スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

定額給付金? もっといいのが。。。

2009.03.07(21:32)

日本ではついに”定額給付金”が可決され、
12000円/人をもらえる事になり
国民は喜んでいるようですが、
本来の目的である経済効果は、
いかほどでしょうか???

パーッと使う人もいるでしょうが、地道に貯金する人も
いるんでしょうね。。。
  ↓
それじゃあ、本来の意味を果たさない。。。


消費の低下は、同様に金融危機の影響を受ける
ここ中国も同じですが、私からすると
中国の方が、日本よりもっとよい策に思えます。
(麻生さん、参考にしてね。 笑)

まー、中国は広いので日本みたいに全国共通で。。。
と言う感じではありませんが、各地方でそれぞれ
いろいろな事をやってます。

私の愛妻の実家(河南省の農村)では、
政府が消費を増やすために、企業にお金を渡し
その渡した分、商品の値段を落とし、
消費者がものを買いやすくする。
と言った感じのようです。
(つまり政府が、商品の値段を割引させる事になります)

ものを買いたい消費者の背中をポンと押してあげるような
景気刺激策です。 (あっぱれ!)


別の地方では、中国の5月のお休みは今年は本来
5/1のメーデー付近と5月下旬の端午節といった感じに
ゴールデンウィークが2つに分かれちゃっていたのですが、
景気刺激をするため、5/1の休みを長くしかつ5月下旬の
休みはそのまま。
つまり休暇を増やして、消費を増大させる。
(うーん、これもなかなか あっぱれです)
※私の住むシンセンは違いますが。。。


あとは、商品券や旅行券(旅行で使うことの出来る商品券)の
配布などもあります。
 ↓
これは、使うか使わないかわからない
日本の”定額給付金”より
ずっと直接的で、経済効果があると思います。
(うーん、麻生くん勉強せえよ。)

しかし、この旅行券配布会場に人が殺到。
ドミノ倒し状態になったなんてニュースも流れてました。

うーん、さすが本家 列の割り込みの国だけあるな~ (ご愛嬌!)


ま、そんな感じで日本を上回る(?!)景気刺激策を
バンバン打ち出している現在の中国なのです。

今回は、中国の景気刺激策に関するお話でした。


メルマガ(第216話) 定額給付金? もっといいのが。。。



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<まだまだ続くよ、おそろしい中国の食シリーズ! | ホームへ | マグロ姉妹の近況>>
コメント
定額給付金とは、税金の使い道を国民に丸投げした無責任政府のダメ政策。
日本が今後どんな経済構造、産業で国民を養っていくのかを真剣に考え、限りある資源を有効的に使うようにしないとダメだわ。
【2009/03/14 07:55】 | ムードー #- | [edit]
うーん、確かに。。。
私は日本人なので日本びいきですが
こういう政府のやり方は、麻生くんには
悪いけど、胡 錦濤くんや温くんのほうが
上手です。 麻生くん勉強せいよ 笑
【2009/03/21 09:56】 | ぶるー3 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/305-5844dc1a
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。