スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

はずかしい毛

2006.08.01(12:45)


●”毛”シリーズ (1)

ご無沙汰しております。
愛妻が日本語特訓目的で約3ヶ月日本滞在しているため、
只今私はシンセンで独身生活中です。
愛犬はいますが、やはり寂しいです~
株投資、犬の散歩、自炊。。。 そればかりの日々です。
とほほ
しかしあと一ヶ月強の辛抱です。

そう、日本から持ってきた”イシイのハンバーグ”!
おいしいんだけど、さすがに飽きてきた。。。
(でも愛犬シウちゃんは、バクバク食べますね。)


●はずかしい毛

相変わらずわけのわからないタイトルですが。。。 
(一瞬ドキッとしますが。。。)
昨日香港に出かけた際のシンセン市内の
香港に向かうバスの中でそれは起きました。

よく日本のコメディアンが、
顔におもしろおかしなメイクをしますが、
そんな中で見たことあると思いますが、
ほくろに毛がポヨ~ンと生えたメイク。
(志村けんの”変なおじさん”なんかがまさにそれです。)

中国に出張レベルで来ている人だと
分からないかもしれませんが、ある程度の期間
中国に滞在した事のある人だとわかると思いますが、
このほくろのポヨ~ンとした毛は
確実に中国人です!


これ何でも、ほくろから生えた毛は縁起がいいらしく、
日本人から見ると超はずかしい
このポヨ~ンと伸びた毛を中国の人は抜かないのです。
⇒抜かないどころか、そのままそのはずかしい毛を
 さらに伸ばそうとします

(中国人も千差万別で都会っ子はしないと思いますが、
 年取った人や田舎っぺにはそういう人がよくいます。)


中国生活おもしろ珍道中88

赤矢印のポヨ~ンとした毛


私は中国在住7年以上なので、
当然このポヨ~ンとした毛は何度も見たことが
あるのですが昨日のバスで私の隣に座ったおじさんは、すごかった。

毛が長~い!

その毛の長さは、確実にそこらへんにある
ボールペンより長かったと思う。
⇒想像してみてください。 あの”変なおじさん”メイクの
 ほくろの毛がこの長さです!
 すごいでしょ?!!
あんなに長くのびた毛は、たぶん7年の中国生活で
”最長”だったと思う。
(たぶん、本人はあの毛が自慢なんでしょう。
 ⇒私の理解できない世界だが。。。)

バスに乗っている間、、その”すばらしい(?)”毛
キョロキョロと眺め続けた私は、
いつもより香港への国境までの距離が非常に短く感じました。

しみじみと考えたのですが、あのはずかしいポヨ~ンと伸び毛を
”自ら望んで”のばす。。。
(私なら1万円もらってもあの毛は人前で見せれないな~)

私は、かなり中国人を理解したほうの外国人だと
思うのですが、やはりまだ不思議な部分、
理解に苦しむ部分は、非常に多いということがよく分かりました。

はずかしい毛にまつわる中国文化でした。
では、また


メルマガ(第88話) はずかしい毛 



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<はずかしい毛 パート2 | ホームへ | ヤセ<デブ、白髪<ハゲ、黒<白 ???>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/119-f79e7a40
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。