スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ひったくり予防策

2006.08.18(02:12)

うふふ。 本当は9月に予定していたのですが、急遽。。。

来週23日にインドネシアへ行ってきます!!

インドネシアに銀行口座を作りに行こう!と
愛妻が中国へ帰国(9月中旬予定だった)
した後行く予定をしていたのですが、
愛妻が予定より早く帰国したことと、
24日に友達がディスコでパーティーをすると連絡があり
予定を繰り上げて、再度インドネシア・ジャカルタに行ってきます。
よーし、ディスコで腰が砕けるまで踊るぞ~!
 (ダイエットも兼ねて。。。)

前回インドネシアに行ってきたとき、
かなり内容の濃い(?)インドネシア
旅行記をメルマガでお送りしましたので、
今回は相当何かがない限りメルマガを
発行する事はないと思います。
→しかしいつもなんかアクシデントがありますが。。。


アクシデントと言えば。。。
いやー、中国は犯罪が多い!
私は7年も住んでいるし、ものすごく運が悪いので、
いろいろな経験をしています。 
(したくない経験ばかりですが。。。)

このまぐまぐで海外生活を取り扱ったメルマガ発行が
多い中、たぶん私が一番すごい経験をしてる!
という自信があります。
(こんなもん、うれしくも何ともないですが。。。)

前回の包丁女の事件といい、
睡眠薬を飲まされた件や、
”下にヤクザが待ってるぞ!”と脅され2人組の男と取っ組み合いなど
命の危険にさらされた経験が何回かあります。
私の周りや聞いた話まで含めるとものすごい数に上ります。
現在では非常に気軽に海外旅行へ行けますが、
注意する必要があることだけは
忘れないでください。

そこで、今回は私の経験が読者の皆さんに少しでも役立てば!
ということで、このタイトルでメルマガを書きます。


●ひったくり予防策

事の発端は、愛妻がシンセンに帰ってきて
実家の両親に電話をしたときの事です。。。
愛妻の母が金のネックレスをひったくられたとの事です。

前回私と一緒に里帰りをしたとき、
愛妻が彼女の母にプレゼントと言うことで、
金のネックレスを上げました。
愛妻の母は、”こんな高価な物要らないよ!”と口では言ってましたが、
かなり喜んでいたのが印象的でした。
しかし、ひったくられるとは。。。

状況を聞いてみると、私が昔携帯電話をひったくられた時と
まったく同じようにひったくられたようです。
(7年の中国生活で私は2回遭遇。 1回は取られたが、
 2度目は奪い返した!)

この方法は、非常にポピュラーな”ひったくり法”のようなので、
ここで紹介し、みなさんが海外でひったくられないよう知識として
知って置いてください。

ズバリ 
”オートバイ2人組の徐行運転”です。
一人は当然オートバイを運転しますが、
後ろに乗ってるもう一人がひったくるのです

まずは目標を決め、標的になる奴のところへゆっくり徐行します。
そして後ろに乗っている奴が、標的から貴重品をひったくるわけです。
ひったくった後はオートバイのスピードを上げて逃げるわけです。

最初の徐行は、後ろの人がものをひったくりやすくするために
ゆっくり走るわけです。
(スピードが速すぎると、しっかりひったくれないわけです)
さらにオートバイに乗っているので、ひったくり終わってから逃走しやすい。
(追いかけたことがあるけど、相手はオートバイなので当然追いつけない。。。)

大体イメージはつきましたでしょうか?

私自身、この方法で2回狙われたので、
さすがに注意するようになりました。
昔海外旅行のガイドブックに
”ひったくりの被害にあわないためにXXX側を歩くように”
(XXX側は建物側か道路側か?どっちだか忘れた)と
いった様な記載があったのを思い出しましたが、
そんなの関係ありません。

この徐行オートバイは、歩道でもズカズカ上がってくるので、
どっち側に寄っていても
同様に危険です。

対策としては、
・貴重品を他人の見えるところに飾らない。
・徐行オートバイが近づいたら遠ざかること。
の方が効果的だと思います。

貴重品をぶら下げながら歩けるのは、日本だけ!
くらいに思っている方が正解かもしれません。

包丁女に左手を切られ(中指4針、薬指3針の計7針)、
私の体で針を通していないのは、
右足のみとなってしまったとある日本人よりの
防犯メルマガでした。

ちなみに右手、左手、左足、鎖骨(前側)、背中(後側)に
現在縫い跡があります。
→まるで、ブラックジャックだ。。。

では、また


メルマガ(第91話) ひったくり予防策



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<中国の病院 | ホームへ | かっこいい毛?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/126-8a4bb576
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。