね。”(日本語)

ド) (右ウインカーをカッチンカッチン)

私) (鉄格子をバンバンたたいて)
   ”こら~、何右行こうとしてんねん! 金払わんぞ、ボケ!”(中国語)

友) (鉄格子バンバン+中国語で何か言ってる私を見て呆然とする)

ド) ”あ、間違えた。 ごめんごめん”(中国語:ちょっと震えた声)


なんて事がありました。
ドライバーとしても、身長170cm以上の小太りな私が、
鉄格子をバンバン叩くのを見て怖かったのでしょう。
あの鉄格子がなかったら、大変なことになっていたのかもしれません。。。

私は何度も怒って、鉄格子をバンバン叩いた経験があるので、
あの鉄格子がなかなか丈夫に出来ていることをよく知ってます。


ですが、最近はタクシードライバーの所得が上がったのか?
いろいろな面で改善されたのか?
私が過去のように”横山やすし”になることはほとんどなくなりました。

今回愛娘の面倒を見てもらいに私の両親が日本から来るときも
”いまのタクシードライバーは騙す人がいなくなったから安心だよ”
と言えるようになったほどです。

さらに昔と違い現在では、タクシー内に鉄格子がありません
(非常に大きな変化です)


最近、私がタクシーに乗ってプチ”横山やすし”になった
出来事があるので、お話しします。
(昔とはだいぶ変わりましたよ)


(すでに行き先を告げ、タクシーが走っていたときのことです)

私) ”おいおい、そこ右折右折”

ド) ”え? こっちでも行けるでしょ”
    (右折せずに直進した)

私) ”何やってんだよ~、遠回りになるんだよ!”(怒鳴り気味)

ド) ”え、昔はこっちからでも行けたよ。”

私) ”今でも行けるけど、遠回りなんだよ”(怒鳴り気味)

ド) ”じゃあ、わかった3元値引くから”

私) ”何やってんだよ、アホ!”(←このせりふを何度か連発)

    (少し経って)

私) ”3元なんかじゃすまねーだろ~ おい!”(怒鳴って)

最終的に、目的地に着いたときの値段より5元引いた値段しか
請求されませんでした。 笑

(メーターの値段をそのまま要求してきたら”やすし炸裂”でしたね。)

まー、そんな感じで比較的中国のタクシー事情も
昔に比べたら、かなり良心的になりました。

今回は、中国のタクシー事情、昔と今!というお話でしたとさ


メルマガ(第235話)  横山やすしinシンセン はもう不要??



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<中国語ドットコム | ホームへ | 酒井法子もびっくりのDJさばき!>>
コメント
でも広州のタクシーには鉄格子がありましたね。広州には本物のやすしが多いんです(笑)
【2009/11/04 06:48】 | ムードー #- | [edit]
そうですね。
愛妻の故郷もごっつい鉄格子でした。
その点、シンセンは進んでいるみたいです。
【2009/11/05 13:25】 | ぶるー3 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/335-cf58f032
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。