スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

最先端の香港

2009.04.12(13:31)

先週のお話ですが、4/4(土)は清明節でした。
よって、私の勤める会社は月曜日が代休で3連休でした。

”清明節”とは、簡単に言うと中国の”お彼岸”です。

中国に住む日本人の私には、まったくそんなものは関係なく
単純に休暇を満喫しておりました。

この清明節当日私は、私用で久しぶりに香港へ行って
まいりましたが、う~~~ん。。。

やっぱり香港! 進んでる~

と思いました。

私はシンセンのナンリン村からセレブ地区”南山区”へ
引越ししてきて、
”いや~シンセン(南山区)は、何もかもあるし便利だ~!”
と思っていましたが、いやいや、国際都市香港と比較すると
まだまだ数歩劣っています。

・地下鉄は日本の東京までは行きませんが、入り組んでおり
 どこへ行くのも便利。

・現金なしで不自由しない
 (オクトパスカードとクレジットカードのみでOK)
 ※オクトパスカード:日本のパスモのようなもので
           パスモよりずっと歴史が深いです。

・治安がよくいろいろな外国人が住んでいる。

・ジャッキー・チェンの最新作【新宿インシデント】も
 見ることが出来る。(笑)
 ※日本では、5/1公開のようですね。 日本より早い 笑
  【新宿インシデント】公式サイト ←    

・ホモまでいる。←今回ちょっとびっくりした。
 (地下鉄を待っているとき、西洋人(男)と薄い化粧をして
  ピアスをつけてる痩せてちょっと筋肉質の東洋人(男)が
  腕組んでいた。。。)
 ⇒中国大陸でも同性愛者はいると思いますが、絶対に正体を
  あらわしません。
 (思想的にまだ遅れているため、ホモを受け入れることは
  まだ出来ないと思います。 今なら変人扱いされるでしょうね。)
  その点、香港は思想的にも進んでおり大丈夫なようです。


シンセン南山区(特区内)  が数歩進むと 香港
シンセンナンリン村(特区外)が 数10歩進むと 香港
河南省(愛妻の実家:農村) が 100歩くらい進むと 香港

になるのでしょうね。
(それにしてもすごい地域格差だ。。。)


今回は、香港の先端ぶりをご紹介したお話でした。
(単なるホモの話やんけ~ 笑)


メルマガ(第219話) 最先端の香港



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<大陸筆頭の上海! | ホームへ | 果物と野菜の中国語>>
コメント
ところが、さすがの上海にはゲイ専門の店があるらしいです。とはいえホモたちはまだまだ世間から市民権を認められる存在ではありませんが。
【2009/04/12 17:28】 | ムードー #- | [edit]
らしいですね。 (上海のゲイバー)
さすが大陸筆頭の上海だけある!

確かに中国ではゲイの人がかわいそうです。
世界最大の人口を誇る中国だから
ゲイ人口も世界一のはずですがめったに見ないですからね
【2009/04/18 11:35】 | ぶるー3 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/310-ad32e6a0
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。