スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

男か女か教えてくれ~

2008.07.26(11:16)

今回の就職→引越しなどの事が起こる前に
書こうとしていた内容ですが、
ずっと後回しになっていました。。。

まだ、私ら夫婦がナンリン村にいた時の事です。
定期健診で愛妻は、ナンリン医院へ
”もう7ヶ月近くだし、我が子の性別が知りたい!”
と思い、気合を入れて病院へ行きました。

私は、以前”臨床検査技師”という仕事をしており
妊婦が検査で使う”超音波検査”も使いこなしていました。
(専門分野は違いますが、超音波検査学会にも参加してました)
ネットで予習もしたし、検査中覗けば
私でもたぶん性別の区別がつくようにして
鼻息を荒くして病院へ向かったのです。

しかし。。。

愛妻)  ”私のダンナも検査室に入っていいですか?”
看護婦) ”ダメ!”

簡単に断られました。 (ガクリ)

さらに、検査室の中で

愛妻) ”子供の性別は?”
医者) ”教えられません!”(キッパリ)

※ あとで愛妻が言ってた一言
”田舎だったら、ワイロ渡せば絶対に教えてくれるのにな~”
→ある意味恐ろしい意見。。。

さらに検査室の外には、こんな表示も。。。

中国生活おもしろ珍道中193

医学的に必要な場合以外の胎児の性別鑑定と
性別を選択するための人工中絶は禁止


そうです。 ここ中国では、”重男軽女”の国でありかつ
”一人っ子政策”とかで、子供を生むことに圧力をかけている国
つまり、
”大切なわが子が女” → ”中絶する”
と言った、日本では少し考えられない考え方があるのです。

私は、正直わが子が男でも女でもどちらでもよいと
思っていますが、中国の人はそんな甘くはありません。

年金制度がない
  ↓
老後は子供のスネをかじって生きていく
  ↓
娘は嫁いでしまう(スネをかじりづらい)
  ↓
いらないから降ろす。


と言うことなわけです。
罰金を払ってでも男が生まれるまで子供を生み続ける人々
このような背景があるので理解は出来ますが。。。

どうにかならんもんかね~
胡錦濤おじさんにがんばってもらいましょう。

今回は中国の”重男軽女”の一例に関するお話でした。
スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<中国の『人気チャイドル投票』  | ホームへ | さらば愛しのナンリン村>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/260-ca7dfdc0
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。