スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

アニメが日本を救う??

2007.03.03(09:45)

ついに3月に突入しましたが、みなさんどうお過ごしですか? 
私は、この3月は”わくわくの3月”と以前より期待しておりました。 
そうです。 この3月の予定は。。。 

3/8~13・・・タイ・バンコクへ(銀行口座開設と”おっちゃん”とのトーク) 
3/16~4/2・・・日本へ!(確定申告と花見)
 
と行事が目白押し! 
中国にいる時間のほうが少なくなる月です。 うふふ 
1月2月とたっぷりお客さんたちが我が家に来て
ストレスが溜まったので思いっきり
発散してきます!!


●アニメが日本を救う?? 

以前このメルマガ読者の方から、
”シンセンは中国でもアニメ最先端の都市と聞いた”
と質問を受けたことがありました。
そうなのかどうか?私は当時余り詳しく知らなかったのですが、
この前シンセンの
繁華街・東門に行ったとき、”もしかしたらそうなのかも・・・”と思う経験が
ありました。
愛妻と一緒に東門の町をふらついているときに偶然見つけた その名も

”動漫城・Comics City”!

中国のアニメオタクの人々からよだれが出るような
建物を発見してしまいました。

私は日本でも秋葉原に行ったことはありますが、
アニメオタクの人が好きそうなエリア
に行ったことがないので専門家の人から見たら、
”この東門のComics Cityはまだまだ尻が青いな~”
なんて言われちゃうかもしれませんが。。。
素人の私から見たら結構すごいな~と思った。

建物の中には、小さな店がいくつも軒を連ね、
各々がそれぞれの特徴を生かしているのです。

マンガ本だらけを扱う店、
フィギアを扱う店、
アニメ・ゲームを扱う店などなど。

しかし、日本の秋葉原にはこんなのあるの?? と思うようなものもありました。

ロリータファッション専門店(つまりコスプレっぽい服ばかり扱う店)や 
ぬいぐるみばかりを扱う店。

確かに独特な雰囲気があるのですが、
中国のこのComics Cityは非常に
オープンな感じがしました。
つまり彼女連れや女の子たちだけで来ても
あまり違和感のない雰囲気なのです。

日本では”アニメオタク”というと気持ち悪いという
感じのイメージがありますが、
ここ中国ではもっと普通に受け入れられています。

※私も”アニメオタク”肯定派ですね。 
 何かに一生懸命打ち込めるということは
 いいことだと思います。 
 ある意味私も、毎日チャートや株関連情報を4つの
 ディスプレーでモニターする”投資オタク”だと思うし。。。

以前お話した
”ヤセ<デブ、白髪<ハゲ、黒<白 ???”にあるように
中国の人は色白でめがねかけた病弱そうな感じの男がモテル! 
私からすると不思議な
美的感覚なのですが、その感覚からすると中国では
”アニメオタク”=なかなかモテル対象 ということになると思います。

※参考サイト
 (第87話) ヤセ<デブ、白髪<ハゲ、黒<白 ???
   

いろいろな事を考えながらこのComics Cityを
愛妻と回っていたのですが、
少し日本人として誇らしかったです。
というのも日本にいるとあまり感じないかも知れませんが、
日本を離れるとすぐにわかります。

日本は”アニメ超先進国”なわけです。

ディズニーなどアメリカ勢もがんばっておりますが、
いやいや世界のアニメシェアの
ほとんどを牛耳っているのは我々日本なわけです。
よって、このComics Cityを回ると9割くらいのものは
日本と関連のあるキャラクターなわけです。

それも私のわかるレベル
(クレヨンしんちゃん、ピカチューなど)から

私のわからないレベルの日本のアニメなど
建物中ぎっしり詰まっているわけです。

昔ここシンセンでは、”反日デモ”で数万人規模の
人々が”日本製品を買うな~!”と
言ってましたが、冷静に考えると本当に中国の人が
日本のものを買わない、見ない。。
などをしたらどうなるでしょうか?
中国にいる数千万人~数億人の子供たちや
アニメファンが日本のアニメ(最低でも全体の8~9割でしょう)が
見れなくなります。
よって、”反日デモ”をした数万人の人たちを
数千万~数億人の人が抗議することに
なるのでしょうね?
※あの”マグロ娘”や”ナプキン娘”たちも我が家で見た
 ”クレヨンしんちゃん”をえらく気に入ってましたからね~
 ”パニックパニック。。。みんながあわててるおーらーすごいぞ天才的だぞ♪”
 なんてしんちゃんの日本語の歌を口ずさんでいました。

つまりアニメ先進国である日本は、世界中から愛されているのです!!

今回は中国アニメ事情に関するお話でした。

中国生活おもしろ珍道中134

”動漫城・Comics City”で愛妻に買わされたピカチュー
※愛妻はピカチュー大好き。

メルマガ(第134話) アニメが日本を救う?? 

スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<やったー当たった!? | ホームへ | ドラゴン怒りの鉄拳>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/173-7a1e50ee
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。