スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

中国のお笑い

2009.01.31(01:03)

はい、中国の新年です。 ということなので挨拶を。。。

恭喜発財!紅包拿来! (コンシーファーツァイ、ホンパオナーライ)

中国通の方ならわかるかもしれませんが、これは中国的ギャグです。
これを言うと高確率で笑いますね。

前半の”恭喜発財!(コンシーファーツァイ)”は、中国の正月の挨拶
直訳すると、”共に喜び、お金が湧いて来ますように”という
日本人からすると”え、、、”と言いたくなりますが、
中国では非常に縁起のよい言葉なのです。

そしてギャグ部の後半は、”紅包拿来!(ホンパオナーライ)”
直訳は、”紅包(ホンパオ:お年玉)を持って来い”と言うことになります。

日本同様、中国でもお正月にお年玉をもらうと言う習慣があるため、
このような冗談が生まれてくるのです。

どうです? 笑えましたか??
正直言って日本人なら最高でもニコリと微笑む程度でしょう。
(腹を抱えるほどドカーンとくる笑いはまずないでしょう)

やはり国が違うと笑いのツボも結構違う物です。

今、ここ中国はお正月。
正月は”お笑い”を見て笑って楽しい正月を過ごしたい!
という考え方はどこでも同じです。

日本のお正月だと、漫才とかを見て笑ったりしますが、
(今の日本はお笑いブームだと思うので特に。。。)
ここ中国も同じで”中国的お笑い”を番組でよくやります。
ということで、今回は中国のお笑いに関するお話です。


なぜこのことを今回のネタにしたかというと。。。
私が日本への一時帰国で買ってきた自分へのおみやげが
きっかけでした。
これです。
 ↓
『江頭2:50のPPPするぞ!』


私の好きなインターネット動画配信の番組なんです。
最近見た中で面白かった動画がちなみにこれ
     ↓↓↓




このDVDを私が中国シンセンの家で見ていたときに
愛妻から言われました。

妻) ”(江頭2:50を指差し)この人有名なの??”

私) ”うん、有名だと思う。”

妻) ”この上半身裸の変な人がおもしろいの?(やや軽蔑の眼差しで)”

私) ”うーん、中国の人にはまだわからないかな?”

妻) ”こっちの方がずっとおもしろいよ”


ということで、教えてもらったのが
有名な中国のお笑い芸人の動画でした。
正直言って。。。 笑いのツボが会わないです。

昔愛妻にドリフやバカ殿のビデオを見せたのですが、
お笑いの中に女性の裸が出てくること自体が理解できていませんでした。
(でも笑っていたけど。 笑)
香港とかなら今の日本に近い感じがしますが
大陸だと、約25年前のドリフでも早すぎるかもしれません。


さて、話を中国のお笑いに戻しますが
有名なところだと”小品”と”相声”でしょう。

”小品”(シャオピン)とは、短い出し物(劇のような感じ)で
日本で例えるならば、規模の小さい”吉本新喜劇”という感じでしょうか?

”相声”(シャンシェン)は、日本で言う”漫才”です。

いろいろと有名なお笑いスターがいますが、
”小品”の超有名スターと言えば 趙本山
”相声”なら馮鞏(Feng Gong)&牛群コンビでしょう。
(※ここで名前を挙げた方々は、今の日本で言うダウンタウン級の大御所です)

趙本山の【不差銭】↓


馮鞏(Feng Gong)&牛群の【明天会更好】↓

※左が牛群、右が馮鞏 です。

どうです??
面白いですか??
言葉がわかるわからないと言う問題もあると思うのですが
わかっても、たぶん日本人なら笑えないように思えます。
(笑いのツボが違うからです)

まー、日本の江頭2:50と比べること自体がナンセンスかもしれませんが。 笑

今回は中国のお笑いに関するお話でした。


メルマガ(第212話) 中国のお笑い 

スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<100日をとっくに越えました | ホームへ | 無防備すぎる。。。>>
コメント
新年好!やっと静けさが戻りつつあるスワトウ。でも、野菜やタクシー等はまだまだ新年料金。いい加減にしてくれ。この大御所二人の顔を見ると「ホッ」としてしまうほど中国カラーに染まってしまったことに気づく今日この頃・・・今年もブログのUpdate頑張って下さい。楽しみにしております。
【2009/02/02 13:22】 | シドニー #- | [edit]
追伸:
以前、牛群の昔の映画を観ましたが、結構良い役者だな~と思いました。あの素朴さが素敵。
【2009/02/02 13:25】 | シドニー #- | [edit]
コメントありがとうございます。

いや~シドニーさんは、レベルの高い
中国通ですね。
私は、彼らの映画までは見てないですよ。。。
(負けた。 笑)

でも私も日本から中国に戻ってきたとき
なぜか少しほっとした部分がありました。

今後も応援よろしくお願いします
【2009/02/02 23:44】 | ぶるー3 #- | [edit]
 始めまして、小江と申します。多分上半身裸の人が中国人にとっては、ちょっとおかしいですね。それは中国人と日本人のユーモアセンスがちがうからではないでしょうか。
 おもしろい文章を楽しみにしています。よろしくお願いします。
 
【2009/04/21 22:04】 | 小江 #- | [edit]
小江さん
コメントありがとうございます。
確かに中国人と日本人のセンスは
かなり違いますね。
私の愛妻は、今回の”江頭さん”が
あまり好きではないようです。
(日本でも嫌いな人は多いですが)

何でしょうね?
私は単純に大笑いしちゃいますが。 笑
【2009/05/10 12:44】 | ぶるー3 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/297-fe922378
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。