スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

困っている人は、無視!

2007.04.19(12:48)

ついに一昨日の晩、シンセンに帰ってきました。
いや~長い日本滞在でした。 
(満1ヶ月の滞在でした)

久しぶりにカーレーサーばりの運転をする
タクシーに乗りましたよ。 あはは

日本に着いた当初はいろんな日本の
”流行もの”が分からなくて大変でいたが、
それも慣れてくれば非常に快適!

”加齢臭”
ははは、これ初めてテレビで聞いたとき、
”カレー臭?!”と思った。
日本人は”カレー”好きな人が多いから。 あはは

”ドコモダケ”
これは奥様! ”きゃーあのしいたけかわいい!”だって。 あはは

などなど今考えれば面白いです。


●困っている人は、無視!

さてさて、夜の遅い便で香港空港に到着した時の出来事。
”う~ん、中国に帰ってきた!”と実感した一瞬でした。 
あはは

私の時代の日本では、、、
”困っている人を見かけたら、助けてあげなさい!” 
と教えられましたが、
今の時代(特に中国では)、、、
”困っている人を見かけたら、無視したほうがいい!”
という話です。

香港空港に夜遅くに到着すると中国大陸へ行くには、
24時間開いている”皇崗(ホヮンガン)”という税関で
しか大陸に入ることが出来ません。
それも遅い時間になると直通バスがなくなり
乗り合いタクシーみたいのか、
本当のタクシーでしかこの”皇崗”へ行けなくなるのです。

私ら夫婦は結局乗り合いタクシーに乗ったのですが、
相席の人は。。。

1、ケニヤ人の老夫婦

2、大陸のおばさん2人

3、大陸のにーちゃん1人

そして私ら2人の計7人でした。(タクシーはミニバンです)

空港でこの乗り合いタクシーに乗るための
列に長いこと並び車に乗り込んだのですが、
車が走り始めてから大陸のおばちゃん同士でおしゃべり。
私が少し聞き耳を立てていたら、

”やっぱり私は住むならアメリカがいいわ。”
”私は今日アメリカから来たばかりなの”

とアメリカ帰りの中国人だということがわかった。
するとそのアメリカ帰りの中国人おばちゃんが一言。

”あ~ん、私のシンセンにいる親戚に電話しないと
 税関に迎えに来てもらえない!”
と言ってて、何をするかと思ったら、
ケニヤ人老夫婦に向かって。。。


中国おば) ”携帯電話を貸して欲しい!”(英語)

ケニヤ夫) ”ん?香港にかけるの?大陸にかけるの?”(英語)
 ※香港と大陸では”国番号”が違うので国際電話扱いになります。

中国おば) ”電話で少し話すだけ”(英語)

ケニヤ夫) ”だから。。。 香港? 大陸?”(英語)

私の心中)  (おばちゃん、英語分かってんのかな? 
         話が通じてない。。。)

中国おば) ”携帯電話を貸して欲しい! 少ししか話さない。”(英語)

ケニヤ夫) ”香港への電話? 大陸への電話?”(英語)

中国おば) ”シンセンで親戚に迎えに来てもらうために
        電話をするの、、、(略)”(中国語)

私の心中)  (あらら~、通じてなかったのね、中国語ガンガンに話してる。。。)

ケニヤ妻) ”きっと大陸よ大陸。” (英語)

中国おば)   (中国語でダラダラ説明し続ける)

ケニヤ夫) ”はい、じゃー香港ね”(英語) 
        と言って携帯電話をおばちゃんに渡す。

私の心中)   (ははは、ケニヤ夫全然分かってない。。。)

中国おば) ”あれ? あれ? ロックがかかってる。。。”(中国語)

中国おば) ”あーん、わからない。。。”(中国語)
          (結局電話するのを諦めて。。。)

中国おば) ”しぇーしぇー”(中国語) 
         と言って携帯電話をケニヤ夫に返す。

ケニヤ夫) ”しぇーしぇー”(中国語)

私の心中)   (なんでケニヤ夫まで”謝謝”やねん!)


とこんな感じでした。
正直言って英語と中国語が分かりかつ
香港にも大陸にも電話できる携帯電話を
持っている私が助けてあげるべきでしたが、、、
考えてみてください。

この中国おばちゃん、香港空港でシンセンの親戚に
電話をする時間はたっぷりあったはずです。
それなのに他人の携帯電話を借りる(当然お金は払わないでしょう)。。。
ちゃっかりしてるでしょ?
さらに久しぶりに会うこの親戚。。。 
本当に少し話すだけで済むかな??

昔インドネシアの空港で
”財布をなくしたの! お金貸して!”と中国語で言ってくる
おばちゃんがいた。

”貸して”と言うより”頂戴!”に極めて近いこの中国人の”貸して”。。。

私は、シンセンに電話をかけたいこのおばちゃん。。。 
”助ける価値なし”と思って
思いっきり無視しました。

中国では人の”やさしい心使い”を利用して
犯罪に発展するパターンも多いので、
”困った人を見かけたら、無視する!”
に徹するべきでしょう。

はぁ~、今まで平和な日本にいたのに一気に頭が
中国モードに切り替わった些細な出来事でした。



メルマガ(第139話) 困っている人は、無視!



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<ミルタ と スードル | ホームへ | タミフルを飲み放題?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/178-d9cf5d00
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。