スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

弁当ダメ、からしダメ、中華もダメ

2006.06.30(11:13)

只今長崎のとあるホテルにいます。
そうです。 ジャパンレールパスを使って
日本国内旅行をしております。
(本日が一日目!)

※参考バックナンバー
 ジャパンレールパスについて

いやー、いいですよ、このレールパス!
新幹線のぞみ号以外なら
新幹線の普通車指定席もOK!
”モト取らなければ~” というセコイ根性から
日本の国内旅行は、

長崎→広島→京都&大阪 
と言うルートで回る予定を立てました。

よって、今日は

東京駅
 ↓
(新幹線ひかり)
 ↓
新大阪駅
 ↓
(新幹線ひかり)
 ↓
博多駅
 ↓
(特急かもめ)
 ↓
長崎駅

の流れで8時間電車に乗りっぱなしでした。



●弁当ダメ、からしダメ、中華もダメ

やはり日本と中国の文化の違いは少なくありません。。。
新幹線に乗り続けでお腹が空いた私たちは、
お昼ごはんにお弁当を
食べることに、だが。。。

あ~、お弁当食べられないんだった。。。

そうです。
中国の人は、”冷たいご飯=腹を壊す”と
いう考え方があるので、
日本で言う”お弁当”は、
中国の人にとって”信じられない!”ものなのです。

日本人の私は、当然お弁当を持ってピクニック! 
っていうのは普通ですが
中国の人にとって、冷たいお米を入れた”お弁当”は、
食べられないというより
食べたくない物なのです。

仕方なく、奥さんはサンドイッチを食べることに。。。
(私は”とんかつ弁当!”。。。 おいしかった。)

しかし、あ~何この味。。。

そうです。 サンドイッチの中に入っているマスタードがダメ。
あの本場激辛”マーボー豆腐”をムシャムシャ食べる
中国人の奥さんですが、
サンドイッチのマスタードが耐えられなかったようです。
辛さもポイントが違うとダメなんですね~

満腹感を味わうことなく長崎まで行きました。
申し訳ないと思った私は、さらにダメ押ししてしまった。。。

私らの泊まるホテルは、長崎新地中華街のそば!
中華街で中華を食べることにしましたが、、、、

日本の中華と中国の本場中華は全然違う!と
言うことがよく分かりました。
奥さんは、”五目メン”を頼んでいましたが、、、
”何これ? 何の味もしない。。。”
と言うことで、しょうゆにラー油をもらい
さらにコショウまで入れ一生懸命
味を調えようとする奥さんですが、結局。。。 だめだ。。。

とあきらめてしまいました。

その中華料理屋で結局数千円も払ったのに結局奥さんが
”一番おいしかったのは、牛肉細切りレタス巻きの生レタス!”
だって。。。くー 無念。。。

無理に気を使うより、立ち食いそばとかを
普通に食べていたので
彼女の好み(食べ物)に合わせて
旅を続けていったほうがよさそうです。。。 
とほほ

さあ、この先もどんなことが起こることやら。。。




メルマガ(第82話) 弁当ダメ、からしダメ、中華もダメ

スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
<<お上品な中国人  | ホームへ | きれい、やさしい、活気がない>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chinalive.blog118.fc2.com/tb.php/112-c3b60299
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。