スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

やきにく、やきにく~♪るん!

2006.11.11(08:26)

この前バスに乗っていた時、若い女が乳飲み子をだっこしながら
とうもろこしをポリポリ。
とうもろこしを食べ終えたその若いお母さんは、
食べ終えたとうもろこしの
芯をバスの窓からポーイ と捨てた。

あー、この乳飲み子。。。 
大人になったらどんな人になるのだろう?
最低でもとうもろこしの芯をバスの窓からポーイと捨てる人に
なるんだろうな~

と思った。


人は育つ環境でどんな人間にでもなると思う。
ポーイと捨てる母親に育てられれば、
普通に育てばこの子もポーイと
捨てるでしょうね。。。

まだ、私ら夫婦は子供がいませんが、
ここ中国は子供の教育にとって
よい環境とは決して言えないと思いました。
はー、どうなることやら。。。


●やきにく、やきにく~♪るん!

さー、気を取り直して、みんなで歌いましょう!
”やきにく、やきにく~♪るん!”

かなり重いですが、今日朝っぱらから家で焼肉を作って食べました!!
(元気でしょ~、さすがパワフルな中国って感じ!)
本当は今日のお昼か夜に焼肉しようと思ったんだけど、
お腹をすかした愛妻が我慢できず、
朝っぱらからの焼肉大会となりました。

中国生活おもしろ珍道中109(1)

我が家の焼肉大会の様子

最近我が家のブームとなりつつあるこの”日本流焼肉!”
韓国の焼肉も確かにおいしいけど、日本の焼肉も負けてません!
あーおいしかった。

別に大したことないように思いますが、
日本の家庭料理を中国ですると
面白いことがあるので、
今回はこのタイトルのメルマガを発行します。

今回の”焼肉” 当然主役は”肉!”です。
(豚肉1パックと牛肉1パックの計2パックでした。 
 食べすぎ??)

しかし、、、 
中国の家庭で日本流焼肉をすると主役は肉ではありません。


豚肉1パック  7元
牛肉1パック 12元 →愛妻が”高~い”と言ってた。
キムチ1パック 10元 (これ中国産のキムチです。)
レタス1玉    3元 
 →これ苦労するんです。 第2話”レタス”を参考ください。

と、ここまでは普通ですが。。。

焼肉のタレ  30元

え~! 焼肉のタレが肉より高い!!!

そうです。 ここ中国では、
”輸入モノ=高い、国産=安い” が当たり前。
つまり中国のブーちゃん(豚肉)やモーモーちゃん(牛肉)は、
中国産!
だけど、エバラ焼肉のタレは、日本製(輸入モノ)!
そこで、日本では考えられないかもしれませんが、中国では

焼肉のタレ > 肉

と言うことで、中国の焼肉の主役は、 ”焼肉のタレ” なんです。

中国生活おもしろ珍道中109(2)

遠いところからようこそお越しくださいました。 ”エバラ焼肉のタレ”さん


考えればこれに似た現象で、うな丼!
当然

うなダレ(日本製) > 冷凍ウナギ(中国産)

と言うことで、中国のうな丼の主役は、ウナギでなく”うなダレ” です。

日本のものでなくても同じです。
日本では、”タイ米” は、たぶん最低ランクのお米だと思いますが、
ここ中国では、最高ランクのお米!

ちなみに 中国産のお米は、500g 1~2元 くらいですが、
タイ米は、500g 3元以上!
→日本と比べれば激安か。。。
 当然、究極に高い”日本米”など中国では見ることすら出来ません。
 (あったとしても高すぎるので誰も買わないのでは?)

私の愛妻が、”おいしい米(タイ米)が食べタ~イ!”と言うのですが、
日本人の舌から見れば、 中国米 > タイ米 となります。
(中国米の方がタイ米より、味や硬さなどが日本米に近いため)
よって私が反対するので、我が家ではタイ米を買いません。
(なんでタイ米を食べるために普段の2倍の金を
 払らわなければいけないんだ!!)

中国で日本の家庭料理をした場合の少しためになるお話でした。
    

メルマガ(第109話) やきにく、やきにく~♪るん!



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<重色軽友 | ホームへ | 1カ2号>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/147-97542bae
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。