2007年12月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. クリスマスの恥ずかしい出来事 in China(12/31)
  3. いいじゃないのそれくらい~(12/23)
  4. 香港の人は日本を。。。(12/11)



スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

クリスマスの恥ずかしい出来事 in China

2007.12.31(19:27)

今年(2007年)のクリスマスは、
今までの経験から、

人の多いときには下手に出かけない!

を貫き、クリスマスイブは家で愛妻の作る
ラーメンを食べていました。
(だって、12/24は日曜日! 人だらけです)

しかし、クリスマス(12/25)はド平日!
西洋のお祭りである”クリスマス”は、当然
中国では、祭日になりません。

おー、それなら。。。

ということで、クリスマス(月曜日)に出かけました。

行った先は、
以前50元(約750円)の入場料を取っていたが
現在は無料公開している

”シンセン園博園” に行って来ました。

中国生活おもしろ珍道中166(1)


正直言って。。。
無料ならいいけど、以前の50元の入場料を払うのはバカだな~
という感想でした。

この”園博園”は、簡単に言うと
”整備された公園”というだけで、別にどうって事ない場所でした。

やはり笑っちゃったのは
公園内に池があるのですが

”水の中に入って遊んではいけません”

という注意書き。

こんな汚い池に入って遊ぶやつがいるのだろうか???
と思ってしまいます。 あはは

中国生活おもしろ珍道中166(2)


ここまでは、普通のクリスマスの思い出話ですが、
私からのクリスマスプレゼント!!

激写しましたよ~


中国人のファッションのセンスと言うか
中国人らしい周りの目など一切気にしない感覚というか
日本とは決定的な違い。。。

クリスマスに非常にわかりやすい例があるのですが、

サンタの帽子を恥ずかしげもなくかぶる!

のです。
まだ働いているデパートやレストランなど
”会社が無理やり”なら理解できるのですが、

自ら好んでサンタの帽子です。

私なら1万円くれるとしてもあの帽子は恥ずかしくてつけないでしょう。

激写!
これがサンタの帽子です。↓ はずかしい~
中国生活おもしろ珍道中166(3)


気持ちわ理解できるが、日本人ならまずこんな恥ずかしい格好はしないでしょうね。

そんな感じのクリスマスにまつわるお話でした。


メルマガ(第166話) クリスマスの恥ずかしい出来事 in China


スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



いいじゃないのそれくらい~

2007.12.23(12:02)

私は実を言うとモロモロの事情で日本に一時帰国しておりました。

いや~、日本は寒かったです。
みなさん、風邪引かないように気をつけてくださいね。
(私は日本滞在中の前半、風邪引きました)

日本滞在中は、家にこもっている時間が長かったので
ボ~っとしながらテレビを見ていました。

しかし、毎回思うのですが日本のニュースって。。。

”同じことばかり何度も繰り返しているな~”
   ↓
 平和だって証拠でしょう。

と思います。

日本に住んでいる人は、
”最近は物騒なニュースが増えた。 日本も危険な国に。。。”
なんて言ってるのを聞きますが、
中国に住んでいると、

”は? まだまだ平和そのもの!”と思います。


中国の場合は、本当に”やばいニュース”は、
ニュースになりませんからね~


1、”格差社会”
 ニュースでやってました。
 年収200万円の人がXX%
 年収1000万円の人がXX%

 きゃー格差が広がっている~! だって、、、 あはは
 たかだか”5倍”の差じゃないの。

 中国の”格差”なんか、ハンパないですよ。

 地面に座り込みゴミ箱を20°くらいに傾けて
 中の残飯を自分と赤子に食べさせる母子。
 (この人年収いくらだろう?1000円いくかな?)

 その一方、ベンツを乗り回す富裕層の人たち
 (年収1000万円レベルより上の人もゴロゴロ)

 5倍の格差なんか同じ会社内でも存在します。
 中国の場合は、格差に何個”0(ゼロ)”がつくか?
 というほどの格差です。


2、”賞味期限切れ”
3、”産地偽造”

 ははは、これ、笑っちゃいました。
 賞味期限が一日切れたおでんを販売。
    ↓
 そんなのいいじゃん!
 一日期限切れたくらいじゃ腹も壊さない。

 我が家の隣のスーパーなんか
 トマトの近くに小さな虫がいっぱい

 よく見ると、トマトが少しやらかそうになっているところから
 その虫が飛び立っています。
    ↓
 誰がこんなトマト買うねん!
 いや、売るほうが問題。。。

 産地偽造。
 いいじゃないの、どこだって。。。

 中国の
売り手(古くても売れれば勝ち)
     VS.
買い手(悪い物は掴まされたくない、騙されたくない)

の壮絶な闘いを毎日見ている私からしてみたら
上記2点の問題は、問題ではないように思えます。

ニュース=非日常

と考えるならば、賞味期限切れも産地偽造も
中国では、いつもあることなので
ニュース(非日常)になりませんね。


しかし、今回自分の中で悲しい変化に気がつきました。

日本滞在中は、”平和ボケ”なのか?
体調も崩したし、ヤル気が起きなく ”プチうつ”状態だったと
思います。

しかし、中国に帰ってから何事にもがんばれる自分がいます。

ある意味中国で”ボ~”っとしていられない緊張感みたいな
ものがあるのでしょうか?

私は日本人だし、日本を愛していますが、
中国の生活に慣れてしまい、こっちの生活のほうが
合っているのかも?
と思わされました。

しかし、中国に帰ってきた次の日の停電。
毎日のインターネットの遅さ。
これらに腹が立ってイライラしたあたりは、

あ~よかった。 私はまだまだ日本人! と実感させられましたとさ。
あはは


メルマガ(第165話) いいじゃないのそれくらい~




    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



香港の人は日本を。。。

2007.12.11(10:56)

前回中国では、日本人を”日本鬼子”と
呼んでいるというお話をしました

参考: 日本鬼子

そこで、メルマガの読者であります香港在住のSさんから
香港では日本人を。。。 というメールを戴きましたので
ご紹介いたします。

(ここから)
↓↓↓

香港では、白人のことを鬼グァイ ロウ(漢字わかりません)と呼んでます。
日本人のことは、ガー仔(チャイ)。
日本語の後ろに  何々がー の が が耳についたことから由来。
インド人のことは、アッチャー先生(シンサン)。
インド人が、アッチャー と返事するところから。

仔(チャイ)は、親しみを込めて言ってますね。
日本語で言ったら、 坊 見たいな感じ。
ケンちゃん、ケンぼうが、広東語では、ケン仔みたいな。
先生は、ご存知のようにミスター。
そう思うと、香港って人に優しいかもしれない。

なーんて、思いました。

↑↑↑
(ここまで)

私は普通話(プートンファー:中国標準語)を話すことが
できるのですが、広東語は、ほとんど話せません。

※広東語:香港や中国広東省で使われる言葉(方言)
 ジャッキーチェンの映画で使われている言葉がコレです。
 詳しくはわかりませんが、広東語も

 ”香港で使う広東語”
 ”広東省(大陸)で使う広東語

 は大きな違いがあるそうです。


香港では、日本人を”ガー仔(チャイ)”と呼ぶ。
  ↓
コレ面白いですね。
でも、そんなに私らは、”がーがー”言ってるかな?

ちょっとした豆知識でした。


メルマガ(第165話) いいじゃないのそれくらい~




    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。