スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

電話マナー

2008.12.13(23:37)

中国で生活している人ならば”そうそう”と同情してくれると
思います。
中国人の電話マナーの悪さ!
日本で中国に興味を持って中国語を勉強したり
旅行で中国に数回来たことのある人では
わからないとは思いますが。。。 とにかくひどい!

仕事で電話マナーについてみっちり教育された人などは
例外として、そうでない一般の人の電話マナーときたら。。。
ヒジョーに不愉快です。

中国語学習教材の”電話編”みたいな中国語を実際に
聞くことはまず不可能でしょう。 (苦笑)


間違い電話の場合を例にとってみましょう。

~日本の場合~

A)”もしもし田中ですが鈴木君いますか?”
 →必ず自分が誰なのか名乗る!

B)”すみませんが、うちは加藤ですけれども。。。”

A)”申し訳ございません、間違えました。”

 プツリ そして プツリ
 →相手が電話を切ってから自分が切る。
(すみません、当たり前のことをツラツラと。。。)


~中国の場合~

A)”ウェイ、錦濤(相手の名前)、XXXXXX(話し始める)”
 →自分が誰なのかは名乗らない!

B)”間違い電話では?”

 ガチャン!
 →間違えとわかった時点でAはBより先に電話を切る。
       ↓
 それも相手を気遣うことなく受話器は乱暴に置くため
 時折”ガチャン”の音で耳が痛くなることも。。。

ごっつ むかつく!

はい、これらを単純に分析してみると。。。
・親や学校など誰も電話マナーについて教育していないのでしょう。
・相手の気持ちや状態を考えていない
 (名乗らない、先に電話を切る)
・思い込み(電話の相手は自分のかけたい人だと信じて疑わない)
 (見ず知らずの人に対してぺらぺらと話す結果に。。。)

うーん、胡 錦濤くんには中国全国民に”電話マナー”を
教育するようがんばってもらいたいものです。

今回は、中国の悪い電話マナーに関するお話でした。


メルマガ(第206話) 電話マナー


スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<先上車后買票 | ホームへ | 日本人度チェック>>
コメント
電話といえば・・・オーストラリアに住む中国人。
確かに中国人の人口密度は高いです。でも、せめて電話に出る時くらい「Hello」って言ってよと思います。思いっきり「ウェイ?」って言って、更に英語のできない中国人はその後も平気で中国語でガンガン話します。電話だけではありません。公共機関でもスーパーでもアジア人だと思うと何でも中国語で話しかける。全く英語のできないツワモノは、役所のオージーに広東語で話していました・・・結局その役人さん「誰か広東語のできる人いませんか~?」って半泣きで、うちの相方が通訳してました。日本人にはなせぬ技だと思います。
【2008/12/14 19:01】 | シドニー #- | [edit]
確かに! 中国人はタフです。
日本人には決してマネは出来ないでしょうね。
日本で”オバタリアン”なんて言ってましたが、
中国生活10年の私からしたら、
日本のオバタリアンなんてかわいいもの
ほっぺにチューしちゃいますよ 笑

海外生活を送る上ではある程度のタフさも必要。
負けずに多少はタフにならねば。。。
(できないけど。。。)
【2008/12/14 23:39】 | ぶるー3 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/286-c910c40f
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。