2007年09月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. インドネシアの結婚式(09/27)
  3. オープンテラス海鮮物語(09/09)



スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

インドネシアの結婚式

2007.09.27(14:22)

■ インドネシアの結婚式

大変ご無沙汰しておりました。
昨日私の父が無事日本に帰国しました。

そうです、私の父、愛妻、私の3人でインドネシアに行って、
私の中国語留学時代のお友達の結婚式に参加してきました。

そこで、今回は 普段の中国のお話と違い

”インドネシアの結婚式” 

に関するお話です。

私はインドネシアの結婚式に参加するのは、2度目なのですが、
前回と今回はかなり違いました。

前回(別の友達の結婚式)は、
立食パーティー形式でしたが、今回は日本の結婚式のように
椅子に座って食事が運ばれてくるタイプでした。

それでは、順に説明していきます。



1、新郎側の家

 まず新郎側の家に新郎側の親戚が集まります。
 そこでは、新郎新婦が親戚達にお茶を配ったり
 親戚から金のネックレスや指輪などのプレゼントをもらいます。

 さらにおかずが並んでおり、ご飯をパクパク食べます。
 当然ここから記念撮影(写真&ビデオ撮影)です。

中国生活おもしろ珍道中157(1)

まず新郎の家からスタート。 撮影しまくりです。

中国生活おもしろ珍道中157 (2)

新郎側の家に新郎側の親戚を呼び、ご飯を食べたり、プレゼントをあげたり。


2、移動

 新郎新婦は、新郎の家から新婦の家へ移動します。
 しかし、新婦さんの実家はジャカルタから遠いので、
 披露宴をするホテルの一室に集まっております。

 移動は、中国の結婚式と同様。
 花びらなどをベタベタつけた車に乗っての移動です。

中国生活おもしろ珍道中157 (3)

中国生活おもしろ珍道中157 (4)

花びらをつけた車に乗って新郎新婦は移動。


3、新婦側の家(今回はホテルの一室)

 ここでも、新婦の家でやったのと同様のことをします。
 こっちも同様にご飯をパクパク

中国生活おもしろ珍道中157 (5)

新婦の親戚は結婚式をやるホテルに集合。(実家はジャカルタから遠いので)
同様にご飯食べたり、プレゼントをあげたり。。。


4、披露宴

 さーメインイベントです。
 でも今回の結婚式は、正直日本の披露宴にかなり似ていました。
 ・指輪の交換
 ・新郎新婦のチュー
     などなど

 しかし大きな違いと言えば。。。

 規模の大きさ!
 10人すわりのテーブルが50! つまり 500人です。
 金持ちの華僑はやることのスケールが大きいわ!

 あと、この披露宴に来た別の留学時代の友達に聞いたのですが、
 今回の披露宴は、お年寄りが多いせいか、
 ・ガキどもの踊り
 ・カラオケ
 ・変な歌を歌うおっさん
   など、少し変わったもの(お年寄り好みの催し物)が多いとの事。

私といえば、、、
(値段の)高いウィスキーなどをクピクピ飲んでいました。 あはは

そんな感じの楽しく・めでたい 結婚式でしたとさ 


中国生活おもしろ珍道中157 (6)

指輪交換の儀式。

中国生活おもしろ珍道中157 (7)

ケーキのカット

中国生活おもしろ珍道中157 (8)

新郎新婦のチュー

中国生活おもしろ珍道中157 (9)

ガキどもの踊り

中国生活おもしろ珍道中157 (10)

歌を歌うスター気取りのおっさん

中国生活おもしろ珍道中157 (11)

つんだグラスにワインを入れる

中国生活おもしろ珍道中157 (12)

こんな披露宴会場でした。



メルマガ(第157話) インドネシアの結婚式





スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



オープンテラス海鮮物語

2007.09.09(15:28)

■ 中国ビザについて

以前、中国のビザについてメルマガを発行しましたが
それ以降、かなり多くの方から中国のビザに
関して質問を受けるようになりました。

そこで、結構このメルマガ読者の方は、
中国に興味のある方が多いので、当然

”中国ビザ” に関して 興味のある人が多い!

と言うことが分かりました。
そこで、私の分かる限りの事をレポートにしてまとめてみました。

中国への

・移住
・出張
・留学
・旅行

を検討中の方(もしくは、しなければならない方)!
興味のある方は、ダウンロードしてみてください。

直接ダウンロードURL ↓↓↓
http://www.aandm-china.com/report/chinavisafm.pdf


■ オープンテラス海鮮物語


私) ”あ~お腹すいた、今日夕食は、どうする?”

妻) ”お魚食べた~い。 おさかな、おさかな!”


ということで、”海鮮”を食べに行きました。

・中国へ旅行に来る外国人観光客。 
・(普通の)お金持ちの中国滞在する日本人。

には、無縁の”オープンテラス”の海鮮料理を食べてきました。


ごめんなさいね~。 
”オープンテラス”なんて書くとなんかかっこいいでしょ?

簡単に言うと”屋台”ですわ。 ”屋台”! あはは
超チープな場所なので、普通の日本人は”無縁”なんですわ。

そう、その”屋台の海鮮料理”には、普通の日本人が味わうことのできない

”ディープな中国” があるのです。。。

中国生活おもしろ珍道中156(1)

オープンテラス(屋台)の海鮮料理はこんな感じです。

中国生活おもしろ珍道中156(2)

桶に生きている魚介類がいます。 ここから選びます。


まず、席に着きます。
”あれ~メニュー持ってこないな~”

私) ”お~い、メニュー!”

店) ”は~い”

    ・・・ (その後結局無反応)・・・

私) ”腹たった! 隣の海鮮屋に行こう”
 と言って愛妻の手を引っ張り、席を立ち上がった瞬間

店) ”ごめんなさい、メシ食ってた。”

私) ”おまえのメシと客とどっちが大切なんだ。 
    まったく жЮα#Шё・・・”
  (グダグダと文句が続く。。。)


そんな状況でのスタートです。

さて、おかずが運ばれてくるのを待っている間です。
商売上手の中国人ならでは!
いろいろな”物売り”達がやってきます。

そう、そこには”物語”があるのです。


1、(バドガールならぬ) 青島ガール
 ・・・つまり青島ビールを売るねーちゃん
   ⇒基本的に若いねーちゃんなので、”からまれる対象”になりやすい


2、琵琶弾きの夫婦
 ・・・琵琶を弾いてお金をもらうというお商売
   昔旦那の前で奥さんにからむ酔っ払い客がいた。
   ⇒この奥さんも結構年なのに。。。 人は酔っ払うとアホになる・・・
中国生活おもしろ珍道中156(3)



3、ギターを持ったにーちゃん
 ・・・ギターを弾いて歌を歌ってお金をもらう商売
中国生活おもしろ珍道中156(4)
   


4、サックスフォンを持ったにーちゃん
 ・・・何度も顔を合わせているので、もう知り合いになっちゃった。 あはは
中国生活おもしろ珍道中156(5)



5、歌を歌う2人組のねーちゃん
 ・・・歌を聞いたことあるけど、めちゃめちゃヘタクソ!
   でも、”若いねーちゃん2人組”ってだけで、酔っ払いたちは、彼女達に
   たくさん金を落としていきます。。。

6、手相を見るババア

7、靴磨きのガキ

8、DVDを売るおばさん

9、辞書を売るおっさん
  ⇒こんなのまでいます! 海鮮と関係ないじゃん!!

あげるとキリがないです。。。

こんな商売人とでかい声を上げてやりとりする。
⇒正直言って、”うるさい”!

こんなのを日本では、”活気がある” なんて言うんでしょうね。


そう。 彼らに1曲弾いてもらう ここでの相場は、

1曲=10元 (約150円強)です。

日本人なら、”な~んだ、安いじゃない!” と思うでしょうが、

現在シンセンの最低賃金が大体 日給20~30元!
⇒工場で一生懸命働く女工さんなどの給料がこれくらい。

つまり彼らは、1日3曲以上歌えば、それよりいい給料なのです。
⇒確実に3曲以上は歌ってるでしょ!
 いい商売してるよな~


そんな事を思いながら、私はビールをクピクピ。

しだいにおかずが運ばれてくるんですが。。。


妻) ”何この野菜!! いくらよコレ!”

店) ”え~、 8元(約120円強) ですけど。。。”

妻) ”8元!! こんな(量の)少ないの見たことないわよ!”

妻) ”ちょっと責任者呼びなさい!!”

  (しぶしぶ野菜を持って帰る店員)

   そして数分後・・・

  量の増えた野菜を持ってきたとさ。  あはは

こーんなやり取りもありました。

中国生活おもしろ珍道中156(6)

私の愛妻がごねて量の増えた野菜。 あはは


つまり中国では、ごねたモン勝ちです。
(日本人だと、恥ずかしくてそんな事はしませんが。。。)

今回は、オープンテラスの海鮮料理では、さまざまなストーリー(物語)がある
というお話でした。



メルマガ(第156話) オープンテラス海鮮物語




    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。