スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

100日をとっくに越えました

2009.02.02(23:56)

中国では、子供が生後100日を迎えたときに
お祝いをするそうです。

昔の栄養状態の悪い時代は、新生児死亡率が高かったので
”生後100日を越えれば、一安心!”
と言ったような意味合いのようです。

ご報告がだいぶ遅れましたが
私の愛娘は、無事生後100日を超えました。 ぱちぱち~

うーん、100日か~
思えばいろいろありましたが、基本的に
母親に似てよく寝る子なので、ほとんど夜泣きせず育てるのが
結構楽なほうかもしれません。 笑

さらに愛娘はミルクと風船が大好きで、水を飲むのが嫌いな
元気な子です。

そう、水を飲むのが本当に嫌いなんですよ。
ミルクでなく水を哺乳瓶であげようとすると
全身を使って、もがいて嫌がります。
その様子は、昔なつかしの”スタイリー”みたいな感じです。 笑

※”スタイリー”
   ↓


ま、元気で何よりですが。

100日超えを記念して写真屋さんで写真撮影してきました。
中国生活おもしろ珍道中213
かわいいでしょ?
赤ちゃん+かぶりものは反則かな? 笑

ちょっとした子育て近況報告でした。


スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<さらば愛しの金魚ちゃん | ホームへ | 中国のお笑い>>
コメント
子育て情報~♪
中国や日本では新生児の頃からお水や果汁をあげるようですが、オーストラリアでは「6ヶ月までは母乳若しくは粉ミルクのみ!」なんですよ。私も初めは驚いたのですが「6ヶ月未満の子にお水や果汁をあげると内臓に負担がかかるそう」なんです。なので、うちの子は6ヶ月までは本当に母乳のみでした。でも、粉ミルクの場合は、お水で溶くんだから、お水だけ飲んでも大丈夫なのでは?と思ったりもしたのですが。離乳食も6ヶ月からでした。
【2009/02/03 22:59】 | シドニー #- | [edit]
情報ありがとうございます。
え?? でもそうなんですか~
知りませんでした。

私の娘は便秘気味なので水を飲ませようと
してるのですが、スタイリー状態で
嫌がるので今は、にんじんを煮た
汁を与えてるみたいです。
それもよくないかもしれませんね。
ちょっと調べてみます。
【2009/02/05 22:12】 | ぶるー3 #- | [edit]
うちの娘は生まれた時から便秘とは無縁の子で、今でも一日2~3回はお通じがあります・・でも、彼女の従姉が便秘症で、酷い時はお通じの際、お尻が切れて泣き喚く始末。赤ちゃんも気をつけないと痔になっちゃうみたいですしね。オーストラリアでは「便秘の時はプルーン」が常識ですが、まだ早いかな~?
【2009/02/06 22:04】 | シドニー #- | [edit]
なるほど、プルーンですか。。。
参考になります。

中国では、何なんだろう?
私の奥さんは、”水!”とか”にんじん汁”
と言ってますが、、、(効果は?です)
私はおなかをさすってあげるくらいですかね
【2009/02/08 10:24】 | ぶるー3 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/298-ac2e12a2
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。