2006年08月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 豪華な鉄板レストラン?(08/30)
  3. あれ、暖かい?(08/25)
  4. マグロ娘のその後(08/22)
  5. 中国の病院(08/20)
  6. ひったくり予防策(08/18)
  7. かっこいい毛?(08/15)
  8. 公安沙汰(08/07)
  9. はずかしい毛 パート2(08/05)
  10. はずかしい毛(08/01)



スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

豪華な鉄板レストラン?

2006.08.30(19:59)

昨日無事インドネシア・ジャカルタから
シンセンに帰ってまいりました。
やっぱり愛妻・愛犬のいるシンセンは落ち着きますね~。

いやー、インドネシア旅行の後半は、
私の胃もたれであまりたくさん食べれなく、
ダラダラのんびりとしていただけだったかな?
(うー残念。 おいしいインドネシア料理を楽しみたかったのに。。。)

でも、お土産でインドネシアのおいしいパンを
たっぷり買って行き
奥さんと一緒にパンに舌鼓!な生活を送っております。

※ちなみに”HOLLAND BAKERY”というお店のパンです。
 →おいしいので、もしインドネシアに行く機会が
  あったら食べてみてください。


●インドネシアの誕生日

そう、金曜日の夜。 
今回の旅行のメインイベントであるAくんの
誕生日パーティーinディスコ!だった。

※Aくん
 私の大親友Eくんの親戚でかつ私の中国留学時代の
 お友達でもあります。

私は当然すでに知っていることなのですが、
皆さんは知らないと思いまして。。。
インドネシアの誕生日は非常に変わっています。

例えば日本では、私の誕生日の時、
友達などが私の誕生日を祝ってくれ
誕生日プレゼントなどをもらったりパーティーを開いてくれたりと
誕生日の本人は
一切出費がありません。 (もらうばかり)
→中国も日本と同じです。

しかし、ここインドネシアはその逆で、
誕生日の本人がパーティーを開き、
友達たちはそれに招待される。 
(つまりパーティーのお金は本人持ち)

つまり
招待される側の友達は、出費一切なし。
(おごってもらうのみ)

よって、私はタダでこの誕生日パーティーに招待され、
飲み食い無料!
やはりお金持ちのお坊ちゃんだけあって、
派手なパーティーだった。
ディスコで一室を借り切り、
飲み物もブランデーやらウィスキーやら。。。
ドンブリ勘定でたぶん日本円で10万円くらい使っていると
思います。

いやーでも楽しかった。


●豪華な鉄板レストラン?

まーびっくりした。 
久しぶりに会った中国語留学時代のルームメートの
Dくんとその奥さんIちゃん(彼女も私の同級生だった)。
みんなで一緒にご飯を食べたのですが、すごかった。。。

豪華な鉄板レストラン!!

何の事だか分かります??

店の名前が、”GOKANA TEPPAN”なんです。
つまり”ごうかなてっぱんレストラン”と言うわけなんです。

中国生活おもしろ珍道中95(1)

中国生活おもしろ珍道中95(2)



インドネシアでは、とにかく日本のものが流行っている!
流行っているのはいいんですが、日本人からすると
大笑いもんなんです。

あと、このレストランと同じ建屋には、
”愛しているレストラン”なんてのもありました。

中国生活おもしろ珍道中95(4)

”愛してるレストラン”

そのネーミングにも驚いたけど、みんなで頼んだラーメンに
味が足りなかったのか?”チリソース”をラーメンに入れる友達も
すごかった。

中国生活おもしろ珍道中95(3)

日本人には絶対できない。。。”ラーメン+チリソース”

そんなこんなの不思議な日本食体験inジャカルタ でした。

では、次から中国のお話です。 また

 


メルマガ(第95話) 豪華な鉄板レストラン?



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



あれ、暖かい?

2006.08.25(19:48)

只今インドネシア・ジャカルタ旅行中で、
ジャカルタの親友Eくんの家にいます。
(無事ジャカルタに着いて楽しんでおります。)

※Eくん=私の中国語留学時代の大親友。
 大親友と言うより弟分って感じの彼。
 インドネシア華僑のボンボン(”親の七光り”)のセミ社長業を
 している私より1回り下の22歳の男の子です。

参考記事
 インドネシア出張報告


本来インドネシアでの非常にリラックスした生活を
楽しむため事件が起こらなければメルマガを
発行するつもりはなかったのですが、
事件は起きてしまった。。。
→よってなつかしの電話回線でインドネシアより
 メルマ発行いたします。


●ほかほか弁当の新メニュー??

Eくんと将来の話や今後のビジネスの話をした。
昔Eくんの店を開いていた場所の土地の開発が
進み近くが観光名所になるらしく、
Eくんは、
”あの場所でピザハットとかのフランチャイズ・ビジネスを
 したら儲かると思う。”
と言ってた。

そうです、インドネシアにもいろいろな
フランチャイズ・ビジネスが入っている。
マクドナルド・ピザハットなどのほか、
日本からも”ほかほか弁当”が入り込んでいる。

※インドネシアの”ほか弁”は、日本のように弁当を
 売るのみでなくファミレスなんです。

そこで、昨日お昼ご飯を”ほか弁”で食べたのですが、
Eくんが
”そうそう、ビーフの新メニューがあるんだ!”というので
それを頼んでみたのですが。。。

”ただのハンバーグやんけ~!!”

そうです、インドネシアの”ほか弁”新メニューとは、
ハンバーグでした。あはは



●あれ、暖かい? 

昨晩は、いつもの日課のごとくある店でビールパーティー。 
みんなでさんざんビールを飲んだ。
(インドネシアに来るとすることがかなりパターン化しているので。。。)

この店と言うのは、スナックと言うほど立派な物では
ありませんが、薄暗い店内にディスコのように
ガンガン音楽をかけて、アルコールを勧めてくる
おねーちゃんたちがいる店なのですが、
楽しいこと好きなインドネシアのおねーちゃん達は、

自分たちも
一緒にお酒を飲んじゃうし、音楽に合わせてガンガンに踊る。

私もこのノリが大好きで思いっきり楽しんでしまうのですが、
私らのテーブルについてた
おねーちゃんの一人が疲れたらしく私の太ももの上で寝始めた。
私は、”こういう”お水”の商売どの国でも大変だな~”と
思いながら、そのおねーちゃんが寝ているのを邪魔しないよう、
じーっと座っていました。

すると。。。 ”あれ? なんか太ももが暖かい? なぜだ・・・”

わーお、このねーちゃん私の短パンの上でゲロはいてる~!!!

まさかとは思いましたが、最低です。
このおねーちゃんが、
干しエビの入った何かを食べたんだな~というのまで
よく分かってしまいました。
(食事中の人がいたらごめんなさい)

今まで何度もインドネシアに遊びに来ましたが、
必ず規模はそれぞれですが何か事件が起きます。

ひどかったのは、

・バス炎上

・木刀男が登場して車を叩かれる

・椎間板ヘルニアになる


などです。
まー今回の
ねーちゃんに自分の短パンの上でゲロ吐かれた
というのは小さな事件か。。。

今回の旅の最大のイベント 
”誕生日パーティー IN ディスコ” を今晩に控え
ワクワクしている今日この頃です。

では、また

中国生活おもしろ珍道中94(1)

8/17はインドネシアの建国記念日でした。 
中国生活おもしろ珍道中94(2)

インドネシアの風景(南国だね~)


メルマガ(第94話) あれ、暖かい?





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



マグロ娘のその後

2006.08.22(19:39)

明日ついにインドネシア旅行へ出発です!
わーい!!

この前愛妻がジャスコで買った”お風呂の泡ブク”を
たてるやつを使いよく西洋人がお風呂に入る時に
やる”泡ブクだらけのお風呂”に最近入っています。

中国でコレをする人は極めて稀だと思います。
基本的に中国の人は、シャワーのみで
湯船につかる習慣がないのです。
しかし、私(日本人)のこだわりで、マイホームに風呂桶を入れるよう
リフォームしているので、我が家は風呂桶があり、
愛妻もこの”湯船につかる”という
習慣が結構お気に入りなんです。
→愛妻は、中国で言う”セレブ”な生活なのでしょうか?

※この”セレブ”という単語! 
 中国に住んで7年の私はずっと”セフレ”と勘違いしてました。
 インターネットで”セレブ”という単語を見ては、
 ”うわーHな事言ってるな~”と毎回勘違いしてました。
 →前回日本に帰国して初めてこの2つの違いが分かりました。 あはは
 (”セフレ(セックスフレンド)”→”セレブ” だいぶ違うやんけ~!!)


●マグロ娘のその後

新しくメルマガ読者になった方は、この”マグロ娘”の事を知らないかもしれませんが、、、

参考記事
 マグロ娘など老郷(ラオシャン)


簡単に説明すると、この”マグロ娘”とは、
究極に無口な愛妻の故郷からシンセンに
職探しに来た少女の事です。 

今ではこの”マグロ娘”!
故郷の両親のところへ1000元(約14000円)も
仕送りをしたそうです。
→たとえ”マグロ”でも”子が両親を養う”という
 中国の美徳を実践しているわけです。
 正直私は”マグロ”を見直しました。

しかし、ある日私の愛妻が非常に恐ろしい発言をしてきました。
”そろそろマグロの新しい職探し(もっと条件のよい職を探す)を
 しようかな?”。。。
私はすかさず。。。
”いかーん!! そんなおせっかいはするな~!!!!”
愛妻にとくとくと説明いたしました。

”もしマグロが条件のよい仕事を探せても、私らは何か得する??”
”職を探せなかったら、故郷の人から悪口は言われるだろうし、
 家に居候するだろうし。。。
 損するだけで得することがまったくない!!”

そうです。 マグロの職探しパート2なんて。。。
”勝ちは儲けなし、負けは支払うという
 条件が最低のギャンブルと同じ!”
ということを説明し愛妻は思いとどめてくれました。

そんなある日愛妻が故郷のお友達(実業家の恋人なんです)と
チャットをしていた時の会話です。


友) ”恋人と喧嘩した”

妻) ”ん? どんな理由で?”

友) ”故郷から仕事探しに来た友達を家に居候させてたの、
    そしたら恋人に何で俺よりも友達ばかりに
    優しくするんだ!!と言って怒ってたの。”

妻) ”あはは、私も。。。” (マグロの職探しの件を説明)

友) ”恋人が、もし私に家を買ってあげたら友達と
    一日中家にいて外に出なくなるんじゃないの?
    と言ってた。”


ん。。。 まるで、この恋人や私が悪者?のように聞こえる会話。。。

私はわけがわからなくなりました。
何でも友達の居候は、何人も何人も入れ替わり立ち代りで、
長いと1ヶ月くらい居候するそうです。
私はその友達の恋人に非常に同情しました。

中国では、この”老郷(ラオシャン:同じ故郷の人)”に対し
日本人が想像を絶するくらいの世話を
してあげます。 

故郷が同じというだけで
”1ヶ月タダ飯の上げ膳据え膳。 一銭も取らずに滞在させる。”
家族や親族なら理解できますが、同じ故郷と言うだけで
”無料で養う”なんて。。。
しかし招待する側もされる側も、”当たり前”とキョトンとしている。
→私は、タダ飯で滞在し”ありがとう”の一言も言わない
 (”当たり前だ!”と思っている)彼らに
 非常に腹が立ちます。

昔の”同じ釜の飯を食う”と言った共産主義の悪い癖が
いまだに根強く残っているのです。
→資本主義の私ら日本人からは考えられない事です。

つまり
”自分が貧乏、まったく仕事をしなくてもみんなに助けてもらう。”
という考え方です。
都市部ではバリバリの資本主義になってきていますが、
農村などの田舎ではまだまだ遅れている
わけなのです。 

中国を理解するには、この”老郷”の強い絆を理解できなければ、
多くを理解する事は不可能でしょう。。。

では、また


メルマガ(第93話) マグロ娘のその後 




    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



中国の病院

2006.08.20(19:14)

インドネシア旅行が迫っていますが、
ついに本日私の指は抜糸いたしました。

祝) 抜糸 !!!

やったー!!!
今巻いている包帯は2・3日後に取っていいとの事です。
→つまりぎりぎりインドネシア旅行時は
包帯なしで行ける事になりました。

中国生活おもしろ珍道中(1)

抜糸前(中指4針、薬指3針)

中国生活おもしろ珍道中92(2)

抜糸後

今回この”包丁女”に出会ってから、
村の”ナンリン医院”にお世話になり始めました。
まず当日、パックリ切れた指を見て医者が
”縫わなきゃダメ!”と判断し
手術室で傷のある中指と薬指に局所麻酔し、
傷口を縫いました。

このとき私の指を縫った女医さん
(新人っぽい若い子だった)。。。
私の指に糸を通すのはいいんだけど、
ポジションが悪いのか? 私の指の中で
糸を右に動かしたり、左に動かしたりと
キコキコ動かしているではありませんか。。。
→この時、私はバイオリンの気持ち が良く分かりました。 とほほ

それからは、2日に一回、消毒&新しい包帯を
巻きなおす。という単純作業をするため、
1日おきに病院に行ってました。
そして、今回めでたく抜糸ということになりました。

と、ここまでの内容ならば、日本にもある
”普通に怪我した人が、通院してる”
と言う感じですが、中国の病院ではそんな中に
いろいろな出来事が。。。


●中国の病院

私はもう、中国の病院には慣れたので、
何てことないのですが、
みなさんはあまりご存じないかと思いましたので、
このタイトルで。。。

まず私は日本にいたとき、”臨床検査技師”という
病院で検査をする仕事をしていました
(国家資格を持ってますよ)ので、基礎医学も勉強したし、
日本の病院でトータル5年働いていたので、
普通の人よりは医学や病院についての
知識があります。

その私から見て、今回お世話になった”ナンリン医院”の評価は、
”基本は押さえているかな!”と思います。

しかし、私が昔住んでいた広州の某大学病院、
話に聞いた元同僚がいた
ハルビンの病院などは、すごい物があった。。。
その例を挙げます。

1、不衛生。
 コレは信じられなかった。 
 院内感染とかを注意しなければならない病院が
 汚いなんて。。。 ま、問題は患者のマナーなんだけど、
 病院サイドはきれいに掃除しなければいけない義務も
 あると思う。。。

 例)待合室の廊下に落ちたタバコの吸殻、
   痰の吐き捨て、
   血のついた綿などのポイ捨て。。。

2、感染性ゴミと一般ゴミの分別なし
 コレも日本で医学を勉強した私からしたら、
 信じられない物があった。
 一般的に、血液や尿などの体液が付着したゴミは、
 ”感染性ゴミ”として一般ゴミ(紙くずなど)とは
 分別する(高圧高温で焼却するなど処理法が違うため)のですが、
 全部一緒のゴミ箱に入れている。 
 まー一般の人は知らないだろうから、
 病院の人がそれを分かるように表示をつけたりするのが
 普通ですが、そんな事は一切なし。 
 では、ゴミをどう処理しているのだろうか???
  
3、注射器を使いまわし
 こんなのは言語道断!! エイズに感染したらどうすんねん!!!
 →都市部の病院は大丈夫だと思いますが、
  片田舎だとこんなのが、いまだにあるみたいです。
  (私は聞いただけですが。。。)


これらは、かなり重度な問題です。
こんな病院もあるのでもし中国の病院に行く場合は
注意してみてください。

さて、今回私の行った”ナンリン医院”は、
上記3点の問題が存在しない私の評価の高い(?)
病院なのですが、中国にある”普通の病院の問題”を持っています。
(日本人だと問題と思いますが、中国ではコレが普通のようです。)
いい機会なので、お伝えします。

4、診察室のドアはオープン。 
 まず、これは信じられませんね。 
 普通日本だと、ドアの閉められた診察室から
 看護婦さんが出てきて
 ”XXさ~ん、どうぞ!”
 と呼ばれてから診察室に入ります。 (当たり前か。。。)
 しかし、中国にはそんな看護婦はいません。 
 さらに診察室のドアは開けっ放しで
 まったく関係ない人からも丸見えなんです。
 だから他の患者が頭から血をダラダラ流しているのも丸見え!

5、診察の順番は列を奪い合いながら。
 上記の続きですが、診察室のドアがオープンと言うことは、
 患者たちは”私を先に診察して!!”と
 言う心理が働き医者の机のそばに群がります。
 そして自然と医者が診察する机から列が出来ます。
 もう、この時点でも信じられないと思いますが、
 さらにすごいことに中国特有の
 ”列の割り込み”が病院の診察室でも存在します。
 
6、(病院の)会計の列も奪い合いながら。
 診察室で患者たちが診察順番を競い合い列の
 割り込み合戦をするのだから、当然ですが、
 診察費や薬代を払う会計の場所でも列を割り込みあうわけです。

※さすがに病院では怪我してたり病気の人たちの集まり
 なので列の割り込みは
 巷での列の割り込みに比べ迫力に欠けます。
 しかし、列を割り込まれないようがんばらねばいけないので、
 病気になってる余裕はありません! 
 (あれ? でも病院だよね。。。)

今日も会計前で割り込もうとしていたおっさんがいたので、
ボーンと私の腕で押したという些細な事件があった。

お) ”何すんだよ!” 
   →何すんだよじゃないよまったく。。。

私) ”並べよ!”

結局、私が押す前にレシートを窓口に出してたおっさんの
処理を病院側のアホそうな会計のにーちゃんは、
先にしてました。
(注意しなければならない側も、まったく注意しない! 
 どうしょうもないです)
本当、ここ中国では”列の割り込み”と言う行為が
当たり前になってる。
日本人の”列の割り込み”に対する罪悪感を”100”としたら、
中国では、たぶん”1”以下 だと思うくらいです。 
いつになったら直るのか。。。

→よってもし読者で中国の病院に行く必要がある場合は、
 必ず元気な人に付き添ってもらう事をおススメします。 
(多かれ少なかれ割り込み合戦なので。。。)

まあ、ここまでは今までの経験から知っていたのですが、
今回もうひとつビックリしたのは、

7、まったく同じ治療なのに治療費の値段が違う。

 私は一日おきに”消毒&包帯交換”をしたのですが、
 このまったく同じ治療をしているにもかかわらず
 日によって治療費が違いました。
 一番安かった日が、14元(約200円くらい)
 一番高かった日が、21元(約300円強)

中国生活おもしろ珍道中92(3)

料金の違う領収書。

普通の日本人なら、
”なーんだどっちにしろ安いんだからいいじゃん!”と思うでしょうが、
ここは、中国! 私の愛妻は、”たかーい!!”と言ってました。
ちなみに私がよく夜食で食べる”肉なし焼きビーフン”は、3元(約40円強)!

今回の”消毒&包帯交換”という単純作業が、”焼きビーフン”で換算すると
5~7皿分の値段! さらにそれが1日おきにですよ!
はい、それではみなさんご一緒に、 せーの ”たかーい!”

しかもこの高い時と安い時の値段の差は7元! ビーフン2皿強分です。
→ うー ヤクザだ! 詐欺罪で訴えてやる! って感じです。

中国の病院事情はこんな感じです。
ま、抜糸が終わったので当分お世話になることはないと思いますが、
もし、読者の皆さんの中で病院に行くことがありましたら、ご参考ください。

では、また


メルマガ(第92話) 中国の病院 



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



ひったくり予防策

2006.08.18(02:12)

うふふ。 本当は9月に予定していたのですが、急遽。。。

来週23日にインドネシアへ行ってきます!!

インドネシアに銀行口座を作りに行こう!と
愛妻が中国へ帰国(9月中旬予定だった)
した後行く予定をしていたのですが、
愛妻が予定より早く帰国したことと、
24日に友達がディスコでパーティーをすると連絡があり
予定を繰り上げて、再度インドネシア・ジャカルタに行ってきます。
よーし、ディスコで腰が砕けるまで踊るぞ~!
 (ダイエットも兼ねて。。。)

前回インドネシアに行ってきたとき、
かなり内容の濃い(?)インドネシア
旅行記をメルマガでお送りしましたので、
今回は相当何かがない限りメルマガを
発行する事はないと思います。
→しかしいつもなんかアクシデントがありますが。。。


アクシデントと言えば。。。
いやー、中国は犯罪が多い!
私は7年も住んでいるし、ものすごく運が悪いので、
いろいろな経験をしています。 
(したくない経験ばかりですが。。。)

このまぐまぐで海外生活を取り扱ったメルマガ発行が
多い中、たぶん私が一番すごい経験をしてる!
という自信があります。
(こんなもん、うれしくも何ともないですが。。。)

前回の包丁女の事件といい、
睡眠薬を飲まされた件や、
”下にヤクザが待ってるぞ!”と脅され2人組の男と取っ組み合いなど
命の危険にさらされた経験が何回かあります。
私の周りや聞いた話まで含めるとものすごい数に上ります。
現在では非常に気軽に海外旅行へ行けますが、
注意する必要があることだけは
忘れないでください。

そこで、今回は私の経験が読者の皆さんに少しでも役立てば!
ということで、このタイトルでメルマガを書きます。


●ひったくり予防策

事の発端は、愛妻がシンセンに帰ってきて
実家の両親に電話をしたときの事です。。。
愛妻の母が金のネックレスをひったくられたとの事です。

前回私と一緒に里帰りをしたとき、
愛妻が彼女の母にプレゼントと言うことで、
金のネックレスを上げました。
愛妻の母は、”こんな高価な物要らないよ!”と口では言ってましたが、
かなり喜んでいたのが印象的でした。
しかし、ひったくられるとは。。。

状況を聞いてみると、私が昔携帯電話をひったくられた時と
まったく同じようにひったくられたようです。
(7年の中国生活で私は2回遭遇。 1回は取られたが、
 2度目は奪い返した!)

この方法は、非常にポピュラーな”ひったくり法”のようなので、
ここで紹介し、みなさんが海外でひったくられないよう知識として
知って置いてください。

ズバリ 
”オートバイ2人組の徐行運転”です。
一人は当然オートバイを運転しますが、
後ろに乗ってるもう一人がひったくるのです

まずは目標を決め、標的になる奴のところへゆっくり徐行します。
そして後ろに乗っている奴が、標的から貴重品をひったくるわけです。
ひったくった後はオートバイのスピードを上げて逃げるわけです。

最初の徐行は、後ろの人がものをひったくりやすくするために
ゆっくり走るわけです。
(スピードが速すぎると、しっかりひったくれないわけです)
さらにオートバイに乗っているので、ひったくり終わってから逃走しやすい。
(追いかけたことがあるけど、相手はオートバイなので当然追いつけない。。。)

大体イメージはつきましたでしょうか?

私自身、この方法で2回狙われたので、
さすがに注意するようになりました。
昔海外旅行のガイドブックに
”ひったくりの被害にあわないためにXXX側を歩くように”
(XXX側は建物側か道路側か?どっちだか忘れた)と
いった様な記載があったのを思い出しましたが、
そんなの関係ありません。

この徐行オートバイは、歩道でもズカズカ上がってくるので、
どっち側に寄っていても
同様に危険です。

対策としては、
・貴重品を他人の見えるところに飾らない。
・徐行オートバイが近づいたら遠ざかること。
の方が効果的だと思います。

貴重品をぶら下げながら歩けるのは、日本だけ!
くらいに思っている方が正解かもしれません。

包丁女に左手を切られ(中指4針、薬指3針の計7針)、
私の体で針を通していないのは、
右足のみとなってしまったとある日本人よりの
防犯メルマガでした。

ちなみに右手、左手、左足、鎖骨(前側)、背中(後側)に
現在縫い跡があります。
→まるで、ブラックジャックだ。。。

では、また


メルマガ(第91話) ひったくり予防策





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



かっこいい毛?

2006.08.15(13:51)


●”毛”シリーズ (3)

ご無沙汰しております。
小泉総理の靖国神社参拝、イギリスでのテロ未遂など
いろいろな事件が起きておりますが、
私はと言いますと。。。

親友”おっちゃん”の中国訪問
愛妻の帰国、香港の高級ホテルでだらだら
ナンリン医院での包帯交換

と言った感じでいろいろとありました。
(規模が小さい。 あはは)
ようやく落ち着いてメルマガを書けるようになりました。


まずは、”おっちゃん”滞在時のことから。。。


●かっこいい毛?

”毛”シリーズ最終章です。
今回”おっちゃん”が中国に滞在した目的は2つあります。

1、焼きビーフンを食べる。 
 (インターネットのチャット中私が焼きビーフンにマヨネーズをつけて
  食べている姿を見たら、無性に食べたくなったとか?)

2、散髪。


この散髪なのですが、”おっちゃん”は、

中国の”ピントウ(平頭)”
いうヘアースタイルが非常に気に入ってしまったのです。

この”ピントウ(平頭)” って知ってます?
平らな頭→頭のてっぺんを平らに切るスポーツ刈り の事です。

決して私はコレをかっこいいとは思わないのですが、”おっちゃん”は
とても気に入っており、中国に来ると毎回この”ピントウ(平頭)”に
髪の毛を切ります。

コレが以外に中国では流行っているのです。。。

そう、まさにこの”ピントウ(平頭)”は、
中国の軍人さんのヘアースタイルで
中国の女の子も
”有精神(キリリとした、筋が通ってるみたいな意味)”
言って褒めたたえます。

軍事国家でない日本には理解に苦しむところがありますが、
中国では、軍人はいろいろと優遇されています。

最近お世話になっている”ナンリン医院”でも
”軍人、老人、妊婦専用窓口”なんてあります。
高速道路も、”軍・警察専用ゲート”
などなど

軍人は他と比べてかなり優遇されており、
軍人と結婚したい女の人も
多いようです。
(愛妻は昔軍人と結婚したかったそうです。。。)

ファッションセンスのある都市部ではないですが、
私の住むナンリン村では、
軍人にあこがれた(?)にーちゃんたちがよく
”ピントウ(平頭)” & ”アーミールックの服” を着ています。
日本で育った現代っ子の私から見ると 
”ダサ~イ” としか思えませんが、
中国ではこれでよいのでしょう。。。

さすがの短髪好きの”おっちゃん”も
”アーミールックの服”は着れないでしょう。

(教訓)
中国では、軍人がモテる!

中国生活おもしろ珍道中90

おっちゃんの”ピントウ(平頭)”です。 てっぺん平らです。。。
かっこいいですか??

では、また


メルマガ(第90話) かっこいい毛?



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



公安沙汰

2006.08.07(13:35)

大事件が起きてしまいました。
あ~、生きててよかった。

本題以外のイベントとして、
8/11に愛妻帰国! (香港で涙の再会です。)
8/5~6 と8/9~10 ”おっちゃん”中国に来る。
タイ旅行に一緒に行ったおっちゃんは、
中国経由でバンコクに行きます。
そこで、おっちゃん中国滞在中は、旅のお供です。


 ということで、私は”おっちゃん”とあってきたので、
その珍道中をネタにしてメルマガを書く予定でしたが、
ものすごい事件が起きてしまった ので
予定を変更して。。。


●公安沙汰

はい、日本では”警察沙汰”と言いますが、
ここ中国は”警察”⇒”公安”なので、
このように”公安沙汰”と言うのでしょうね~

それは、おっちゃんをバンコク行きの飛行機に
乗るためマカオ国際空港へ送りに行った
帰りのシンセン駅のバス停(106号線)での出来事でした。

バスに客がぞろぞろと乗りはじめましたが。
私はすでに席に座れてごきげん!
(ここらへんまでは、いつもの何でもない生活と同じでした。)
窓の外側を見ながらボーッとしていると、
乗ってるく客で女同士で口喧嘩していた。
”あ~、女同士の喧嘩かいな~ うっとうしい!”と思いながら、
無視して窓の外を眺めていた。

不運なことにその口喧嘩している女の一人は、私の後ろ
もう一人は私の前に座り、口喧嘩したふたりの女は私を挟むように
すわったのでした。
(いや~な、女のサンドイッチ状態になってました。)


激しく怒鳴り散らしよだれを私の短パンに飛ばす後ろの女

隣の夫に止められながらも激しく応戦する前の女

おまけに私の席の隣に関係ない女まで座ってきた。 (関係ないか。。。)


私は、”あーうんざりじゃ!”と女どもを気にせず
窓の外を覗いていた。
私は一切後ろを振り返らず窓側か前を見ていたのですが、
何か少し様子が変わってきた。
私の横に座る”関係ない女”をはじめ、
周りの客がさーっと席を開け始めた。

私は、
”何で女同士の喧嘩ぐらいで席をどくの?! この席は僕ちゃんの!”
とばかりに意地でも私は席をどかないでいました。

すると。。。

私の右側に 

”なが~い、包丁が一本!”

(後で分かりましたが、刃渡り40cmでした。)

そうです。 私の後ろの女が包丁を出していたのです。
⇒そりゃ、周りの人はさーっと引くわな!

そこで、私はとっさにその包丁を跳ね除けようとした。
その時、後ろの包丁女は包丁を引き、私の指はザックリ。

その後、包丁女の横に座っていた男が、女を説得。
そんな事をしている矢先に公安登場!

公安が包丁女の包丁を取り上げ、関係者はみんな
バスを降りる事に。。。

そのバスは、当然発車せず、私の座っていた付近は
私のO型の血液がボタボタ。
バスを降りるとたくさんの野次馬。
私の前に座っていた女は、
公安に
”この人(僕ちゃん)が助けてくれなかったら
私は、殺されていたかもしれない!”
と説明。

野次馬連中の中では、私は”英雄”になってしまい、
知らんおねーちゃん が、ボタボタ血を流す私の手を見て
バンドエードをくれた。

公安のにーちゃんは、”はい、身分証出して!”
私が日本人パスポートを出すと、
”あれ? 日本人なの?”とビックリ。

その後関係者は公安局へ。。。
(私はパスポート取られたし、行かないわけにはいかなかった。。。)

公安局では、事情聴取!
いろいろと細かいことを聞かれた。。。
しっかし、この時も事情聴取する時の人が若い女の子
(ショートカットで可愛い子だった。)

何でも、この包丁女は、田舎から出稼ぎに出てきた16歳の女で
職に就けずにいた。
広州でレイプされかけた事から、
護身用に包丁を携帯していたそうです。
公安の人は、
”この子は少し精神的に病んでいる”と言ってた。

この刃渡り40cmの包丁は、
中国の銃刀法違反にあたり所有してるだけで
牢屋に行かされるレベルだそうだが、包丁女は16歳なので、
”注意”のレベルで処理されるらしいです。

私は、指を切られたけど、特に文句も言わずに前に座っていた女と
そのダンナと共に公安を出ようとした矢先、包丁女が
”なんでお前が先に帰るのだー!”と前の女の髪の毛を後ろから
わしづかみ!
さっきのショートカットの事情聴取のねーちゃんが止めに入った。
(かわいいけど、すごいな~この子!)

そして前の女夫妻に家までタクシーで送ってもらいましたが、
私の手を消毒しないといけないと思い、いつもの診療所へ!

すると診療所の先生(女医さんです)は、
”こんなにパックリ切れてるのは
消毒だけじゃダメ! 縫わないと!”と
いうことで、村一番の”ナンリン医院”へ

”ナンリン医院”では、案の定”縫いましょ!”ということで、
手術室へ。。。
ちなみに、私の指を縫ったのも若い細身の女医さん

私は愛妻のいない独身生活中に、、、


1)包丁女

2)前の席に座った女

3)私の横に座った関係ない女

4)バンドエードくれた見ず知らずの女

5)ショートカットの事情聴取の公安女

6)いつもの診療所の女医さん

7)指を縫った細身の女医さん


バラエティーに富んだものすごい女運。。。 
(最低です。。。)

こんな女運は、いらないから早く愛妻に会いたいよ~

教訓!
”中国の包丁は、よく切れる!”
じゃなくて。。。

”争いごとがあったらすぐにその場から離れましょう!”

それでは、また

あとがき1)
  考えれば私は、包丁女が包丁を振り回している時も
  ボーっと椅子に座っていたのか。。。 と思うと
  ”よく命落とさなかったな~”と思いました。
   (私も本当にアホです。。。)

あとがき2)
  愛妻が心配するといけないのでこの事件は愛妻に
  秘密にしてます。

中国生活おもしろ珍道中blood

公安局事情聴取時撮影。

中国生活おもしろ珍道中blood2

手術後の包帯と止血したちり紙


メルマガ(号外) 公安沙汰



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



はずかしい毛 パート2

2006.08.05(13:21)

●”毛”シリーズ (2)

ご無沙汰しております。
日本も梅雨が明け暑い日々が始まっているようですが、
いかがお過ごしですか?
私の住むここシンセンは、沖縄より南!
ずっと前から暑い日々が続いていましたが、最近は
台風の影響で強い風がビュンビュンと怖いです。
朝起きると外に干していた靴がベランダ内であっちゃこっちゃ!
強い風で飛ばされたあげくあちらこちらに散らばっておりました。
⇒”怖い~” と思いつつも、 
 ”こんな感じにディスコでめちゃめちゃになって踊りたいな~”
 とディスコを思い出すわけのわからない自分もいます。。。


●愛妻急遽帰国??

数日前の愛妻とのチャットです。
(今は便利な世の中ですね。 昔言ってた
 ”テレビ電話”をインターネット代だけで出来る
 時代なんですから。。。 毎日のように愛妻とチャットしてます)

いつもと違いまったく笑顔がありませんでした。
話を聞いてみると、ものすごいホームシックにかかってました。


1)日本の文化を理解する。

2)日本語のシャワーを毎日浴びて特訓をする。

3)私の妹の子供たちと仲良くなる。


などの思いをこめて、
愛妻に3ヶ月(ビザで最大に滞在できる期間)
日本滞在するよう言い渡したのですが、
やはり24歳の女の子。
ホームシックにかかってもしょうがないと思いました。

上記3点の目標もすでに果たしていると思うし、
彼女の気持ちを考えると、、、
ということで、現在飛行機の日程変更のため、
旅行会社の友達に問い合わせ中です。


奥) ”日本滞在最後に浅草に行こうと思うの”

私) ”なんで? 浅草が好きなの?”

奥) ”別に浅草は好きではない。”

私) ”はあ? なんで好きでもないのに浅草に行くの?”

奥) ”だって、浅草はお寺があるでしょ? 
    あつしの健康と未来をお祈りしようと思って”

私) (涙)


こんな会話をしてました。

国は違えど、私たち夫婦はものすごく愛し合ってます。
のろけのようですが、
私は愛妻を粗末にしたら”世界一のバカ”だと思いました。
3ヶ月の独身生活予定でしたが、一人で何をするわけでもない。
愛妻がいないだけで、寂しいだけ!
私も”早く愛妻に会いたい”モードに入ってしまいました。
愛妻が香港に帰ってきたとき、
ロブスターチーズをおごってあげる予定です。

(参考バックナンバー
 34話 ”ロブスターチーズ” )


●はずかしい毛 パート2

前号(88話 ”はずかしい毛”)の感想文メールを
たくさん戴きました。

中には、私の愛犬を気遣った”犬の飼い方”について
メールもありました。
(”きゅうりのQちゃん”など、人間の食べ物は
 犬にとってよくないなど)
⇒私の愛犬、結局きゅうりのQちゃん全部吐いちゃいました。 
 掃除が大変だった。。。
 大変お勉強になりました。 ありがとうございます。

話は戻りますが、

”はずかしい毛”=”女性のわき毛”
かと思った。
という中国通の方からの感想文メールがありました。

そこで、はずかしい毛 パート2! 
”中国人女性のわき毛”

そうですね~
”恥ずかしい毛”⇒女性のワキ毛 も
日本人から見ればもう一つの恥ずかしい毛ですね。
日本人はいつからわき毛を剃るようになったかは分かりませんが、
最低でも私がモノ心つくようになった頃は、すでに剃っていました。
しかし、ここ中国は、いまだに。。。

(参考バックナンバー
 第48話 中国人的ファッション 

などでも取り上げておりますが、
なぜか中国の女性はわき毛を剃らない人が多い!

中国わき毛事情ですが、
都市部の一部の女の子は、わき毛を剃っていますが、
それらの子は中国ではまだ少数派と言えます。

わき毛と経済について考えてみましたが、
日本や香港、欧米諸国など先進国では、
当然わき毛を剃っています。
中国はわき毛を剃りませんが、
その他インドネシアやタイなどの発展途上国の女の子
でも、わき毛を剃っていたので、

”わき毛を剃らない”⇒”自然美を重んじる(?!)”
中国文化の特徴と言えそうです。


昔、工場勤めしていた時、女工さんに 
”ほら、わき毛見えとる。 見えとる!”
と言ったところ、 ”すけべ~” と言われた。
⇒わき毛見られんの恥ずかしいなら、剃れっちゅうねん!

”なんでわき毛剃らないの?” の質問に対し
”普通剃らないもん!” との答えだった。

やはり、”多数派”=”普通” というのは、中国でも一緒だけど、
国際的に見ると 
”中国の普通”=”少数派” 
であることはわかっていないようである。

まだまだ中国は未知の部分が多い。
そう感じた今日この頃でした。

それでは、また


メルマガ(第89話) はずかしい毛 パート2





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



はずかしい毛

2006.08.01(12:45)


●”毛”シリーズ (1)

ご無沙汰しております。
愛妻が日本語特訓目的で約3ヶ月日本滞在しているため、
只今私はシンセンで独身生活中です。
愛犬はいますが、やはり寂しいです~
株投資、犬の散歩、自炊。。。 そればかりの日々です。
とほほ
しかしあと一ヶ月強の辛抱です。

そう、日本から持ってきた”イシイのハンバーグ”!
おいしいんだけど、さすがに飽きてきた。。。
(でも愛犬シウちゃんは、バクバク食べますね。)


●はずかしい毛

相変わらずわけのわからないタイトルですが。。。 
(一瞬ドキッとしますが。。。)
昨日香港に出かけた際のシンセン市内の
香港に向かうバスの中でそれは起きました。

よく日本のコメディアンが、
顔におもしろおかしなメイクをしますが、
そんな中で見たことあると思いますが、
ほくろに毛がポヨ~ンと生えたメイク。
(志村けんの”変なおじさん”なんかがまさにそれです。)

中国に出張レベルで来ている人だと
分からないかもしれませんが、ある程度の期間
中国に滞在した事のある人だとわかると思いますが、
このほくろのポヨ~ンとした毛は
確実に中国人です!


これ何でも、ほくろから生えた毛は縁起がいいらしく、
日本人から見ると超はずかしい
このポヨ~ンと伸びた毛を中国の人は抜かないのです。
⇒抜かないどころか、そのままそのはずかしい毛を
 さらに伸ばそうとします

(中国人も千差万別で都会っ子はしないと思いますが、
 年取った人や田舎っぺにはそういう人がよくいます。)


中国生活おもしろ珍道中88

赤矢印のポヨ~ンとした毛


私は中国在住7年以上なので、
当然このポヨ~ンとした毛は何度も見たことが
あるのですが昨日のバスで私の隣に座ったおじさんは、すごかった。

毛が長~い!

その毛の長さは、確実にそこらへんにある
ボールペンより長かったと思う。
⇒想像してみてください。 あの”変なおじさん”メイクの
 ほくろの毛がこの長さです!
 すごいでしょ?!!
あんなに長くのびた毛は、たぶん7年の中国生活で
”最長”だったと思う。
(たぶん、本人はあの毛が自慢なんでしょう。
 ⇒私の理解できない世界だが。。。)

バスに乗っている間、、その”すばらしい(?)”毛
キョロキョロと眺め続けた私は、
いつもより香港への国境までの距離が非常に短く感じました。

しみじみと考えたのですが、あのはずかしいポヨ~ンと伸び毛を
”自ら望んで”のばす。。。
(私なら1万円もらってもあの毛は人前で見せれないな~)

私は、かなり中国人を理解したほうの外国人だと
思うのですが、やはりまだ不思議な部分、
理解に苦しむ部分は、非常に多いということがよく分かりました。

はずかしい毛にまつわる中国文化でした。
では、また


メルマガ(第88話) はずかしい毛 





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。