スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

いくら乾燥してるって言っても。。。

2009.10.11(15:11)

~河南省出張報告2009 その2~
”いくら乾燥してるって言っても。。。”

河南省の南部の都市”南陽”の空港に着きました。
この南陽(ナンヤン)が愛妻の実家から最寄の空港に
なります。

迎えに来たのは、愛妻の弟。
私達は、荷物を持って愛娘が入院している病院へ直行です。
場所は、”方城(ファンチェン)”という愛妻実家に一番近い都市
なのですが、とは言っても、中国は広い! 本当に広い!

南陽→方城 まで60kmくらいあります。
(車で約1時間)

病院到着後、愛娘に久しぶりに再会したのですが、
最初自分の子ではないのでは?
と思ったくらい痩せこけていました。
(以前は”プックリ太っていてかわいい!”
 が売りだったのに。。。)

長いこと離れ離れでしたが、やはり父親(私)の事を
覚えており、キャッキャとはしゃいでいました。

しかし、愛娘との再会を喜ぶのもつかの間
愛娘のいる病院は付近では小児科病棟のある病院で
一番しっかりした病院なのですが、
ビックリです。

汚い!
くさい!
うるさい!

3拍子揃った本当にひどい病院でした。
でも、愛妻の実家へ何度か行っている私からすると、
”でも、この辺ではこれが最高級の病院なんだろうな~”と
思いました。

しかし、どうして田舎の人たちは
汚くすることが平気なのか?
まるで、”汚い環境が心地よい!”と思っているのでは?
と錯覚におちいるほどです。

日本では信じられないかもしれませんが、
病棟にトイレがあるのに、廊下で小便する人がいます。
百歩譲って”トイレまで行くことができない患者”なら
まだ許せますが、、、 スタスタ歩くガキだし、
そんな理由でもなさそうです。

さらに、トイレの前まで来るのですが、トイレのドア付近
洗面所のあるエリアで小便させる人(親)も
たくさんいます。
”トイレの中は汚いから、ここで小便させましょう。”
とでも思っているのか??

私には彼らが、”汚いのが好き!”
と思っているとしか考えられませんでした。

言葉では言いませんでしたが、
”この環境じゃ、治るものも治らない!”と思いました。

まーその最低の環境はともかく

今回の旅でビックリしたのは、
”中国農村部の発展!”です。
後ほど詳しい話をしますが、
農村部の発展。。。
発展するのはよいのですが、中身がそれについてこれない
と言う現象が、氾濫しています。

ここ病院でのエピソードなのですが、
入院している人及び付き添いの人は、服などを洗濯し
病棟の廊下に服を干したりするのですが、
ここ河南省は、非常に乾燥しており洗濯物がすぐ乾きます。
(うーん、この点はいいですね。)

非常に乾燥しているので、風邪気味の人は、
すぐに鼻水が乾燥してカピカピになります。 笑

しかし、乾燥していると言っても
”さすがにこれは無理だろ~オイ。”
と言う物が干してありました。

何だと思います??


答え

”おしっこした後の紙おむつ!”

まー、気持ちはわかりますが、紙おむつが
どんな構造になっているか理解していない人なんでしょうね~

河南省の病院。
最悪の環境で腹立っていた中、干してある紙おむつを見て
大笑いしてしまいました。

今回は、とある農村の病院でのお話でした。


中国生活おもしろ珍道中233
 点滴をすぐに打てるように針を刺しっぱなしにして
 テープでグルグル状態です。
 頭にテープグルグルなので、まるでかわいい大工の源さん?



メルマガ(第233話)  いくら乾燥してるって言っても。。。

スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<安全な水飲んでますか? | ホームへ | 気持ちはまさにサブプライムショック>>
コメント
そんな所へ愛娘を入院させておけるブルースさんもすごいと思いますが・・・
私は予防接種ですら、香港でさせました。
【2009/10/12 13:40】 | シドニー #- | [edit]
入院の判断は愛妻です。
私は出来るだけ田舎の病院に行かせることを
拒否してました。
でも高熱が出たりすると、こんな病院でも
連れて行かざるを得なかったようです。
記事には載せていませんが、最終的に
医者と看護婦を怒鳴り散らして、
医者的には”あとX本点滴を。。。”
と言うのを振り切って強引に退院させたんです。
その後シンセンで回復しました。
田舎の病院は医療レベルが低いのは確かです。
まー、もう連れて行きたくない。
それが正直な感想です。
【2009/10/17 10:23】 | ぶるー3 #- | [edit]
あっはっは。さすがです!
確かに、高熱が出たら移動できませんもんね。
私は「今度○○(中国内)へ旅行へ行こう!」と言われる度に、「絶対行きたくない。子供の小さいうちは国内旅行なんて行きたくない!」といつもぼやいてます・・・・
それなら、日本へ帰った方がましです。
【2009/10/18 00:20】 | シドニー #- | [edit]
確かに中国の田舎へ行くのは、よくないかも?
気候が違う(乾燥してるなど)ので、
抵抗力のない子供は病気しやすいと思います。
子供が10歳くらいになるまでは
連れて行きたくないです。
(そして10歳くらいになったら、
 自分の意思で”汚いから田舎はイヤ”
 と言ってくれる子に育つよう期待)
と言う計画です。 あはは
【2009/10/18 13:19】 | ぶるー3 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/330-3325e000
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。