スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ごねたもん勝ち!

2007.05.25(13:51)

はぁ~、昨日も停電でした。
最近はほぼ毎週金曜日に停電になっていた
のですが、金曜日以外も停電。

私は予想外の停電に
”あ~、こんなところ人間の住むところじゃない!”と
言ったら愛妻が怒り出してしまいました。
はぁ~、こんなくだらない理由で夫婦喧嘩なんか
したくないです。 とほほ

この停電対策のために、”発電機”を買おう!と
真剣に考えました。
そして、外に”発電機”を見に行ったのですが、

ゴゴゴゴゴー とものすごい音。

あ~、こんなの家の中に入れるわけには行かないや。。。

しかし、現代の日本に生まれ育った人間で、私のように
”発電機”なんてまじまじ見たことある人は少ないだろうな~
なんか、中国で普段見れないものをたくさん
見ていると思います。
→あーでも、こんなもの見ないで済む環境に
 早く移動したい物です。


●ごねたもん勝ち!

まー停電と言うことで、トレードもできないし
気分転換に愛妻と一緒にジャスコへ行きました。

その中での出来事。

我が家からジャスコまでバスで行くのですが、
”第二国境”と呼ばれる検問所があります。
これは、シンセン市に”経済特区”と呼ばれる
エリアがあり、その特区と特区の外との
間にかなり緩めの”国境”のような検査所があるのです。

バスは本来この”第二国境”に着くとバスに乗った客を
全て降ろし国境の検問で身分証を見せて
問題なければ通過できる、
まさに”イミグレ”のような場所なのです。

中国生活おもしろ珍道中144(1)

”第二国境”である沙湾検査所

しかし先ほど言ったように ”かなり緩め” と
言うことで正直検査員の気分次第。
しょっちゅう何も検査せず通れちゃったりします。

バスの話に戻りますが、
本来”第二国境”のところで客は降ろされますが、
国境を越えてから再度乗る時、
国境前でお金を払って乗った人と
国境を越えてから新たに乗る客とを区別するために
簡単なチケットを渡すのです。

よって、我が家からジャスコ(特区内)へ行くには

1、バスに乗ってお金を払う
2、チケットを受け取る
3、第二国境で降りて検査を受ける
4、第二国境通過後、チケットを見せて再度同じバスに乗る

という面倒な事をしなければいけないのですが、
今回の第二国境の検査員はものすごくいい加減。
バスに乗ったまま、そのまま第二国境を通過しちゃいました。

すると、第二国境を越えたところで新しく乗ってきた客が
お金を払わずにバスに乗り込んできました。

運転手) ”おい! お金を払え!”

客)    ”第二国境越える前に払っただろ!”(大声)

ということで、このおっさん。。。 バスただ乗り!
→いい年こいて、たかが3元(50円弱)のバス代ケチって
 何考えているんだろうね~

バスの運転手もちゃんとチケットを確認したりするほど
マジメに仕事しているわけでもないし

はぁ~、 まさに中国では ”ごねたもん勝ち” ! ですな~。

と、ここでお話終わり! っと言いたいところですが、続きが。。。

私ら夫婦は、無事ジャスコに着き、ご飯を食べることに。。。
私の愛妻が無性に”おすしが食べたい!” 
というのでジャスコ内にあるおすし屋へ

私らがおすしを食べ始めると、愛妻が 。。。

”何このいくら!? 潰れてるしシナシナしてる、
 きっと新鮮じゃないんだわ!”

と怒り出し店員を呼んで文句を言い始めた

まぁ無理もないです。 私の愛妻は、私の父が
株主優待でもらう”極上のいくら”
(身がプリプリしたよい”いくら”)しか食べたことがないもの。
すでに”いくら”は2つのうち1つを私が食べちゃっていたので、
今回”ごねて”
また新しく2つ持ってきてくれたらいいな~
とかすかな期待を胸にそのやり取りを見ていました。

まー結果的に愛妻が引き下がる形になりました。

しかしこのように、”ごねて” もしかしたら得するかも?? 
と思う瞬間はたくさんあります。

日本人だと”しかたないよ~”と身を引くことが多いと思いますが、
ここ中国では ”ごねたもん勝ち”です。
みなさんも中国に来たらたくさんごねましょう! ははは

あ、でもやっぱりみなさんはごねないで! だって、
身を引く日本人はある意味
”美徳”だと思うので。

今回は、ごねたもん勝ち”という中国での生活を紹介した内容でした。






メルマガ(第144話) ごねたもん勝ち!

スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<おらこんな村いやだ~ | ホームへ | カップルはつらいよ in China >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/183-1ab35e0e
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。