スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

豚インフルエンザと中国の医療事情

2009.05.31(15:32)

5/28は、”端午節”と言って”中国の端午の節句”でした。
よって、5月の第二のGWと言うことで、連休になる会社が
多く、私の勤める会社でも5/28~5/31の4連休です。

連休開始の前夜、”さーこれから4連休だ!”とワクワクして
帰宅したのですが、なんと。。。

愛娘発熱!

わが子にとって始めての発熱だったので愛妻は、ものすごく心配し
かなりヒステリックになってました。
よって帰宅するや否や即病院へ行きました。

熱は大体37度の後半~38度台
私は、”結構熱が高いな~、このまま熱が継続的に高いなら、
今流行の豚インフルエンザの可能性も否定できないな。”と
愛妻に伝えると、激怒してました。(冷静さを失ってました。。。)

病院に着いてすぐ、クァーハオ(整理券のようなもの)を購入後
熱を計った。
37.8度 (微妙な熱だ。。。)

さすがの中国でも世界的に豚インフルエンザが流行していることは
有名なので、それなりの確認をしてくれるだろうと思ってました。

診察室内での割り込み合戦(←中国名物ですね 笑)を終了させた後、
先生の診察となったのですが、インフルエンザに関しては

”最近、この子は海外に行った?”
”いいえ”
”そう、じゃあいいや”

これでおしまい。
(まーでも、その他の症状からインフルエンザを否定したのでしょうね)

そして血液検査(針刺してもまったく泣かない愛娘、逆に笑ってしまいました)
の結果も踏まえて

”病毒性感染”との診断を受け、薬をもらって帰りましたとさ。

その晩、熱はドンドン上がり39度台突入。
翌朝でも、38.5度。
愛妻は、いてもたってもいられず、再度病院へ
医者は、
”大丈夫大丈夫! 赤ん坊の熱はそんなもんだから、
熱が出ては下がってまた上がっての繰り返し、
高熱の期間が短くなってるから回復傾向!”
とのこと。

その日の夜も高熱でしたが、医者の言うとおり
37度台まで下がる時間も確かに長くなった。
翌々日も同じような感じでしたが、4日目の昨日、
初めて36度台に入りました。
あー、よかったよかった!
娘を計った体温計で、今度は自分の熱を計ってみたのですが、
なんと今度は私!

37.5度!

そうです。
昨日から、私は下痢気味でやたらと疲れやすかった。
看病疲れだと思っていたので気にしていなかったのですが、
発熱してたとは。。。

愛娘も調子よくなってきたし、今度は私が一人で病院へ行くことに!
しかし、私は会社が入ってくれている海外保険でキャッシュレスで
日本語対応のVIP診察が受けれるのです。
中国語のできない日本からの出向者にやさしいサービスですね。

病院検索及び日本語対応の【ウェルビー】
http://www.wellbemedic.com/


海外保険の【東京海上火災保険(香港)有限公司】
http://www.tokiomarine.com.hk/Internet/jap/j_index.html


ウェルビーのホットラインに電話(当然日本語対応)して
自分の病状を話し、電話を切ります。
そして10分後くらいにウェルビーが探した最適な病院を
電話してきます。(当然日本語対応)←くどい?
たどり着く病院も日本語対応のVIP診察室である可能性が
高いです。

今回私が行った病院は、先生は日本語片言でしたが、
となりに通訳の日本人がついていました。
愛娘のときと同様
”最近、海外に行った?” の質問はありましたね。

血液検査もした結果、私の場合は
”細菌性の感染症! 下痢の前日に食べたものに当たったんでしょう”
とのことでした。
点滴3本、計3時間だったのですが、さすがVIP診療室!
点滴の部屋は個室でかつ日本のBSが見れるテレビ付の部屋

病院なのでやはりあまりお世話にはなりたくありませんが、
病気になったら、このようなエグゼクティブな環境で
対処されたいものですね~。


おかげさまで現在、
愛娘→体にぶつぶつが出てるけど、36度代キープでいい感じ
私 →よくはなったがまだ下痢気味。 しかし熱は下がりました。

健康第一ですね!
しかし、せっかくの4連休 病院の往復だけで終わってしまいました。 とほほ

今回は、豚インフルエンザと中国の医療事情に関するお話でした。

中国生活おもしろ珍道中222
バッタモノ”熱さまシート”を貼りながら元気よく騒ぐ38度発熱時の愛娘


メルマガ(第222話)  豚インフルエンザと中国の医療事情



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<中国的井戸端会議はファッションリーダー? | ホームへ | ハリハリマボック>>
コメント
娘さん、めちゃくちゃかわいいですね!誘拐されないように気をつけないと。
さて、ぶつぶつが出ているとの事。察するに、突発性発疹ではないでしょうか?日本では、ごく普通のかなりの割合で赤ちゃんがかかる病気なのですが、オーストラリアでは「突発性発疹」という単語自体がなく、「ウイルス感染」と言われます。中国でもそうなのでしょうか。
うちの娘も1週間程具合が悪く、インフルを心配しておりましたが、元気になりました。ここんとこ、暑かったり涼しかったりですからね。
大人も気をつけないと。
【2009/06/01 00:01】 | シドニー #- | [edit]
注射してもケロリ、38度の熱があっても笑ってる真由美ちゃんに、勇気付けられました。
【2009/06/03 07:02】 | ムードー #- | [edit]
シドニーさん
私の愛娘は、”病毒性感染”と言われました。
ブツブツに関して、近所のおばちゃん連中は、
”ブツブツはほっておくと消える!、
このブツブツが引けば完治の証明!”
との事でしたが、その通りで数日後
ブツブツは消えました。
そうですね、大人も体には気をつけましょう。

ムードーさん
愛娘は、本当にタフですよ。 笑
さらにおっとりした感じが癒されますよ。

【2009/06/14 14:08】 | ぶるー3 #- | [edit]
「病毒」って中国語でウィルスの意味です^^
【2009/07/09 00:02】 | rong #- | [edit]
rongさんコメントありがとうございます。
はい、辞書で調べたらウィルスの意味でした
勉強になりました
【2009/07/20 07:56】 | ぶるー3 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/315-43bf9272
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。