スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

養子に優しい中国の制度

2008.04.02(01:52)

チベット暴動で中国の人権問題。。。
と言うことに注目されてきたと言うことで、思い出した話。
”養子”に関すること in China です。

昔私が付き合っていた恋人の1人が養子だったので、
私は普通の人より、かなり親身になって
”養子”について考えたことがあるのですが、
中国の制度はなかなか
”養子に優しい制度だな~”
と感心したので、ご紹介します。


私の知り合いで以前妊娠したが、結局死産。
その後は子供に恵まれない夫婦がいたのですが、
結局その夫婦は、養子を迎えることになりました
しかし、びっくりです。


びっくりその1
1人 4000元(約6万円)


人権問題。。。
と思わされますが、私は
”養子”=”孤児院で子供を選ぶ”
と思っていたのですが、違いました。
孤児院の子供は、すでにある程度大きくなっている場合が多く
自分が”孤児→養子”であることがわかってしまい
あまり理想的ではないとの事。

よって、
”生活苦の農家の赤ちゃんを買う”
のが養子としてはベストなのだそうです。
(つまり人身売買。。。)

結果的に私の知り合い夫婦は、4000元で
女の子を購入したそうです。
(6万円だなんて。。。 やすー)


びっくりその2
必要書類は足がつかない


日本の戸籍では、実の子供と養子とでは区別がありますが、
中国の戸籍では、これらの区別がないそうです。
さらにご存知の通り、
”ワイロOK”のこの国ですから、
”養子を取ったから、書き添えといてよ、よろしく!”
と言ってちょっとしたプレゼントを役人に渡せば問題なく
戸籍上実の子供として記録させることが可能です。

これは、戸籍だけでなく病院で取る”出生証明”などでも同じこと。
(子供を)生んでもない病院でも
その夫婦の子供として生んだ証明を取ることも可能。
つまり、日本では100%不可能ですが、ここ中国では
養子でなく実の子供としての
必要なオフィシャルな書類は全て取れてしまうため
血縁関係がなくても、完全に実の子供として手続きできてしまうのです。


つまりDNA鑑定でもしない限り
この4000元で購入した子をいい意味で一生騙すことが
可能なのです。

ある意味、中国のいい加減で嫌な部分ではありますが、
養子にとってみたら優しい制度なのかもしれません。

少し変わった中国の養子制度に関するお話でした。



メルマガ(第179話) 養子に優しい中国の制度

スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<郭晶晶(中国のエリカ様)のデブ発言と中国のモラル | ホームへ | PINK SODA(ピンクソーダ)>>
コメント
ははは それ言い出すと
中国の腐敗政治は何にでも優しい気がする(笑)
【2008/04/02 17:57】 | ムードー #- | [edit]
チベット問題で世界中から叩かれている
中国に同情しフォローを入れたつもりが、、、
フォローになってなかったか。。。(笑)
【2008/04/05 13:35】 | 中国プー太郎 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/218-98835d85
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。