2008年08月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. できる!を信じたら、もー大変!(08/31)
  3. 大家さんは韓国人!(08/23)
  4. エルバ・シャオ(蕭亞軒 Elva Hsiao)- I'LL BE THERE  (最近のお気に入り音楽)(08/09)
  5. オリンピック熱(08/08)
  6. Welcome to Beijing !!(08/06)
  7. 中国での就職活動(08/05)
  8. 中国の『人気チャイドル投票』 (08/03)



スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

できる!を信じたら、もー大変!

2008.08.31(20:08)

もうかなり昔の話になってしまいますが、
さかのぼりながら、書いていきます。

今回は、”引越し”についてです。

考えれば、今のこのセレブ地区(シンセン市南山区南油)に
引越しして約1ヵ月半になります。
しかし、今回の引越しは、本当に大変でした。。。


中国の引越しの場合は、日本とさほど変わりませんが

1、引越し屋を探し、電話。 
  引越し予定日を決定する。

2、自分で小物などを荷作りする。

3、当日引越し屋に荷物を運んでもらう。

4、代金(チップも)を支払う。

という流れです。

この中国の引越し屋というのが、
一流から三流までいろいろ
我が家は、壁とかに
”引越し XXXXX(電話番号)”と
表示してあるような、いわゆる
”三流”の引越し屋にしました。

以前住んでいた ナンリン村→南山 までは、
ダイレクトに車で行くと1時間くらいの距離。
そこに、我が家の43インチテレビをはじめ
数々の家具を運んでもらう。

気になるお値段は。。。

500元(約8000円)!

安いです!
さらに引越し屋の人数は、5人とのこと
1人にチップ20元(約320円)やす~を
あげるのでチップ合計100元の準備。


さー引越し当日。
まず、”下見”という名目で引越し屋の人が二人我が家へ

あれ~?
来たのは、筋肉質のおっさんとばばあ。。。
(何でばばあが来てんねん! 
 引越し=肉体労働ちゃうんか!)

すると筋肉質のおっさんが、、、
筋) ”いや~ものが多いな~、こりゃ追加料金が必要だよ。”

妻) ”そんな~500元って言ったじゃないの~”

筋) ”いや~、こんなにモノが多いんじゃ追加だよ。”

妻) ”こっちは、チップまで準備しているのに!”

筋) ”あー、それならいいよわかった!”

ということで、私の愛妻の口車の勝ち!
(あっぱれ、奥様!!)
チップの中身は、いくらかを言わずにチップを挙げる
という心の準備だけで、追加料金を請求してくる
筋肉質オヤジを蹴散らしました!

しかし、愛妻には脱帽です。
チップは、準備してると言っても
1人20元だけ(少ない)なのに
それを理由に蹴散らすとは。。。

しかーし、悪夢の始まりはここからでした。

引越し屋の残りの二人+ドライバーが
来たのですが、

今度は細っこいおっさんとばばあ。
そうです。
引越しで物を運ぶ4人(ドライバーを抜いて)と言うのは、
おっさん2人とばばあ2人の4人でした。
(何でばばあが2人来てんねん! 
 引越し=肉体労働ちゃうんか!)

若くて元気な兄ちゃん4人を想像していたのですが、
50歳近い?(越えてる?)くらいのカップル2組による
引越し。。。

荷物運びをスタートしたてはよいのですが、
運び始めて10分もしないうちに疲れてきて
仲間同士で、怒鳴りあい。(まー元気がいいんだけど。。。)

私と愛妻、さらにはお手伝いに来たマグロ娘妹の3人は、
手分けして、この4人に指示を出し続ける。
そんな中、まずプッツン切れたのは、
当時妊娠7ヶ月弱の愛妻でした。

”ぎゃー、何この汚いトラック!
 直接家具を載せないでよ!! ちょっと!”

しかし、下見に来たばばあのほうが、
口八丁手八丁な感じのタイプで
マシンガントークで応戦。
”いや大丈夫よ、だって、ぐちゃぐちゃぐちゃ(略)”

そこからは、私の愛妻vsばばあ
という言い合いが頻発。
妊娠7ヶ月の愛妻は、噴火寸前状態でした。

さらに、結果的に恐ろしかったのが、、、

妻) ”今回エアコンの取り外しと取り付けをしてもらいます”

筋) ”大丈夫! できるよ! やったことあるし!”

妻) ”やったことある? 本当に大丈夫?”

ば) ”大丈夫よ私達は、引越しのプロだから、ぐちゃぐちゃ(略)”

と、こんなやり取りがありました。
(いつも仕上げは、ばばあのマシンガントークで終わる)

愛妻の気に入らなかった錆だらけの汚いトラック問題は、
我が家が捨てようとしていた、毛布を下に引き、
その上に家具を載せて行くということで解決。
引越しは続行したとさ。

引越し先の南山区についてから、
荷物の運びいれ。
”これはこの部屋へ、それはこの部屋へ”
と言った感じの指示もじじい&ばばあどもが
後半は疲れてきて聞かなくなってきた。
(ぐちゃぐちゃと言い訳を言って好きなところに置き始める)

こっちも言い争う元気もなく
”あー、後でやるからいいや!”となってしまった。

しかし、元気な愛妻は、このばばあと言い争いを続けており
私は、準備した5人分のチップ(計100元)の
支払う権限を全て愛妻に託しました。
    ↓
想像はつくと思いますが、言い争いを続け、
気分をひどく害しているので、チップを支払いませんでした。

(最終的に、100元はマグロ娘妹へのご苦労さん料に消えた)

こんな感じで一苦労の引越しでした。 ちゃんちゃん!




では終わりません!!

引越しが終わり、ゆっくり家の片づけをしていたとき
突然、ガラガラ! と大きな音が。。。

そうです、先ほど取り付けたエアコンが音を立てて崩れ落ちました。

何が、出来る! 引越しのプロ! だボケ~!


中国では時として、仕事を取るためなら
ハッタリは当たり前。

”私は日本語を話せます”と言っておきながら
蓋を開けてみると
”おはよう、ありがとう、さようなら”くらいしか話せない
なんてこともたまにあります。

1時間後に崩れ落ちるようにしかエアコンを取り付けできないのに
”引越しのプロだ!まかせろ!”
と言い切っちゃうからすごいです。

中国で快適に暮らすには、
”疑う!”という心を常に忘れずいることでしょうね。

中国の”できる!”を簡単に信じないほうがよいというお話でした。


PS,あとこの引越し屋。 パソコンのディスプレー、キーボードは
   ちゃんと運んでくれたのに、パソコンの本体を運び忘れてました。
   まいったよ~


メルマガ(第195話) できる!を信じたら、もー大変!


スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



大家さんは韓国人!

2008.08.23(11:16)

もうかなり昔の話になってしまいますが、
さかのぼりながら、書いていきます。

今回は、”借家”についてです。
まー方法は、日本とさほど変わらないかな?

1、不動産屋(地産)へいく。
    ↓
2、条件(値段や立地)を提示し物件探し
    ↓
3、決まったら契約書(合同書)にサイン

これでOKです。
準備する物といったら
・身分証明書(パスポート)
・お金
くらいです。

お金も
・デポジット(家賃2か月分)
 →大家さんへ
・手数料(家賃半月分)
 →不動産屋へ
・初月分家賃(家賃1か月分)
 →大家さんへ

ちなみに私の場合は、
月の家賃が3000元(約45000円)のところなので、
本来であれば
デポジット2か月分 6000元
手数料  半月分  1500元
初月分家賃1か月分 3000元

トータル     10500元(約16万円)

必要だったのですが、物分りのよい大家さんで


”デポジットは1か月分でいいですよ~”

と言ってくれたので、-3000元の
7500元(約113000円)で済みました。
(大家さん、ありがと~)

※今住んでいるところの家賃、
 結構高いでしょ。 セレブ地区だから。。。
 (もっと高い家もゴロゴロしてます)

中国で家を借りるのは、こんな感じです。

さらにさらに。。。
このタイトルにもありますが、
今借りている家の大家さんは、なんと韓国人です。
それも、私ら夫婦の将来みたいな感じの夫婦で

夫・・・韓国人
妻・・・中国人
子供二人。
と言う家庭で、ちょうど私の今の年に
一人目の子供が生まれたと言っており、
本当にそっくりで、お互い親近感がわいてしまいました。

この子供も本当に色白でかわいらしい子だった。
しかし、車を降りて銀行に向かう道の間、
この男の子が口の中にあるガムをペッと吐き出した時
大家の奥さんが、
”ダメでしょ!ゴミはゴミ箱へ! 拾いなさい!”
とこの男の子を叱ったのでした。

(これは日本では当たり前なのかもしれませんが、、、)
正直言って。。。

9年中国に住んだ私は、”ゴミはゴミ箱へ!”と
親が子供を叱ったのを、初めて聞きました。
(ちょっと感動です)

いや~それにしても私が新しく移り住んでる
シンセン南山区!
大家さんが外国人(韓国人)だとは。。。

非常にいい感じです。


今回は、中国での借家の借り方ほか、に関するお話でした。



メルマガ(第194話) 大家さんは韓国人!



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



エルバ・シャオ(蕭亞軒 Elva Hsiao)- I'LL BE THERE  (最近のお気に入り音楽)

2008.08.09(00:21)

シンセンのセレブ地区・南山区に移り住んだ私は、
生活が思いっきり変わりました。
テレビもケーブルテレビが入ってます!
よって、中国のMTVを見ながらグダグダという
昔では考えられない快適さ。

中国のMTVを最近見始めて私が気に入った音楽があれば
ご紹介していくと言うこの新コーナー!
(当然中国ブログなので、中華ポップスにこだわります)
中国語の勉強にでも役立ててください。
(タダ楽しむだけでもOKです~)

第一回目の今回は、
アーチスト名:
エルバ・シャオ(蕭亞軒 Elva Hsiao)
曲名:
I'LL BE THERE  

です。



正直言って私は、彼女のことを知りませんでした。
台湾の人気美人女性アーティスト蕭亞軒(エルバ・シャオ)!
うーん、セクシーでかつかわいい!
(愛妻には怒られそうだけど、タイプかも。。。 うふふ)

曲のテンポもよく、耳についつい残ります。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



オリンピック熱

2008.08.08(23:13)

す、っすごい!
こんなに燃えているだなんて。。。

はい、今日はオリンピック開幕式の日!
中国人にとって大好きな数字の並ぶ
2008年8月8日。 8時(PMね)

中国人にとって、最高にうれしい瞬間です。

って、言うのは分かっていたけどすごい!
ここまですごいとは。。。

会社では、オリンピックを見るため
ほとんどの従業員が全員定時で帰ってました。
ここまでならまだ想像できますが、、、

今日私は愛妻と一緒に味千ラーメンで夕食をとったのですが
店の中のほとんどの客が8時前に店を出たのです。

私の愛妻も我慢できず、街頭テレビを見るために
店の外へ。。。
私はまだラーメンをズルズルすすっていたので
まだ店の中に。。。

※街頭テレビ:街頭にあるテレビの事です。
 (ここセレブ地区南山にはこんなのもあるんです)


8時になった瞬間。
店の店員以外の客は、気がつくと
私とデブの西洋人の2人だけでした。
(その西洋人も急いで家に帰っていた)

店を出るとすごい光景。
人々は街頭テレビの周りにいるか?
そうでない人は、家または街頭テレビに向かって
走っているのです。

いつもは8時なんて人がいっぱい外をウロウロしているのに
今日だけは別です。
まるで真夜中のようでした。

それにしても極端だわ~
さらにお店で働いている人までテレビ見に来ちゃって。。。

”泥棒さんが仕事しやすいだろうな~”
なんてアホなことを考えてましたが、この勢いだと
泥棒さんまで”本日休業”で、オリンピック見てそうです。


今回はあまりのオリンピック熱に呆気に取られたというお話でした



メルマガ(第194話) 大家さんは韓国人!





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



Welcome to Beijing !!

2008.08.06(21:45)

今年の中国は、
・株価大暴落
・大雪の災難
・チベット暴動
・四川の大地震
などなど災難続きの最悪の一年です。
(まだ今年は終わってないので現在進行形ですね。)

※ここでは、チベットに関するツッコミはご遠慮願います。

しかし、ついに待ちに待った

北京オリンピック
まで あと2日!

いろいろな苦難を乗り越えてのオリンピック。
最も感動的な世界中の人が忘れられない
オリンピックになってほしいものです。

中国のオールスターキャスト!
と言わんばかりのオリンピック・ソング
”北京歓迎Ni (Welcome to Beijing)”

さー、あなたはこの中に出るスターを何人知ってますか?

ん。。。 でもやっぱり一番目立つのは、あの人だ。。。
(ハリウッドでも名を上げた、そう。 ジャッキー・チェンです)







    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



中国での就職活動

2008.08.05(22:40)

今ではもうかなり昔のことのように感じますが
これを知りたい人も多いと思いじっくり説明したいと
思います。

日本が今”就職難”で中国で仕事を探そう!
思っている人も多いと思うので、
興味ある人は読み勧めてください。


~中国現地採用の就職活動について~

今はよい時代で昔の就職活動のように
雑誌などを買わず、ネットで全てが完了してしまいます。

中国で”現地採用”として就職活動する場合は、

1、人材紹介会社に登録
    ↓
2、紹介会社が就職を斡旋
    ↓
3、企業で面接
    ↓
4、内定(就職)!

と言う流れになります。


”人材紹介会社” って言う存在が
よくわからないかもしれませんね?

企業(会社)が、人材を探す時に普通
”人材紹介会社”に依頼します。
そして、企業は紹介会社から求職者を紹介され
無事、採用となった場合は企業が
紹介会社に紹介料を払うと言うシステムなのです。

この紹介料は、その採用した人に払う
”Xか月分の給料”のような感じのようです。

逆に求職者からすれば、紹介会社への登録は
無料だし、紹介会社は一生懸命、就職先を斡旋してくれるので
(ある意味少し強引なくらいに)
便利なシステムです。


まず、今回の私の場合はネットで

『CHINA JOB』
http://www.mahooshanghai.com/job/
に登録しました。

登録は、学歴や職歴などをフォームに入力すればOK

そしたら次から次へといろんな人材紹介会社から
”履歴を拝見しました!ウチに登録ください!”
と言う内容のメールがバンバン飛んできました。

→ある意味、紹介会社もそれが仕事ですから一生懸命です。


まー、全ての会社に登録しても構わないですが、
その会社のサイトを見たりして自分の気に入ったところのみに
登録すればいいと思います。

ちなみに私の今回の就職活動では、
一切妥協をしたくなかったので
できるだけたくさん紹介してもらえるよう
多くの紹介会社に登録しました。
ちなみに今回お世話になった紹介会社は。。。


テンイヤーズスタッフ
http://www.10sta.com  
http://www.10sta.info

テンプスタッフ(広州)リミテッド
http://www.tempstaffasia.com

SIMPLA人材
http://www.simpla.com.cn

パソナアジア香港
http://www.pasona.com.hk

Bluenet人材
http://www.bluenet.com.cn

ITR Consulting Hong Kong
http://www.itrasia.com

インテリジェンス香港
http://www.inte.com.hk

プラスパワーコンサルティング
http://www.pluspower-cn.com

Hello China人材
http://www.hellojinzai.com

でした。


紹介会社によってさまざまですが、
求職者をより深く理解するために
紹介会社が求職者を面接します。

やはり中国で現地採用者を探す企業はやはり
・語学力
・技術力
など即戦力になる人を好むため
紹介会社もそれをよくわきまえており、
上記2点は必ず確認します。

必ず語学力をチェックするのですが、
”電話面接”のみでOKというところも
あります。

初めての人だと、この語学力チェックは
緊張してしまうかも知れませんが、
あまり緊張しなくていいと思います。
大抵聞かれるのは、
”過去の職歴や経歴”などについてです。

さらに、紹介会社の面接なので
本番(企業の面接)の練習! 位のつもりで!

そして、紹介会社が求職者がどんな人材か把握したら
仕事の斡旋をしてくれます。

今回私の場合は、
第一希望企業で
一次面接
 ↓
二次面接
 ↓
内定

と言う感じにトントン拍子で
決まってしまったので
いろんな紹介会社に登録し何度も紹介会社に
面接されましたが、結果的にあまり意味のないことと
なってしまいました。
(でも、ありがとうございました。)

上記に挙げた紹介会社は優良会社なので
就職活動する方がいましたら、登録してみてください。


現在の中国での就職の現状ですが、
地域別で言うと

・北京付近や大連などの北のほう
・上海付近の東のほう
・広東省近辺の南のほう
・その他のエリア
と言う感じに大きく4エリアに分かれると思います。

※香港・マカオ・台湾など大陸外もありますが、
  だいぶ雰囲気が違うのでここでは除く。

この中でやはりおススメなのは、
広東省です!

北京や上海などで働きたい人は多いせいか
需要と供給の関係で、比較すると給料が低めです。

その点広東省はこれらのエリアでは
新卒者でも給料が高いところが多いです。
(でも職種によりますが。。。)

もし中国での就職を希望する人がいましたら
気軽にメールください。
(わかる範囲でなら情報提供しますよ)

就職活動したてなので、ある程度の事なら
わかると思います。


今回は、中国での就職活動に関するお話でした。



メルマガ(第193話) 中国での就職活動




    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



中国の『人気チャイドル投票』 

2008.08.03(22:07)

これは私も知りませんでした。
チャイドル。。。

私の中国人妻を持つ日本人のお友達から聞いた事なのですが、
中国で子育てをする上での「踊り」の重要性なの
ですが、非常に重要! とのこと

日本で踊れて歌える子=人気者なだけ。
中国で踊れて歌える子=それだけで、学校受験免除、
           就職の際にも役立つ。

すごいでしょこれ!
ちなみに
彼のお子さんが今通っている踊り教室の生徒10名が
なんと有名中学校に推薦入学したそうです。

そこでこの
「チャイドル投票サイト」

踊り、モデルなどのコンテストに参加する
スターを目指す子供達が、掲載され、
その人気を競っているそうです。

中国では、ダンス教室が、タレント事務所のような役割があり、
そういうダンス教室に通っている子供たちが、この人気投票に
参加しています。

いや~中国には日本にない子育ての苦労がありますね~

ここをクリックすると、その私の友達のお子さんのサイトに飛びます。
どんな様子なのか? 一見の価値ありですよ~
  ↓↓↓
「チャイドル投票サイト」


メルマガ(第193話) 中国での就職活動





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。