2009年10月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 横山やすしinシンセン はもう不要??(10/25)
  3. 酒井法子もびっくりのDJさばき!(10/25)
  4. 中国の底力! 農村部の発展(10/17)
  5. クリスピーなナスに負けた。。。(10/17)
  6. 安全な水飲んでますか?(10/11)
  7. いくら乾燥してるって言っても。。。(10/11)
  8. 気持ちはまさにサブプライムショック(10/07)
  9. 河南省出張報告2009 プロローグ  (10/07)



スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

横山やすしinシンセン はもう不要??

2009.10.25(17:14)

私は中国に来て10年と言う月日がたちました。
いろいろな中国の変化を目の当たりにしてきていますが、
その変化の代表的なもののひとつに、

”タクシー(ドライバー)の改善”

があると思います。
まず昔は、タクシードライバーのいる席は
鉄格子の中にありました。
(ちょっと日本では想像できませんが。。。)

そうです。 ドライバーが客に襲われない様に
鉄格子の中にいるような状態にしていたのだと思います。

でも、これは悪い乗客もいますが、それと同じぐらい
悪いドライバーもいるわけです。

しょっちゅう、私も横山やすしバリに
タクシードライバーと喧嘩をしてました。
(おこるで~しかし。 笑)

昔話ですが、中国にいる私に会いに日本から来てくれた友達と
一緒にタクシーに乗ったときのことです。

私と友達は、車内で日本語でぺちゃぺちゃ話し続けていました。
(当然このとき、ドライバーは私たちが外国人だということを知る)

私) ”タクシーに乗ると約50%くらいは喧嘩するんだよね”(日本語)

友) ”はぁ~? 何でそんなに喧嘩するの?”(日本語)

私) ”わざと遠回りするドライバーが多くてさ~”(日本語)

友) ”へ~、そうなの。。。 じゃ、今のドライバーは?”(日本語)

私) ”今のところ、変な道行ったりしてないね。”(日本語)

ド) (右ウインカーをカッチンカッチン)

私) (鉄格子をバンバンたたいて)
   ”こら~、何右行こうとしてんねん! 金払わんぞ、ボケ!”(中国語)

友) (鉄格子バンバン+中国語で何か言ってる私を見て呆然とする)

ド) ”あ、間違えた。 ごめんごめん”(中国語:ちょっと震えた声)


なんて事がありました。
ドライバーとしても、身長170cm以上の小太りな私が、
鉄格子をバンバン叩くのを見て怖かったのでしょう。
あの鉄格子がなかったら、大変なことになっていたのかもしれません。。。

私は何度も怒って、鉄格子をバンバン叩いた経験があるので、
あの鉄格子がなかなか丈夫に出来ていることをよく知ってます。


ですが、最近はタクシードライバーの所得が上がったのか?
いろいろな面で改善されたのか?
私が過去のように”横山やすし”になることはほとんどなくなりました。

今回愛娘の面倒を見てもらいに私の両親が日本から来るときも
”いまのタクシードライバーは騙す人がいなくなったから安心だよ”
と言えるようになったほどです。

さらに昔と違い現在では、タクシー内に鉄格子がありません
(非常に大きな変化です)


最近、私がタクシーに乗ってプチ”横山やすし”になった
出来事があるので、お話しします。
(昔とはだいぶ変わりましたよ)


(すでに行き先を告げ、タクシーが走っていたときのことです)

私) ”おいおい、そこ右折右折”

ド) ”え? こっちでも行けるでしょ”
    (右折せずに直進した)

私) ”何やってんだよ~、遠回りになるんだよ!”(怒鳴り気味)

ド) ”え、昔はこっちからでも行けたよ。”

私) ”今でも行けるけど、遠回りなんだよ”(怒鳴り気味)

ド) ”じゃあ、わかった3元値引くから”

私) ”何やってんだよ、アホ!”(←このせりふを何度か連発)

    (少し経って)

私) ”3元なんかじゃすまねーだろ~ おい!”(怒鳴って)

最終的に、目的地に着いたときの値段より5元引いた値段しか
請求されませんでした。 笑

(メーターの値段をそのまま要求してきたら”やすし炸裂”でしたね。)

まー、そんな感じで比較的中国のタクシー事情も
昔に比べたら、かなり良心的になりました。

今回は、中国のタクシー事情、昔と今!というお話でしたとさ


メルマガ(第235話)  横山やすしinシンセン はもう不要??



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



酒井法子もびっくりのDJさばき!

2009.10.25(14:10)

のりぴー”こと”酒井法子”が覚せい剤使用で逮捕された件は、
ここ中国でもかなり有名です。

酒井法子さんは、ここ中国で一時期ものすごい人気の
日本のアイドルだっただけに、中国でも報道されました。

私もテレビ(日本の)で酒井法子さんが、DJをやっている
姿を見て、こんな一面もあったのか~と少しびっくりしました。
(日本中がびっくりしたのでしょうね、あ、いや中国も含め世界中が)


さて、話は思い切り変わるのですが、我が家の愛妻&愛娘。
河南省に長期滞在した二人は、二人とも痩せこけて
ここシンセンに帰ってきたのですが、今ではまたシンセンの
生活に戻り、痩せて分、太り始めてきてます。 ははは

愛妻 -7kg(河南旅行直後) → +1.5kg(現在)
愛娘 -2kg(河南旅行直後) → +1.5kg(現在)

すごいでしょ、この体重変化!!

愛妻はまだいいにしても、愛娘はほぼ以前と同じような感じです。
しかし、元気がいいので問題視してません。

そう、以前同様音楽に合わせてガンガン踊りまくってます。
その音楽は、おもちゃを使って音を出すのですが、
曲を変えながら、音を出し続ける。
愛娘も音に変化があると引き続き喜んで踊る。。。

おもちゃでいろんな音を出している私の気分は
まるでディスコのDJです。 笑

酒井法子さんも脱帽のDJさばき ですよ~

たっぷり踊って健康的に痩せて欲しいものです。

中国生活おもしろ珍道中235(1)
火龍果(ドラゴンフルーツ)を食べた後、粒々が顔にいっぱいの愛娘

中国生活おもしろ珍道中235(2)
”ジングルベル♪”にのってお尻フリフリの愛娘


メルマガ(第235話)  横山やすしinシンセン はもう不要??




    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



中国の底力! 農村部の発展

2009.10.17(10:57)

~河南省出張報告2009 エピローグ~
”中国の底力! 農村部の発展”

まー、今回楽しい事や辛い事などいろいろな思い出を作った
河南省旅行でしたが、やはり一番印象に残ったのは
やはり農村部の発展でしょう。

病院と病院の行き来をよくしてたのですが、そんな中、
タクシーで”方城”の街を度々見る事になるのですが、
確かに前来た時と明らかに違う!

前はほとんどなかったけど、マンションがボンボン立ってる。
1箇所だけだけど、フィットネスクラブなんかもあった。
(つぶれるかもしれないが。。。)

さらに、若い人を多く見た!

昔は、若い人は都市部へ出稼ぎ。農村は、年寄りと小さな
子供しかいない場所という感じだった。
しかし、農村部が発展してきて出稼ぎに出た若者が
故郷に帰ってくる傾向がドンドン強くなっていることを
目の当たりにしました。

確かに華南地区(他地域も)で従業員募集をかけても
最近では人が来ないという問題が深刻になっているのですが、
その答えを目の当たりにした感じです。

私が中国に来て数年立った頃(2000年前半)は、
工場が50人ワーカーを募集すると200人くらい人は集まり
その中から、アホな奴をはじいて頭のよさそうなのを
選ぶと言う状況でしたが、サブプライムローンの時に
弱い企業は倒産。 強い企業も人員削減し華南地区から
多くの若者が姿を消しました。(この時に田舎へ帰った)
現在景気が上向きかけている状況ですが、若者達は
もう都会へ戻ろうとせず、田舎に定住しようとする人が
多いのです。

愛妻の弟や奥さん
弟と一緒に”味千ラーメン”で働いていていた親戚とその妻
など、私も顔を知っているメンバーが田舎ですでに定住を
決意していました。

ただ、今回ビックリしたのが愛妻の故郷の村一番の優秀な
学生であった男が、今年就職。
その彼は、日本語能力試験1級を持つ青年で
就職先は、無錫の大手日本企業でIT関連の仕事を
するそうです。

村から”方城”まで行くオンボロバスの中で、
私は、愛妻とその青年と3人で日本語でペチャクチャ
会話してました。
(あのバス創業以来始めて中の客が日本語を話したのでは?)

まー、そんな感じでやはり都市部は条件がいいので
優秀な人材は、都市部がひっぱってくる。
その他普通の人材は、田舎にとどまる(又は都市部でワーカー)。
と言った大きな流れが出来たようにも思えました。

農村部の発展を目の当たりにし中国の底力を感じた
そんな印象を強く持った旅でしたとさ。 おしまい


メルマガ(第234話)  クリスピーなナスに負けた。。。



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



クリスピーなナスに負けた。。。

2009.10.17(10:49)

~河南省出張報告2009 その3~
”クリスピーなナスに負けた。。。”

河南省へ行った時の思い出話です~
(愛娘も愛妻母も入院生活というシチュエーションです。)

日のノルマである点滴(7~10本くらい)を打ち終わると
その日だけは、晴れて自由の身になる愛娘。

点滴を打ち終えると、決まってこの病院からタクシーで数分
”方城(ファンチェン)”の街の中心に近い、愛妻の母の入院する
病院へお見舞いへ行くというのが日課になりました。

病院を出て違う病院へ行く。。。
何のための旅行なのだろうか?・・・

愛妻の母の入院する病院は、愛娘の病院よりきれいで静かです。

すごいんですよ。人々がちゃんと、トイレで大小便をするのです!
(そんなの当たり前?? でもその当たり前が出来ているところが
 少ないので、当たり前のことができると言うことがすごいと感じるのです。)

愛妻の母は、高血圧で糖尿病。
糖尿病も末期であるため、ガリガリに痩せこけています。
そして、今回は原因不明の高熱と言うことで、再入院となっているわけです。

(最終的には、医者もさじを投げ治療をストップ。
 私がシンセン帰りのときは自宅療養(死ぬのを待つだけ)という状態でした。
 結局、私がシンセンに戻った約1週間後亡くなりました。)
   ↓
最近の傾向では、病院側は患者に訴えられたりするのを恐れて、
患者を病院で死なせないようにするため、手の施しようのない患者は、
とっとと退院させるそうです。

さて、話は戻って、私達がお見舞いに行く時の事です。
病院の近くで腹ごしらえをすることになりました。
そして近くの店屋にトーンと入ったのですが、、、

汚い!
本当に汚い。
ハエがブンブン飛んでいるし、
地面には生ゴミが散乱。

私は声に出さなかったですが、気持ちは。。。

”こんな汚いところ! 人間がご飯食べる場所じゃなーい!”

で、また客も客です。
汚らしい、、、汚い洋服を着た客がほとんど。

”農民なんだから服が汚れるのはしょうがない!”
というツッコミが入りそうですが、違います。

たぶん、日本の農民なら洗濯をしている服に農作業によるドロなどの汚れ
が付着すると言う状態だと思います。
つまり、きれいな下地に汚れがつく。

しかし、ここの農民は”何週間前(何ヶ月前?)に洗濯したの?”と
質問したくなるような服の上に汚れがつくのです。
わかりやすく説明すると、言葉は悪いですが、
”ホームレスの服”のように”年期の入った汚れ”という感じなのです。

さらに歯とかも真っ黒。
”何年歯を磨いてないんですか?”みたいな人が多い。。。

汚い店内
汚い服を着た客。

声に出してはいないが、私が”こんな汚いところ、人間の。。。”と
思っているのが、たぶん私の顔の表情でわかったのでしょう。
私の愛妻は、気を使って話しかけてきます。

(妻) ”どうする? ビール飲む?”

(私) ”どうせ、冷えたビールなんかないでしょ?”

(妻) ”すいませーん、冷えたビールありますか~?”

(店) ”あるよ~”

たぶん、私の顔の表情は、”冷えてるわけねーよ。”と言わんばかり
だったと思います。 だけど、ビール瓶を触ってビックリ。

つめたーい。

ということで、しわくちゃな顔をして不機嫌な私だったと思いますが、
冷えたビールを飲むことが出来て、徐々に気分がよくなってきて
ビールも2本、3本とお替りしちゃいました。 笑

冷えたビールパワーの効果か?


”こんなところで、メシが食えるか、ボケ!”
      ↓↓↓
”(せっかく来たんだし)、味見くらいはしてやるか。”


まで、私の気持ちは昇格です。 笑
しかし、この後。。。

おかず2品。+パーコー(排骨)麺1人1碗
がでてきたのですが。。。

おかずの内の一品 ナスの炒め物。。。

うまーい!!!!!!

ナスに衣を付けて揚げたものを炒めた物でしたが、
”ナス+衣”が、非常にクリスピーで何とも言えない食感
さらに炒め物としても味付けがよく。
感動してしまいました。

あれ??
さっきまで、”メシが食えない”とか”味見はしてやる”とか
えらそうなこと言ってたのに???

はい、私の負けです。
クリスピーなナスに負けました。 笑

ということで、汚いお店でしたが
ビールくぴくぴ、クリスピーなナスを楽しんだとさ。 おしまい

今回は、汚いけど味は最高なメシ屋のお話でした。


中国生活おもしろ珍道中234
この青い看板の右側のお店が、この記事の舞台となった
メシ屋です。


メルマガ(第234話)  クリスピーなナスに負けた。。。



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



安全な水飲んでますか?

2009.10.11(15:14)

~河南省出張報告2009 番外編~
”安全な水飲んでますか?”

今回の河南省行き。 私、愛妻、愛娘
我が家3人全員下痢しました。
(食事中の方、すいません)

私は、シンセンの薬局のオッサンに勧められた
”正露丸のバッタモン”で、下痢を治しました。 笑

話は変わって、何が原因だったのか?
考えてみたのですが、やはり原因は水じゃないかな?と
思いました。

愛妻の実家では、”ウォーターサーバーの水も怪しい!”
人々はそう疑い、沸かした井戸水をメインに飲むそうです。

日本では、蛇口をひねればきれいな水が飲めるので
日本人は、”水のきれいさを意識すること”なんて
めったにないのが普通ですが、海外ではこれは非常に重要!
水が安全かどうか?は、常に気にしなければなりません。


中国華南地区に住んでいる方でしたら我が家でも愛飲している
日系の衛生的で安全な水がいいですよ。

【蘇生水】  http://www.soses.cn/jp/index.html


・このお水の会社は日系です。
・日本語もOK。
・事前に言えば、ウォーターサーバーのクリーニングも無料でしてくれる

など、いい事尽くめですぅ。

我が家は、この衛生的で安全な水を飲み続け
”無菌純粋培養”されていたので、河南省の水でダウンしたのでしょう。

あ~、やっぱりシンセンがいいですな~。
海外組の方でしたら、今一度、あなたの飲んでいる水が安全か?
いい機会なので、確認してみてくださいね。

【蘇生水】  http://www.soses.cn/jp/index.html
蘇生水sose


メルマガ(第233話)  いくら乾燥してるって言っても。。。



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



いくら乾燥してるって言っても。。。

2009.10.11(15:11)

~河南省出張報告2009 その2~
”いくら乾燥してるって言っても。。。”

河南省の南部の都市”南陽”の空港に着きました。
この南陽(ナンヤン)が愛妻の実家から最寄の空港に
なります。

迎えに来たのは、愛妻の弟。
私達は、荷物を持って愛娘が入院している病院へ直行です。
場所は、”方城(ファンチェン)”という愛妻実家に一番近い都市
なのですが、とは言っても、中国は広い! 本当に広い!

南陽→方城 まで60kmくらいあります。
(車で約1時間)

病院到着後、愛娘に久しぶりに再会したのですが、
最初自分の子ではないのでは?
と思ったくらい痩せこけていました。
(以前は”プックリ太っていてかわいい!”
 が売りだったのに。。。)

長いこと離れ離れでしたが、やはり父親(私)の事を
覚えており、キャッキャとはしゃいでいました。

しかし、愛娘との再会を喜ぶのもつかの間
愛娘のいる病院は付近では小児科病棟のある病院で
一番しっかりした病院なのですが、
ビックリです。

汚い!
くさい!
うるさい!

3拍子揃った本当にひどい病院でした。
でも、愛妻の実家へ何度か行っている私からすると、
”でも、この辺ではこれが最高級の病院なんだろうな~”と
思いました。

しかし、どうして田舎の人たちは
汚くすることが平気なのか?
まるで、”汚い環境が心地よい!”と思っているのでは?
と錯覚におちいるほどです。

日本では信じられないかもしれませんが、
病棟にトイレがあるのに、廊下で小便する人がいます。
百歩譲って”トイレまで行くことができない患者”なら
まだ許せますが、、、 スタスタ歩くガキだし、
そんな理由でもなさそうです。

さらに、トイレの前まで来るのですが、トイレのドア付近
洗面所のあるエリアで小便させる人(親)も
たくさんいます。
”トイレの中は汚いから、ここで小便させましょう。”
とでも思っているのか??

私には彼らが、”汚いのが好き!”
と思っているとしか考えられませんでした。

言葉では言いませんでしたが、
”この環境じゃ、治るものも治らない!”と思いました。

まーその最低の環境はともかく

今回の旅でビックリしたのは、
”中国農村部の発展!”です。
後ほど詳しい話をしますが、
農村部の発展。。。
発展するのはよいのですが、中身がそれについてこれない
と言う現象が、氾濫しています。

ここ病院でのエピソードなのですが、
入院している人及び付き添いの人は、服などを洗濯し
病棟の廊下に服を干したりするのですが、
ここ河南省は、非常に乾燥しており洗濯物がすぐ乾きます。
(うーん、この点はいいですね。)

非常に乾燥しているので、風邪気味の人は、
すぐに鼻水が乾燥してカピカピになります。 笑

しかし、乾燥していると言っても
”さすがにこれは無理だろ~オイ。”
と言う物が干してありました。

何だと思います??


答え

”おしっこした後の紙おむつ!”

まー、気持ちはわかりますが、紙おむつが
どんな構造になっているか理解していない人なんでしょうね~

河南省の病院。
最悪の環境で腹立っていた中、干してある紙おむつを見て
大笑いしてしまいました。

今回は、とある農村の病院でのお話でした。


中国生活おもしろ珍道中233
 点滴をすぐに打てるように針を刺しっぱなしにして
 テープでグルグル状態です。
 頭にテープグルグルなので、まるでかわいい大工の源さん?



メルマガ(第233話)  いくら乾燥してるって言っても。。。



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



気持ちはまさにサブプライムショック

2009.10.07(05:06)

~河南省出張報告2009 その1~
”気持ちはまさにサブプライムショック”


国慶節休暇初日、私は愛妻、愛娘の待つ河南省へ
向かうためシンセン空港に行きました。

久しぶりの愛妻&愛娘との再会に期待に胸を
高鳴らしていました。
と同時に、”あーまたジャングルへ行くのか~”と
言う気持ちとが入り混じり複雑な気持ちです。

そんなさなか、チェックインカウンターの列に
並んでいたのですが、ちょうど私の前に並ぶ人。
なかなかかわいいおねーさんでした。 うふふ

いや~シンセンはすばらしい!
いや~シンセンはすばらしい!
いや~シンセンはすばらしい!

(3回言っちゃいました。 笑)

そうです。
もう10月なのですが、沖縄より南に位置する
ここシンセンはまだまだ暑い!
人々はみんな薄着なのです。

そして私の前に並ぶおねーさんは、
黒の少し透けたような服を着ており
背が高い私はちょうど彼女の斜め後ろの上から覗き込むような
ポジションに立っていました。
すると、わおー
胸の谷間だけでなく、XXまで見える寸前です。

いや~シンセンはすばらしい!
いや~シンセンはすばらしい!
いや~シンセンはすばらしい!

(すいません、かなりスケベです。)

覗いてはいけない!
と”よい子の私”頭の中で言ってるのですが、
”悪い子の私”が、
”関係ねー、覗けれるだけ、覗いとけ ウシシ”
と言っています。
30後半の単なるスケベオヤジが
いろんな事(スケベな事メイン)で考えていました。

気持ちはドンドン急上昇です。
しかし、次の瞬間。
高鳴った気持ちはドーンと急降下。

そうです。
キョロキョロ覗いていたら、
見てはいけないものを見てしまったのです。

わき毛ボーン

かわいいおねーさんの薄着。
胸が見えるだ見えないだと浮かれていましたが、
そのおねーさんのわき毛を見た瞬間
一気に気持ちが冷めて落ち込んでしまいました。

あー、気持ちはまさにサブプライムショック。

私はやはり日本人。
女性のわき毛は非常に抵抗があります。

私がもし中国人なら引き続き楽しめたのでしょうが、
中国に長く住んでいても、やはり”根っこ”は日本人です。

やはりココは中国。
まーしょうがないですね。 笑

そんなこんなで、河南省出張報告はスタートです。

(単なる、エロオヤジの馬鹿話か。。。)

今回は、わき毛はやはりショックというお話でした。


メルマガ(第232話)  気持ちはまさにサブプライムショック



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



河南省出張報告2009 プロローグ  

2009.10.07(04:34)

今回の国慶節休暇を使って愛妻の実家
”河南省(ジャングル 笑)”へ行って参りました。
いやーすごかったですよ~。

ということで、河南省へ行って来た時の事を
シリーズにして、お話して行きたいと思います。
名づけて
”河南省出張報告2009!”

さて、今回のプロローグでは、なぜ河南省へ行ったか?
と言うお話です。

メインの目的は、
”愛娘の1歳の誕生会をする”
です。
中国の慣わしで1歳の誕生日を迎えることが出来た子の
誕生日のお祝いをするのですが、河南省では、
お祝いされる側(私達)が、親戚一同を呼んで
パーティーを開きます。
(費用は、こちら持ち。 とほほ)

しかし、私の愛妻と愛娘は、私より先に河南省入りを
しており、私が会社の休暇がスタートしてから
河南省へ行き合流と言う形になりました。

愛妻と愛娘が先に河南省へ行った理由は、
1、愛妻のパスポート更新
2、愛娘のパスポート新規作成(中国のパスポートです)
3、愛妻の母(ダンディー母)の看病
の3つの理由です。

※ダンディー母:このブログ中で以前愛妻の両親が登場。
  ”ダンディー母”なんてひどいあだ名をつけちゃいました。

参考記事:【中国クロコダイルダンディー】シリーズ
 ・ 香港編   http://chinalive.blog118.fc2.com/blog-entry-163.html
 ・ パタヤ編  http://chinalive.blog118.fc2.com/blog-entry-164.html
 ・ バンコク編 http://chinalive.blog118.fc2.com/blog-entry-165.html


この後、面白おかしく今回の河南省出張報告をすると思いますが、
今回の旅、結果的な事を言うと決して面白くない状況でした。

愛娘は河南省滞在中、下痢、発熱、腸炎、肺炎と病気の連続で
2kgも痩せました。
(1歳児なので、2kgって彼女の約20%の体重に当たります)
痩せこけて、我が娘と思えないほどでした。

さらに、ダンディー母は、現在危篤状態。
病院もさじを投げている状態(手の施しようがない)ため、
病院を退院し自宅療養してます。
そのため、私は現在愛娘とシンセンに戻ってきていますが、
予定を変更して愛妻はまだ河南省にいます。

よって、現在シンセンにて私ひとりで愛娘の面倒をで見ています。
無理を言って、後ほど私の両親に急遽シンセンに来てもらうことにしました。
さー、どうなることやら。。。
(今も愛娘が寝ている間にこれ書いています。。。)


メルマガ(第232話)  気持ちはまさにサブプライムショック





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。