スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

マグロ娘のその後

2006.08.22(19:39)

明日ついにインドネシア旅行へ出発です!
わーい!!

この前愛妻がジャスコで買った”お風呂の泡ブク”を
たてるやつを使いよく西洋人がお風呂に入る時に
やる”泡ブクだらけのお風呂”に最近入っています。

中国でコレをする人は極めて稀だと思います。
基本的に中国の人は、シャワーのみで
湯船につかる習慣がないのです。
しかし、私(日本人)のこだわりで、マイホームに風呂桶を入れるよう
リフォームしているので、我が家は風呂桶があり、
愛妻もこの”湯船につかる”という
習慣が結構お気に入りなんです。
→愛妻は、中国で言う”セレブ”な生活なのでしょうか?

※この”セレブ”という単語! 
 中国に住んで7年の私はずっと”セフレ”と勘違いしてました。
 インターネットで”セレブ”という単語を見ては、
 ”うわーHな事言ってるな~”と毎回勘違いしてました。
 →前回日本に帰国して初めてこの2つの違いが分かりました。 あはは
 (”セフレ(セックスフレンド)”→”セレブ” だいぶ違うやんけ~!!)


●マグロ娘のその後

新しくメルマガ読者になった方は、この”マグロ娘”の事を知らないかもしれませんが、、、

参考記事
 マグロ娘など老郷(ラオシャン)


簡単に説明すると、この”マグロ娘”とは、
究極に無口な愛妻の故郷からシンセンに
職探しに来た少女の事です。 

今ではこの”マグロ娘”!
故郷の両親のところへ1000元(約14000円)も
仕送りをしたそうです。
→たとえ”マグロ”でも”子が両親を養う”という
 中国の美徳を実践しているわけです。
 正直私は”マグロ”を見直しました。

しかし、ある日私の愛妻が非常に恐ろしい発言をしてきました。
”そろそろマグロの新しい職探し(もっと条件のよい職を探す)を
 しようかな?”。。。
私はすかさず。。。
”いかーん!! そんなおせっかいはするな~!!!!”
愛妻にとくとくと説明いたしました。

”もしマグロが条件のよい仕事を探せても、私らは何か得する??”
”職を探せなかったら、故郷の人から悪口は言われるだろうし、
 家に居候するだろうし。。。
 損するだけで得することがまったくない!!”

そうです。 マグロの職探しパート2なんて。。。
”勝ちは儲けなし、負けは支払うという
 条件が最低のギャンブルと同じ!”
ということを説明し愛妻は思いとどめてくれました。

そんなある日愛妻が故郷のお友達(実業家の恋人なんです)と
チャットをしていた時の会話です。


友) ”恋人と喧嘩した”

妻) ”ん? どんな理由で?”

友) ”故郷から仕事探しに来た友達を家に居候させてたの、
    そしたら恋人に何で俺よりも友達ばかりに
    優しくするんだ!!と言って怒ってたの。”

妻) ”あはは、私も。。。” (マグロの職探しの件を説明)

友) ”恋人が、もし私に家を買ってあげたら友達と
    一日中家にいて外に出なくなるんじゃないの?
    と言ってた。”


ん。。。 まるで、この恋人や私が悪者?のように聞こえる会話。。。

私はわけがわからなくなりました。
何でも友達の居候は、何人も何人も入れ替わり立ち代りで、
長いと1ヶ月くらい居候するそうです。
私はその友達の恋人に非常に同情しました。

中国では、この”老郷(ラオシャン:同じ故郷の人)”に対し
日本人が想像を絶するくらいの世話を
してあげます。 

故郷が同じというだけで
”1ヶ月タダ飯の上げ膳据え膳。 一銭も取らずに滞在させる。”
家族や親族なら理解できますが、同じ故郷と言うだけで
”無料で養う”なんて。。。
しかし招待する側もされる側も、”当たり前”とキョトンとしている。
→私は、タダ飯で滞在し”ありがとう”の一言も言わない
 (”当たり前だ!”と思っている)彼らに
 非常に腹が立ちます。

昔の”同じ釜の飯を食う”と言った共産主義の悪い癖が
いまだに根強く残っているのです。
→資本主義の私ら日本人からは考えられない事です。

つまり
”自分が貧乏、まったく仕事をしなくてもみんなに助けてもらう。”
という考え方です。
都市部ではバリバリの資本主義になってきていますが、
農村などの田舎ではまだまだ遅れている
わけなのです。 

中国を理解するには、この”老郷”の強い絆を理解できなければ、
多くを理解する事は不可能でしょう。。。

では、また


メルマガ(第93話) マグロ娘のその後 


スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<あれ、暖かい? | ホームへ | 中国の病院>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/128-adc8f57c
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。