2007年05月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. おらこんな村いやだ~(05/31)
  3. ごねたもん勝ち!(05/25)
  4. カップルはつらいよ in China (05/16)
  5. え?うそ?! 夜なのに。。。(05/11)
  6. すごーい、列ができてる! でも。。。 (05/05)
  7. ミルタ と スードル(05/01)



スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

おらこんな村いやだ~

2007.05.31(14:05)

はぁ~最近、本当に精神的、肉体的に疲れます。
会社勤めしている人から見ると、私は無職のトレーダー。
”何のストレスがあるんだ!!”と
言いたくなるかもしれませね。

しかし、疲れるんですよ。。。
なぜかと言うと。。。


●おらこんな村いやだ~

おらこんな村いやだ~、おらこんな村いやだ~、 
東京へ出るだ~♪

って吉幾三さんは、まだマシだよ! まったく。
こっちは、中国の片田舎・ナンリン村だよ~

特に最近このナンリン村での生活が
本当に耐えられなくなってきました。
ズバリ私のストレスの主な原因は、
”私のトレード(収入源)に対する妨害”です。


具体的に言うと
1、停電
2、スピードの遅いネット
の2つです。

今回は、1つ目の”停電”についての話
中国生活おもしろ珍道中145(1)

停電時の村の様子。 
(すごいでしょ~、人も虫と同じで明るいところに集まります)

何度となく”停電”に関してこのメルマガで書いてきました。
前回のメルマガで書いたとおり
”こんなところ人間の住む場所じゃない!”と
いう暴言を愛妻に吐くまでになってしまいました。
→あとあと考えれば、ものすごくひどいセリフを
 吐いたな~と反省してますが。。。

日本で普通に育った日本人なら
100人中99人はそう思うと思います。

先週はなんと週に2回停電がありました。
ついに2度目の停電の日、
愛妻を連れて不動産屋を回りました。
→シンセン特区内の家を借りようとしたのです。 
(自分の持ち家があるというのに”借家”です)

この緊迫した雰囲気分かりますでしょうか?

最終的にシンセン・ジャスコのそばの
1DKの家、大きさは約40平米をあと契約書に
サインすれば借りれる!と言う状態まで行きました。
※ちなみに今の家は2LDKの65平米

しかし。。。 不動産屋へ契約書にサインしに行った時。。。


不) ”うちのものはどのような条件で昨日お話ししましたか?”

妻) ”XXを月2000元で最低半年住まなければいけないって
    言ってましたよ”

不) ”すみません、うちの会社の規則で1年以上でないと
    契約しないって事なんですけど”

妻) ”気に入れば1年くらい住むかもしれないけど、
    半年間で様子見してから決めるから、
    1年の契約書にはサインできません。”

不) ”大丈夫、半年住んで気に入らなければ
    他の人を探して住んでもらえれば問題ない”

妻) ”昨日の人は半年って言った!”

不) ”昨日の子は、会社の規則を知らなかったみたい。 
    規則では1年なんです”

妻) ”半年と言ったら半年! 1年なら契約書にサインしない!”

不) ”こんないい条件なら絶対に他に住む人が
    すぐに見つかるから安心してください。”

私) ”もし見つからなかったら、デポジットはどうなる?”

不) ”いや絶対に見つかる”

私) ”絶対って言い切れるの? 万一見つからなくても
    デポジットは全額返されるわけね?”

不) ”いや、デポジットは1か月分差し引いた額を返済します。”

こんな会話が続きました。

結局不動産屋の

・”絶対”が信用できないこと。

・”1年契約”と言うことを曲げなかったこと

を理由に契約書にサインせずこの無駄足のため
3日間を費やしたとさ。

※まったく、いつもの事だけどどうして
 ”昨日の子は知らなかった”とか”いいわけ”というか
 ”責任逃れ”するようなことばかり言うのか。。。 
  ぶん殴ってやりたくなった。

しかし、今回の”借家”騒動を終えて、私も愛妻も 
不満はたくさんある現在の”我が家”に
少し愛着が湧いていること感じました。

最終的に、この”停電”問題は、
昨日購入した”発電機”でどうにか解決しそうです。

中国生活おもしろ珍道中145(2)

しっかり働いてくれよ~ 我が家の新しいパートナー”発電機”くん 
240Vで2000W出るそうです。

しかし、今でも”おら、こんな村いやだ~!”と
言う気持ちはまったく変わっていないことも事実です。
次回”ネット”の苦労話につづく。。。

今回は”停電”にまつわる苦労話でした。





メルマガ(第145話) おらこんな村いやだ~



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



ごねたもん勝ち!

2007.05.25(13:51)

はぁ~、昨日も停電でした。
最近はほぼ毎週金曜日に停電になっていた
のですが、金曜日以外も停電。

私は予想外の停電に
”あ~、こんなところ人間の住むところじゃない!”と
言ったら愛妻が怒り出してしまいました。
はぁ~、こんなくだらない理由で夫婦喧嘩なんか
したくないです。 とほほ

この停電対策のために、”発電機”を買おう!と
真剣に考えました。
そして、外に”発電機”を見に行ったのですが、

ゴゴゴゴゴー とものすごい音。

あ~、こんなの家の中に入れるわけには行かないや。。。

しかし、現代の日本に生まれ育った人間で、私のように
”発電機”なんてまじまじ見たことある人は少ないだろうな~
なんか、中国で普段見れないものをたくさん
見ていると思います。
→あーでも、こんなもの見ないで済む環境に
 早く移動したい物です。


●ごねたもん勝ち!

まー停電と言うことで、トレードもできないし
気分転換に愛妻と一緒にジャスコへ行きました。

その中での出来事。

我が家からジャスコまでバスで行くのですが、
”第二国境”と呼ばれる検問所があります。
これは、シンセン市に”経済特区”と呼ばれる
エリアがあり、その特区と特区の外との
間にかなり緩めの”国境”のような検査所があるのです。

バスは本来この”第二国境”に着くとバスに乗った客を
全て降ろし国境の検問で身分証を見せて
問題なければ通過できる、
まさに”イミグレ”のような場所なのです。

中国生活おもしろ珍道中144(1)

”第二国境”である沙湾検査所

しかし先ほど言ったように ”かなり緩め” と
言うことで正直検査員の気分次第。
しょっちゅう何も検査せず通れちゃったりします。

バスの話に戻りますが、
本来”第二国境”のところで客は降ろされますが、
国境を越えてから再度乗る時、
国境前でお金を払って乗った人と
国境を越えてから新たに乗る客とを区別するために
簡単なチケットを渡すのです。

よって、我が家からジャスコ(特区内)へ行くには

1、バスに乗ってお金を払う
2、チケットを受け取る
3、第二国境で降りて検査を受ける
4、第二国境通過後、チケットを見せて再度同じバスに乗る

という面倒な事をしなければいけないのですが、
今回の第二国境の検査員はものすごくいい加減。
バスに乗ったまま、そのまま第二国境を通過しちゃいました。

すると、第二国境を越えたところで新しく乗ってきた客が
お金を払わずにバスに乗り込んできました。

運転手) ”おい! お金を払え!”

客)    ”第二国境越える前に払っただろ!”(大声)

ということで、このおっさん。。。 バスただ乗り!
→いい年こいて、たかが3元(50円弱)のバス代ケチって
 何考えているんだろうね~

バスの運転手もちゃんとチケットを確認したりするほど
マジメに仕事しているわけでもないし

はぁ~、 まさに中国では ”ごねたもん勝ち” ! ですな~。

と、ここでお話終わり! っと言いたいところですが、続きが。。。

私ら夫婦は、無事ジャスコに着き、ご飯を食べることに。。。
私の愛妻が無性に”おすしが食べたい!” 
というのでジャスコ内にあるおすし屋へ

私らがおすしを食べ始めると、愛妻が 。。。

”何このいくら!? 潰れてるしシナシナしてる、
 きっと新鮮じゃないんだわ!”

と怒り出し店員を呼んで文句を言い始めた

まぁ無理もないです。 私の愛妻は、私の父が
株主優待でもらう”極上のいくら”
(身がプリプリしたよい”いくら”)しか食べたことがないもの。
すでに”いくら”は2つのうち1つを私が食べちゃっていたので、
今回”ごねて”
また新しく2つ持ってきてくれたらいいな~
とかすかな期待を胸にそのやり取りを見ていました。

まー結果的に愛妻が引き下がる形になりました。

しかしこのように、”ごねて” もしかしたら得するかも?? 
と思う瞬間はたくさんあります。

日本人だと”しかたないよ~”と身を引くことが多いと思いますが、
ここ中国では ”ごねたもん勝ち”です。
みなさんも中国に来たらたくさんごねましょう! ははは

あ、でもやっぱりみなさんはごねないで! だって、
身を引く日本人はある意味
”美徳”だと思うので。

今回は、ごねたもん勝ち”という中国での生活を紹介した内容でした。






メルマガ(第144話) ごねたもん勝ち!



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



カップルはつらいよ in China 

2007.05.16(13:41)

いや~、香港市場(株)は、強い!!
月曜日は500ポイントも上げちゃいました。
私はごっつい儲けてしまいました。
(くー、投資は辞められまへんな~)

しかし、上昇が強すぎるので、
”こりゃ休んだ方がいいな~”と思い
そのドカ上げした月曜日に”よっしゃ、休暇だ!”と
いうことで愛妻を連れてマカオとの国境の町・珠海へ
小旅行に行ってきました。

食べた物はこんな感じです。
http://blog.livedoor.jp/kaigaikuishinbo/


●ちゃんと建てようよ~

”中国では普通だけど、日本では普通じゃないな~”
と思うものはたくさんあります。
その中の一つがこれ!
143

建てっぱなしの建物。


これは、建物を建てている主人がさらに
工事を続けるためのお金が足りなくなり、
途中で建物を建てるのを放棄してしまっているのです。
日本では考えられないけど、中国にはよくあります。

たぶん予定通りに進まぬ工事。
計画した以上にいろいろなお金がかかる計画不足。
などなど、
建てたいけど建てれなくなる理由はここ中国なら
たくさんあるはず。
御愁傷様です。 あはは


●カップルはつらいよ in China 

お~れが、いたんじゃ 嫁にはいけぬ~ 
わかあっちゃいるんだ、いもおとよ~ ♪

って日本では寅さんの”男はつらいよ”ですけど、
ここ中国では。。。
”カップルはつらいよ”ですな~

珠海に来たので当然愛妻と海へ行ってお散歩!
すると。。。 
まーまー中国ではカップルがイチャイチャするような場所では
いろいろな人たちが寄ってきます。
→結婚して3年目なのに”カップル”って言うのも
 少し恥ずかしいな~ あはは

No.1 デジカメおやじ!
  珠海の海辺はマカオ側の夜景と珠海側の夜景の
  両方が見れる眺めのいい場所
  すると、カップル達は記念写真を撮りたい→商売になる!
  ということで、おやじ達が”すぐ写真ができるよ~!”
  などの売り文句で
  記念撮影を進めてきます。 
  →僕ちゃんらは自分達でカメラ持ってきてるから
    いらないっちゅうの!

No.2 物乞い!
  人の多いところでは、必ず現れる”物乞い”の人々。
  特にカップルは最高のターゲットなんです。
  これから関係を深めていこうとしている異性の前で
  年寄りなどに冷たい対応をする姿は見せづらい物です。
  →人の揚げ足を取るような、そんな物乞いたちは
    非常に腹が立つ! 
    どけどけ! って感じです。

No.3 花売りのガキども!
  これもうっとうしい!
  カップルがいれば、男が女に”お花”をあげたくなるもの!
  中国は非常に便利ですね~
  カップルが多く集まるような場所では、
  お花売りのガキどもがいるので
  わざわざ買いに行かなくてもいいんです。
  しかし、うっとおしい。。。

私らが浜辺を歩いていると、カップルに成り立て!と
言わんばかりのカップルが
キスをする寸前!っていう状況だったのを
ぼっーと私は見ていたのですが、
キスする寸前に花売りのガキがその男女の間に
割って入り”お花どうぞ~”
だって。 あはは
しかし、彼女の前でガキを殴るわけにも行かないし。。。
可哀想に。。。 あのカップルの男に同情します。 
(ご臨終、ちーん)

物乞いのじじぃ・ばばぁやデジカメおやじ達は
さすがにあの状況を割って商売するほど
”ヤボ”ではありませんが、
ある意味、”もの心”ついていない花売りのガキ”は
一番厄介かもしれません。

今回は、中国のカップルは、
”邪魔者”が多くて大変ですね。 

っていうお話でした。






メルマガ(第143話) カップルはつらいよ in China





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



え?うそ?! 夜なのに。。。

2007.05.11(13:28)

夜遅くのメルマガ発行になります。。。
いや~しっかし、迷惑メール! 頭にきますね~
本当に迷惑なメールが多い!!
ここ中国に住んでいるって言うのに、
何で迷惑メールは国境をまたいで
飛んでくるのだろう。。。

”あなたの近所に引っ越してきました” 
なんて言う女性が書いたと思わせるような
メールが飛んできます。 ははは

私が実家の千葉に住んでいる時なら、
”ころっ”と騙されちゃうかもしれませんが、
あのね。。。 
現在私はシンセンの片田舎、ナンリン村に
住んでいるんですけど。。。
ってツッコミを入れたくなります。

本当に私の住むこの”ナンリン村”に
引っ越してくる日本の独身女性が
いたら、逆にものすごく興味あります。
飯の一つでもおごって、いろいろと聞いてみたいです。 
あはは
→まーそんな事あるはずがないか。。。

あと、私の昔の彼女の姓で、”空気浣腸” 
っていうタイトルのメールが飛んできます。 
→頼むから、そんなビックリさせる心臓に悪い
 タイトルのメールは飛ばさないで。。。

ん~、これって迷惑メールに困っているっていうか、
楽しんでないか? あはは


●え?うそ?! 夜なのに。。。 

すとっぷ・ざ・し~ずん・いん・ざ・さ~ん 
こころ、うるおしてくれ~♪

いや~、こんな感じでチューブの歌を
ついつい口ずさんでしまう季節になりました。
ん? 何言ってんの? まだ5月だよ?
そうです、いいんです!
だって、ここ沖縄より南に位置する
中国南部シンセンでは、もう夏真っ盛りです。
まだ夜は涼しいけど、昼間は暑いですよ~
5/1から近くの村経営の公園では、
”プール開き”しました。

愛妻も”プールに行こうね!”なんて言ってます。

さてさて、夏になると思い出してしまうこの一件。。。
日本人からすると非常に不思議な一件です。

ここ中国南部では、普通 ”海水浴=夜”なんです。

以前お話した 中国人は日焼けが嫌いって内容です。

参考サイト 
(第87話) ヤセ<デブ、白髪<ハゲ、黒<白 ???

”まさか。。。 いくら日焼けするのが嫌だからって
何も夜海水浴しなくたって。。。。”
と私は思いましたが、奥さんに言われるがまま以前、
本当に夜海水浴しに行きました。
→正直”もしかして、海水浴に来ているのは
 私らだけなのでは?”と思った。

結果は。。。
夜なのに結構海水浴に来ている人がいました!

まーここシンセンの昼間は確かに日差しが強く、
昼間海水浴に行たら一日で日焼けして、
皮がぺろぺろむけるのは確かだけど。。。

中国人の”日焼け嫌い”のレベルは想像以上だ! 
ということが分かった一件でした。

結局夜海水浴したけど、海の水が冷たすぎて
すぐに泳ぐのをやめちゃいました。 ははは

興味がある人は夜、海水浴に行ってみてください。 
(嫌か。。。)

今回は、夏真っ盛りなシンセンより海水浴に
まつわるお話でした。




メルマガ(第142話) え?うそ?! 夜なのに。。。





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



すごーい、列ができてる! でも。。。 

2007.05.05(13:15)

今日、ゴールデンウィークで中国へ遊びに来た
友達の”おっちゃん”が日本へ帰国しました。
よって、今日香港国際空港へ”おっちゃん”を
送りに行きました。

そう中国では年に3回”ゴールデンウィーク”が
あるってこと知ってます??

・5/1のメーデーの週
・10/1の中国建国記念日の週
・1月下旬あたりの”旧正月”

の3回を”黄金周(ゴールデンウィーク)”と呼びます。

いや~しかし友達っていいですね~
昨晩は恒例の爆笑トークで大盛り上がり。
笑いすぎで腹筋をたっぷり使いました。 あはは


●すごーい、列ができてる! でも。。。 

香港からシンセンの片田舎・私の住むナンリン村へ
帰るときの出来事です。
国境を越えてシンセン駅からバスで家へ帰るのですが、

あれれ?? 

バス停でバスを待つ人たちが、
列を作って並んでいるではないですか!
思わず声に出しそうでした。

”すごーい! 列ができてる!!”

あまり中国を知らない人からすれば、
”何当たり前のことを言ってんだ!”と
思うかもしれませんが、これってすごいことなんですよ。

普段このバス停は、バス停付近で人々が適当に立ち、
バスが着たらウジャウジャと
バスの乗り口に群がり”割り込み合戦”開始!
って言うのがいつものパターンなのに
昨日もそうだったけど今日も人々が
列を作っているのです。
これってものすごい”よい変化”だと思い感心してしまいました。

そうです、ここ中国は来年”北京オリンピック”を開催し
世界中から注目される国となるのです。

そこで、中国のテレビでは”XXXはしてはいけません!”
みたいな道徳的教育を目的としたテレビ番組などを
放映するようになって来ました。
(私ら日本人からすれば、
 ”そんなの幼稚園生だって知ってるよ!”とツッコミを
 入れたくなる程度のレベルの低い内容です。)

しかし、そう言った努力が報われてきた証拠なのかな? 
と少し感心ました。

しかし。。。

バスが到着し乗ってきた客を降ろし始めたら様子は一変。
(※シンセン駅は、バスの終点のため客を降ろしてから
  一旦休憩しその後客を乗せ始めます)

このバスは”前乗り”のため前のドアに並んでいない
人々が群がり始めたのです。
そしたら列に並んでいる人たちが ”お前ら並べよ!!”
と怒り口調で言い出した。
→そうだ~、いいぞいいぞ!
すると人々の反応は。。。

1、”しかたない。。。”と引き下がる割り込みをしよう
   とした人たち

2、それでも構わず割り込み続ける人たち

3、”え~、並ばなきゃいけないの?”とこれから
   割り込もうとしてたが諦めた人たち

などなど。 いろいろなパターンに分かれました。
すると、バスは休憩に入り、バスの運転手は
バスを降り始めました。

え??? うそ~!

そうです、この馬鹿なバスの運転手は
終点で降りる客を降ろすために開けた後ドアを閉めずに
休憩に入ったのです。 
(つまり後ドアを開けっ放し状態)
すると先ほどの割り込みに失敗した連中がなんと
後ドアからバスに勝手に乗り始めたのです。

まー最終的に、バスの運転手の休憩後、
全員降ろさせられましたが。。。
→それにしてもずうずうしい奴らだ。。。

それから列の人からバスに乗り始めましたが、
それでも割り込む人は結構いました。
当然私は老若男女問わず、割り込もうとする
奴らには割り込ませずバスに乗り込んだとさ。

先ほど言ったようにテレビでいろいろな
”道徳的教育”関連の番組をやるようになっても
何十年とやってきた悪い癖はそう簡単に直せる
とは思いがたいです。

愛妻にも聞きましたが、小学校とかで日本で言う
”道徳”のような授業。
つまり”列を割り込みしてはいけません”とか
”ごみのポイ捨てはいけません”みたいな内容の
教育を受けているにもかかわらず
みんなそれができないのです。 
なぜなのだろう??

まー答えは簡単。
だって子供が学校でそのような授業を受けても、
親や近所の大人がそんな事守ってないんだもん
子供に対し、本質的な教育ができていないのです。
そしてその子が成長し、親となって子供を生み。。。
うーん、長い歴史があるわけですね~

こんな状況であと一年でこれらを完全に治すことが
できるのでしょうかね?
北京オリンピックで中国は世界中に
”大恥”をかかなければいいのですが、
どうでしょうね?

他人事(他国?)ですが、少し心配になった一件でした。




メルマガ(第141話) すごーい、列ができてる! でも。。。



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



ミルタ と スードル

2007.05.01(13:00)

シンセンに帰ってきて2週間が過ぎました。
1ヶ月も日本の快適な生活の後で
いきなり私の住むナンリン村での生活。
ギャップが激しすぎます。

2週間でもう停電2回! 
週一回ペースって事になりますね。

さらに究極にスピードの遅いインターネット。
イライラの連続です。
あ~500円ハゲでも出来たらどうしよう!?

まーそのような最低な事もありますが、
日本からお友達がここ中国へ遊びに来てくれて
ウサ晴らししてどうにかつないでいるって感じの生活です。 
いやーグルメな中学時代のお友達Nくんと一緒の
”香港グルメツアー”は楽しかったです。

※どんなものを食べたか? は私の食いしん坊ブログをご参考ください。
  http://blog.livedoor.jp/kaigaikuishinbo/


●ミルタ と スードル

その”香港グルメツアー”でのエピソードです。
※”グルメツアー”と行ってもガイドさんの後ろに
  ついてくツアーでなく全部Nくんが
  日本で事前調査し自分たちで目的地に行きました。

そこで、チェーン店の牛乳プリン屋に行った時の事です。

漢字だらけのメニューを持ってこられたので、
”英語のメニューをください!”と
言って外国人用のメニューをもらったのですが。。。

”ミルタ”?? 何のこっちゃ??
”何だろう? これって”ミルク”のドイツ語読みか何かかな?”
なんて言ってたのですが、
よくよくメニューを見てみて分かった。

日本語がわかる人が紙かなんかに書いて
それを日本語を知らない業者に頼んで
メニュー作らせたんだろうな~
と言う結論に至りました。

なぜって? だってなんとなく形の近い文字で打ち間違えているのです。

ミルク→ミルタ
ヌードル→スードル
フレンチ→フレンテ

などなど。。。

中国生活おもしろ珍道中140(1)

中国生活おもしろ珍道中140 (2)



大陸でもそうだけど、香港でも 
”多少間違えていても通じりゃOK”という
非常にアバウトな、完璧主義な日本人では考えられない
現象が巷にゴロゴロしてます。

こんなのを見つけると海外旅行も違った意味で
楽しめるかもしれませんね。

今回はくだらん”誤った日本語”で楽しんだと
いうお話でした。 (あ~つまらん内容だ)

みなさん、楽しいGWをお過ごしください。



メルマガ(第140話) ミルタ と スードル



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。