2006年06月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 弁当ダメ、からしダメ、中華もダメ(06/30)
  3. きれい、やさしい、活気がない(06/26)
  4. 香港ディズニーランド(06/23)
  5. 香港の壁(06/21)
  6. 真味対決(06/17)
  7. ジャパンレールパス(06/16)
  8. 夜食グセ (06/10)
  9. バンコク後遺症(06/08)
  10. バンコク・アラカルト2(06/07)
  11. バンコク・アラカルト1(06/06)
  12. 親日ってええな~(06/05)
  13. タイに行ってきまーす(06/02)



スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

弁当ダメ、からしダメ、中華もダメ

2006.06.30(11:13)

只今長崎のとあるホテルにいます。
そうです。 ジャパンレールパスを使って
日本国内旅行をしております。
(本日が一日目!)

※参考バックナンバー
 ジャパンレールパスについて

いやー、いいですよ、このレールパス!
新幹線のぞみ号以外なら
新幹線の普通車指定席もOK!
”モト取らなければ~” というセコイ根性から
日本の国内旅行は、

長崎→広島→京都&大阪 
と言うルートで回る予定を立てました。

よって、今日は

東京駅
 ↓
(新幹線ひかり)
 ↓
新大阪駅
 ↓
(新幹線ひかり)
 ↓
博多駅
 ↓
(特急かもめ)
 ↓
長崎駅

の流れで8時間電車に乗りっぱなしでした。



●弁当ダメ、からしダメ、中華もダメ

やはり日本と中国の文化の違いは少なくありません。。。
新幹線に乗り続けでお腹が空いた私たちは、
お昼ごはんにお弁当を
食べることに、だが。。。

あ~、お弁当食べられないんだった。。。

そうです。
中国の人は、”冷たいご飯=腹を壊す”と
いう考え方があるので、
日本で言う”お弁当”は、
中国の人にとって”信じられない!”ものなのです。

日本人の私は、当然お弁当を持ってピクニック! 
っていうのは普通ですが
中国の人にとって、冷たいお米を入れた”お弁当”は、
食べられないというより
食べたくない物なのです。

仕方なく、奥さんはサンドイッチを食べることに。。。
(私は”とんかつ弁当!”。。。 おいしかった。)

しかし、あ~何この味。。。

そうです。 サンドイッチの中に入っているマスタードがダメ。
あの本場激辛”マーボー豆腐”をムシャムシャ食べる
中国人の奥さんですが、
サンドイッチのマスタードが耐えられなかったようです。
辛さもポイントが違うとダメなんですね~

満腹感を味わうことなく長崎まで行きました。
申し訳ないと思った私は、さらにダメ押ししてしまった。。。

私らの泊まるホテルは、長崎新地中華街のそば!
中華街で中華を食べることにしましたが、、、、

日本の中華と中国の本場中華は全然違う!と
言うことがよく分かりました。
奥さんは、”五目メン”を頼んでいましたが、、、
”何これ? 何の味もしない。。。”
と言うことで、しょうゆにラー油をもらい
さらにコショウまで入れ一生懸命
味を調えようとする奥さんですが、結局。。。 だめだ。。。

とあきらめてしまいました。

その中華料理屋で結局数千円も払ったのに結局奥さんが
”一番おいしかったのは、牛肉細切りレタス巻きの生レタス!”
だって。。。くー 無念。。。

無理に気を使うより、立ち食いそばとかを
普通に食べていたので
彼女の好み(食べ物)に合わせて
旅を続けていったほうがよさそうです。。。 
とほほ

さあ、この先もどんなことが起こることやら。。。




メルマガ(第82話) 弁当ダメ、からしダメ、中華もダメ

スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



きれい、やさしい、活気がない

2006.06.26(11:01)

無事奥さんと一緒に日本に着きました。
到着した日は、友達の迎えで
空港から渋谷へ”くじら”を食べに、
そして次の日は、”おっちゃん”と再会しサイゼリアでまったり。
夜は私の両親とともに”お刺身オンパレード!”

日本滞在中にも長崎、広島、京都、大阪観光をするスケジュールをたて
なかなかハードスケジュールです。


●きれい、やさしい、活気がない

これ、わかります?
はい、私の奥さんの日本の印象です。

正直言って約1年ぶりに日本に帰国した私も同じ印象です。

1、”きれい”

これは中国に一回でも行ったことのある人は
わかると思います。
成田空港に迎えに来てくれた友達と
渋谷に向かう途中高速のサービスエリアに
降りた時、奥さんがまず
”う~ん、きれい! 中国に帰りたくなくなった。”と
言いました。

ひどい事言うようですが、
私は奥さんに”中国はゴミ箱みたい”といつも言います。
手当たり次第ゴミを道端に捨てる人々。
中国の道端は本当にゴミがいっぱいなので、
私は奥さんによくそう言ってます。
そしていつも”日本に来ればなぜそう思うか分かる!”と
言ってましたが、
奥さんは友達の手前少し大げさに言ったかもしれないが、
確かに”日本はきれい!”
と言うことは認めています。
さらに私の実家は、海のそばでそこには大きな公園が
あるのですが、そこも本当に
ゴミが少ない!
私も日本が非常にきれいな国である事は少し鼻が高いです。


2、”やさしい、活気がない”

中国に住んでいると本当にこう思います。
(非常に不思議なくらいそうです。)

信号のない横断歩道を渡ろうとする時、
車が歩行者である私たちが横切るのを
ずーっと止まって待ってくれます。
”歩行者優先”の日本では当たり前の事ですが、
中国から急にここへ来ると
これは非常に不思議なことだと思います。

中国の場合、”俺のほうが先!”を歩行者も車も
両方が主張し”ゆずる”と言うことを
まったく知らないのか?? と思うくらいの環境なので、
車がわざわざ道を譲るために
止まって待っているのは、非常に不思議な光景です。
(中国で何度も車に引かれそうになったことがある
 中国生活の長い私は、今では穏やか過ぎる??
 日本に逆に違和感を感じてしまいました。)

豊かな国の人は精神的にゆとりがあるのでしょうね。。。

さらに今日ペットの犬を散歩しているおばさんを見て
奥さんがこう言いました。
”犬までなんかやさしい。 でもなんか活気がなくて静か。”

そうです。 中国に住んでいると
”日本は静か過ぎて気持ち悪い!”と思います。
それは人間だけでなく、ペットの犬もそうです。

犬までワンワン吠えずに静かにお散歩。
本当にビックリです。
中国の場合は、人々も活気があってガヤガヤと
うるさいのですが、犬もよく吠えてる。
私の犬(シウモークァイ)もよく子供やデカイ犬に向かって
ワンワン吠えます。 
(子供やデカイ犬によく喧嘩を売ってます。)

日本に着たばかりの私らですが、
すぐにこの2点の差が大きいことに気付きます。


その他の違いだと、
レストランのウェイトレスでオバサンを使っている!
があります。
これは面白い!
高齢化の進む日本では当たり前ですが、
若くてエネルギッシュな中国では非常に
不思議なことです。

店のほうもよくあんなオバサンを雇うよな~ と
思ってもしょうがないと思います。
(中国には若い労働力が掃いて捨てるほどあります。)

さーまだまだ日本ー中国の違いはいっぱいあると思うので
今後どんな事が起きるかウォッチしていきたいと思います。

つづく。。。

(後述)
渋谷センター街を歩いている時、
”あー僕ちゃんはちょっとついていけないかな~?”と
思った矢先、”渋谷の街はどう思う?”と奥さんに聞いたら
”うん、好き!”と言われ
年齢の大きなギャップを感じてしまった
今日この頃の私であります。 とほほ


メルマガ(第81話) きれい、やさしい、活気がない



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



香港ディズニーランド

2006.06.23(21:32)

只今香港の某ホテルにいます。

大事件が起きました!
一昨日の晩、奥さんと香港のとあるフードコートで
夕食を食べていたときの事です。

そこは日本のデパートの最上階にあるような
いろんな料理をいろんなお店から買って
食べることの出来るような場所だったのですが、
そこで私がサーモンのお寿司を買った
のですが、これから日本に約3ヶ月滞在予定の奥さんが
覚悟を決めたのか。。。
”私も食べてみる!” と言ってきた。

そうです。 普通中国人は、
火の通っていない”ナマモノ”は食べません
つまり、日本の刺身やお寿司は、
”生の魚なんて。。。 気持ち悪い!”と言うのが
普通の中国人の反応です。 
奥さんも例外ではなく食べる以前の問題で
”生理的に受け付けない”という状態でしたが、
恐る恐るサーモンを口に運ぶと。。。

”おいし~、 口の中でプリプリ言っててすごくおいし~!”

との事。

”おいしかったらもっと食べてもいいよ!”と言うと、
喜んで食べていた。
(5個入りサーモンの3個を食べちゃった。 
 あれ?僕ちゃんのは??)

今まで奥さんをお寿司屋に連れて行きたくても連れて行けない状況でしたが、
これで奥さんと一緒にお寿司屋に行くことが出来るようになりました。
(う~ん、非常にうれしい事件でした。)


●香港ディズニーランド

さてさて、昨日香港ディズニーランドに行ってきました。
私も香港のディズニーランドは初めてだったので
期待していました。
(奥さんは前回の日本訪問で東京ディズニーランドに
 行った経験を持つ人です。)

まず、香港ディズニーランドに行くためには、
地下鉄トンチュン線のサニーベイ駅で
地下鉄ディズニーリゾート線に乗り換えて行くのですが、
すごい気合の入れよう!
さすが商売上手の香港人! 
このディズニーリゾート線は、窓の形がミッキーの
形にくりぬかれた変わった形の地下鉄。 雰囲気を演出しております。

中国生活おもしろ珍道中80(1)

ディズニーリゾート線の中で


入場料は、私たちの行った平日では
大人295HK$(約4000円強)。
→東京ディズニーランドと違って”入場券”と”フリーパス”などに
 分かれておりませんでした。
このチケットは、中の乗り物乗り放題です。

中国生活おもしろ珍道中80(2)

香港ディズニーランドのチケットです。


東京のそれと同じく”ファーストパス”という並ばないでも
すぐ乗れるサービスもやってましたので、
人気のスペースマウンテンも並ばずに乗れました。
→そうそう、東京のと同じく香港にも
 ”スペースマウンテン”がありましたよ。

でも香港ディズニーランドを回っていて
二人して思った事は、、、

”東京ディズニーランド

のほうがおもしろい。。。”

でした。

香港ディズニーランドは、まだ出来たばかりで、
アトラクションの数は東京のと比較してしまうと
絶対的に少なく、東京ディズニーを経験していると
物足りなさを感じると思います。
(結局ファーストパスなどを使いこなし乗りたいものに
 すぐ乗れるので日の照っているうちに
 帰ってきてしまいました。)

でも、東京ディズニーランドと比較すると、
香港ディズニーランドのほうが、、、

1、レストランは充実している。
 →さすが”食在香港”だけあって中華の店とかもあっていいよ~

2、障害者も楽しめる。
 →車椅子の障害者の客が結構いました。 
   障害者に対する配慮は東京以上!

3、各アトラクションの”立体感”の演出は東京以上!
 →なぜかこのように感じました。 
  3Dシアターや普通のアトラクションでもそう感じた。

4、色濃いチャイニーズがたっぷり。。。


香港ディズニーランドのメインのお客さんは 
やはり大陸のお客さん

園内では、”広東語(地元語)、英語、普通話(中国標準語)”の
3つの言語をベースに運営されていて従業員も
この3つの言語が必ず話せます。
(パレードでこてこての西洋人”不思議の国のアリス”が
 広東語の口パクしていたのは笑った。 あはは)

大陸の人もツアーとかで香港ディズニーランドには
非常に訪れやすくなっています。
ということは。。。

例によってきっつい”大陸オバタリアン”に列を割り込みされました。。。
→ここまで割り込みをしづらい構造に作っている
 ディズニーランドでよく割り込み出来るよな~
”大陸オバタリアン”は、気合の入り方が違う!

(”大陸オバタリアン”を普段見ている私にとって
 ”日本のオバタリアン”なんて可愛いものです!
 ほっぺにチューしてもいいくらい!)

・タバコを吸ってはいけないエリアでタバコは吸っている(多くないけど)し、
・靴脱いでベンチでごろ寝しちゃっているし
(オッサンストッキングはいてた。。。)、
すごく不思議な世界です。

当然東京ディズニーランドにも中国人は来ると思いますが、
東京まで来れる中国人なので、
かなりのお金持ち中国人だと思います。
しかし、ここ香港ディズニーランドは飛行機に乗らず、
簡単に来れるので”色濃い中国人”も
たっぷりいます。
その他、物価がスーパー高い日本の東京ディズニーランドには
行けないけど。。。というような
東南アジアなどの小金持ちの人たちにとっても
この香港ディズニーランドは、来易い場所だと
思いますね。

中国人以外でも”色濃い”人たちが来る事の出来る。 
ある意味この不思議なディズニーランドは、
東京ディズニーランドとは違った側面で面白いかもしれません。

あー、あと一日香港で何しようかな~

では、また

中国生活おもしろ珍道中80(3)

中国生活おもしろ珍道中80(4)

香港ディズニーランドにて。。。



メルマガ(第80話) 香港ディズニーランド



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



香港の壁

2006.06.21(21:15)

只今香港の某ホテルに奥さんと来てます。
いよいよ香港&日本旅行です。
ワクワク!
しかし、ここに来るまでの間。。。


●香港の壁

いやー参った!
ご存知の方も多いと思いますが、
香港は1997年にイギリスから中国に返還され、
”1国2制!”と言われた特別なエリアです。

よって、私の住むシンセン(中国本土側)と
香港の間には、現在では同じ中国ですが、
国境があります。

私のような日本人にとって
”まったくおんなじ国なのになんで国境があんの!めんどくさ~!”
ですが、中国側にとっては非常に重要なものです。

香港は、日本と大差のないほどの所得を持つ
超裕福なエリア
→昔は”月の給料20万円くらい。”と言ったら
 ”ふ~ん”、って言われた。 とほほ

しかし中国大陸では、月の給料が1万円なんてのもありの国。
→月収20万ですと言ったら、
 綺麗な売春婦のおねーさんが寄ってきそうな国です。

このものすごい経済格差があるエリアが
ペッタリと隣り合っているのです。
よって当然その間には、
見えない大きな壁があるわけです。

日本人の私にとって、これは単に面倒くさいだけでありますが、
中国人にとっては切実なものです!というのを
感じた出来事が起こりました。

シンセンから香港に行くには2つの関門を通らないといけないのです。
つまり
1、中国側出国
2、香港側入国
ということです。

当然私は”外国人専用”の列に並び、
奥さんは”中国大陸人専用”に
並ぶわけですが、やはりイミグレだけあって 
ピリッとした緊張感があります。
(私一人の時は、ipod miniを聞きながら
 なんともなく列に並ぶのですが。。。
 やましいことがあるわけではないのですが、
 奥さんと一緒だとピリッとします。)

※大陸の中国人は、普通パスポートのみでは
 香港に入ることが出来ません。
 しかし、香港からどこか外国へ行くための
 飛行機のチケットを持っている場合
 香港に7日間滞在することが出来ます。
 奥さんの場合は、香港⇔成田のEチケットを
 持っているので香港に7日間
 滞在することが可能です。

 ちなみに、単に香港に行くには”通行証”が必要になります。
 (奥さんは発行が面倒なので持っていません。)


~中国側出国にて~

当然私のほうが先にイミグレ通過。 
奥さんを待っていると。。。

あれ~、何か長いこと検査官と話しているな~ と
思ったら呼び止められてしまいました。
心配になってそっちの方に向かい、
”彼女のダンナですけど~”というと、
”あ、大丈夫。”と言って来てすぐに奥さんは解放された。

。。。
奥さんのパスポートは私と結婚する前に作りました。
現在結婚して約1年半。 
”幸せ太り?”のせいか、奥さんは当時と比べ約10kg
太ったため、かなり写真の感じと違います。
中国側出国を終えて、
二人して”やっぱり痩せないとね~ あはは”
言ってました。


~香港側入国にて~

同様に私のほうが先にイミグレ通過。 私は。。。
トイレに駆け込み! (”大”が我慢できなかった。 くー )
スッキリした後、同様に奥さんを待つと
またしても呼び止められ、奥の部屋に連れて行かれる。
同様に検査官の方に行くと、、、


検) ”何?”

私) ”彼女のダンナなんですけど。。。” 
    (発音のよい中国語にて)

検) ”誰のダンナ?” 
    (広東語なまりの下手な中国語にて)

私) ”○○○(奥さんの名前)” 
    (発音のよい中国語にて)

検) ”あー、向うで待ってて” 
    (広東語なまりの。。。)


と笑顔だけどあしらわれた。。。
待っている間は、 
”確かに奥さん太ったからな~ 刑事ドラマのような
 きつい尋問にでもあっていたらどうしよう、
 白でも黒にさせられちゃうし。。。 奥さんがんばれ~!”

などとアホな事を考えていた。

しっかし、遅い。。。

すると一人の検査官が私の方に向かってきて


検) ”もう終わったから、奥さん来るよ”

私) ”あ、そうですか!”

検) ”ごめん (日本語)”

私) 。。。 (なんやコイツ。。。)


そして奥さんが無事帰ってきた。
尋問のようなことはなかったみたいですが、
数人にいろいろなことを聞かれたらしい。


・この日本のビザはどこで取ったの?

・日本には何の目的で行くの?

・このパスポートの写真全然似てないね~

・さっきの彼はダンナ? 日本人には見えないけどね?
 →悪かったな~ アホンダラ!

・さっきの人かなり中国語うまかったけど本当?
 →広東語なまりのおまえらと比べんな! 
   何年焼きビーフン食べてると思ってんだ!

・なんで荷物を持っていないなの? 本当に日本に行くの?
 →ごっつい荷物は私が持っていた。。。


奥さんは以外にケロッとしてました。

でも太ってパスポートの写真と少し違う人に見えるだけで、
ここまで苦労するとは。。。
奥さんは、
”私のパスポートの有効期限は2009年だから
 あと3年はずっとこんなかしら?”
と言ってた。
(あれ? ”日本で絶対痩せる!”って張り切ってたのに。。。 
 その意思ゼロってこと??)

大陸の人が香港に来て働く(違法労働)が多く、
その対策として取締りが激しいのです。
特に大陸の若い娘が働く=売春活動 ということです。
大陸と香港では所得が違うので、
稼ぎがX倍!というわけです。

日本人っぽくない中国語を話すダンナ。
パスポートの写真と似ていない若い小娘。

確かに怪しまれても無理はないか。。。

そんな感じで香港と大陸の間にある大きな壁を感じた出来事でした。

さー、気を取り直して 今晩は奥さんと ルンルン・デートin香港
してこよーっと。

では、また

中国生活おもしろ珍道中79(1)

中国生活おもしろ珍道中79(2)

るんるんデートin香港時に撮影した香港の夜景



メルマガ(第79話) 香港の壁





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



真味対決

2006.06.17(21:09)

日本旅行が控えワクワクしている状態です。
(最近旅行ばかり行ってますが。。。)


●真味対決

中国の”パクリ”は、本当にすごい!
と言うのは、非常に有名なことですが。。。

今回の日本旅行を控え、
日本のお友達からお土産を頼まれていたのですが
それも、
”BLACK EYED PEAS”のCDを買ってきて欲しいとのこと。

”日本にも当然売っていると思うのですが、
 中国のほうが安いから?”


と言う理由かと思ったのですが、違いました。
中国の海賊版は、その海賊版CDを作る人がその人の好みで
この世に存在しない”ベスト版”を作ってしまうのです。

その友達も
”彼女とコンサートに行くんだけど、
 彼女があまり知らないから
 中国の海賊版を聞けば9割ぐらい
 一気に把握できると思って”。。。
という理由でした。

そしてその友達から、この曲とこの曲と。。。が
入ったものが理想!
という指示付でお願いされたのですが、
その指定の曲全てが入ったCDが
見つかりました!

日本に住んでいる方で中国に旅行に来る時に
そのような好きなアーティストの
CDを買うのも楽しい中国の楽しみ方かもしれません。

話は変わって、中国のテレビ番組ですが
当然日本のものをたっぷりとパクっています。
前から知っていたのですが 
料理の鉄人” のパクリ番組

”真味対決”!!

昨日この番組をじっくりと見てみたんですけど、すごい。。。
(日本にないすごさ!)

”料理の鉄人”と同じようにコックさん同士が競い合う!と
いう内容なのですが、
本場中華料理同士での対決は、すごいものがある!!

食材も中国では当たり前だが、
日本では”ゲテモノ”に分類される

豚脳”(つまりブタの脳みそです)なんかを使うし

さらに、栄養に関する専門家見たいのが、
”成人のコレステロール摂取量は一日XXmgですが、
 この豚脳はXXXmgもあるので。。。”
なんてコメントを入れてる。

(私は”誰がブタの脳みそなんか食うか~ アホンダラ!”
 って感じでしたが。。。)

日本では見れないこんな中国版”料理の鉄人”を
見てみるのも面白いもんです。
あはは

では、今回はこの辺で!


メルマガ(第78話) 真味対決 




    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



ジャパンレールパス

2006.06.16(20:50)

ご無沙汰しております。
たぶん皆さんは、ワールドカップで盛り上がっている頃でしょう。
しかし、私は本業(株投資)で、睡眠不足です。
アメリカのマーケットが気になって夜も寝れません。。。

ま、日本にがんばって欲しいものです!



●ジャパンレールパス

ズバリ! 6/24(土)から奥さんと一緒に日本へ行きます!

6/21からシンセンを離れ奥さんとともに香港へ!
(日本へ行く前にまずは香港で遊んできます。)
そして6/24にキャセイで成田へ~

奥さんは今回で2度目の日本なんですが、
前回はほとんど私の知り合いに顔見世目的で
行ったようなものなので、
実質今回が初めてみたいなものです。
よって、第一週は、
奥さん連れで日本のいろいろなところを
旅して回る予定です。

さらに、私は7/11にシンセンに帰ってくるのですが、
奥さんは、9/10に帰ってきます。
→そうです、奥さんは日本語を勉強したので日本にわざと
長く滞在する予定を組んでいます。

奥さん(中国人)の視点で見る現在の日本がどんな感じか?
現在の中国との比較を交えて、文化の違いなどを
またしてもこのメルマガでレポートしますので、乞うご期待!

と、またまた前置きが長くなりましたが。。。

みなさん”ジャパンレールパス”って知ってますか??
外国人専用のJR電車乗り放題のチケットなんです!

なんでも新幹線”のぞみ”以外ならほとんどのJRの電車が
乗り放題! (新幹線、特急もOK
さーいくらだと思います???

普通車ならば 7日間乗り放題で 大人28300円

新幹線も乗れるんだから、安いよね~。
(よーし、モト取るぞ~)

さらにさらに
日本人でも、

・外国に永住権を持っている。

・日本国外に居住する外国人と

 結婚している。


のどちらかの条件を満たせば、日本国籍の人でも買えるんです。

私の場合、後者に該当するので私の分と合わせて
この前香港に行った時、2枚チケット買っちゃいました!
(厳密に言うと”引換券”です。)

この引換券は、海外でしか扱っておらず、私の場合
香港JTBのシェラトン店で購入可能でした。
(JTBのおねーさん、色っぽかった! うふふ)

ま、こんな感じで海外から日本に行く時にも
便利なものがあるんです! という紹介と日本旅行予告でした。

→このジャパンレールパスの使い心地も含めてレポートします。


※ジャパンレールパスの詳細
http://www.japanrailpass.net/ja/ja001.html


では、また


メルマガ(第77話) ジャパンレールパス 



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



夜食グセ 

2006.06.10(20:38)

あかん、あかん!
最近強く思うのですが、私が死ぬ時は絶対に成人病で死ぬと思います。
なぜって? そうです。
”夜食グセ”がついてしまったからです。。。


●おっちゃん

まいった、前号の”バンコク後遺症”のメルマガを出した後、
おっちゃんから。。。

”ナプキンだけじゃないよ!。
ちなみに、ANA、JAL共、救命胴衣が1個ずつあるで。”

だって、さすがに師匠は違うな~ あはは
(でもどうやって”救命胴衣”まで貰って行くんだろう???)
→さらに”救命胴衣”を何に使うつもりなんだろう???


●夜食グセ

話は戻って。。。

バンコクへ旅行に行っていた時は、
”旅なんだし。。。”と自分にいいわけしてましたが、
バンコクから帰ってきた今でも
この”夜食グセ”が直りません。。。

タダでさえ中華は、油っぽくて寿命が縮まりやすい
食事なのにそれも
毎晩0:00以降にお腹が空いて眠れない
体になってしまいました。

日本と違ってここ中国は24時間やってる
コンビニなどは都市部ではありますが、
私の住むド田舎ナンリン村には、当然ありません。
しかし、便利なことに”夜食”をターゲットにした
簡単な出店はチラホラ。。。

たぶん、中国に出張とかで来る日本人の人は、
”なんでコイツラこんなに遅くまで外で遊んでいるんだ~” とか
”昼間ちゃんと仕事しているのか?こいつら。。。”
などと思ったことがあると思います。

そうです。
中国は”夜食天国”なのです!

この前なんか、3:00でも眠れず、
お腹は”くーくー”言ってます。
さすがに、私の住むマンションの前の
おやじの店は出てないだろうな~
と思い窓の外を覗きますが、、、 (あ、まだやってる。。。)

と言うこととで、いつもの

”肉なし焼きビーフン 

(3元:約45円)”


買いに行ったとさ。


私) ”おやじ~、 最近ヤバイと思う。 
    いつも夜お腹が空いて眠れない!”

お) ”お腹が空いて眠れないと、6時になったって眠れない! 
    食べたほうがいいのじゃ~”

( くー商売上手なおやじだ。。。 )

最近の生活で、私が顔を合わせる多い順に言うと

1位 奥さん (まーそうだろうね~)
2位 シウモークァイ (私の愛犬)
3位 出店の焼きビーフンおやじ!

と言う感じで、このおやじ第3位に食い込む人になってきた。
(僕ちゃん無職の投資家なので、こうなんです。。。)

時期に控える日本旅行で約3週間中国を離れるんですが、

I miss ”焼きビーフンおやじ”

になっちゃったらどうしよう。。。

でもこの”肉なし焼きビーフン” 3元ととても安いのですが
ガラスープの素(鶏精:チーチンと言います)が効いてて
おいしいんだな~ これ!

I miss ”肉なし焼きビーフン”

は確定的でしょう。。。


あー、でも寿命を長くするために、運動せねば!
と強く思う今日この頃でした。


メルマガ(第76話) 夜食グセ



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



バンコク後遺症

2006.06.08(16:03)

昨晩無事シンセンに帰ってまいりました。
いやー、シンセンもバンコクに負けず暑い!
まだ、バンコク旅行の余韻を残しつつこんなタイトルで。。。
(マッサージのコリ返しに悩まされている
 私の状況を説明するのにぴったり!)


●やっはり反日の中国?

シンセンに帰ってきたのは、23:00くらいでした。
うれしいことに私の愛妻も起きていて
”おかえり~”とやさしい一言。 だが。。。

私は、バンコクで買ってきた
”スーパートップ ワンパック洗濯機一回分”と
書かれた日本語Tシャツを着ていたのですが、

”こんなの着てると反日デモの時に狙われちゃうよ!” と

奥さんのきっついジョークが。。。 
(ジョークじゃないかも??)

普通日本人は日本語の書かれたTシャツは着ないのですが、
なぜ反日デモでターゲットにされるのか???

ま、あまり深い意味はなく言ったのでしょうが、
超”親日”のタイから超”反日”の中国へ戻ってきた事が
一瞬にしてわかった
奥さんの一言でした。


●おみやげ~

旅行に行く前から、
”おみやげは、自分の欲しい物のほうがいいだろうから
買わないで来るからね!(シンセンで好きなものを買ってあげる)”と
奥さんに言って出かけたので、
おみやげはないのですが。。。

”おっちゃん”と街をぶらぶらしている時、
二人してトイレに行きたくなった。
まー、ご存知に通り海外でトイレに行きたくなったら
一番よい手段は、適当なホテルに入ってトイレを借りる! 
ですが、私らは偶然
5つ星ホテルのシェラトンホテルでトイレを借りた。

まーお上品だ事! 5つ星ホテルは違いますな~

トイレを終えて、手を洗うのですが。。。

”すばらしい、ハンカチ!”

紙の手拭でなく、お上品なハンカチが何枚も置いてあった。。。

(中国で生活するようになってから、ハンカチなんて使ったことなかった。)

→言うまでもなく、この使い捨てにはもったいないハンカチ2枚が
 お土産になりました。。。

中国生活おもしろ珍道中75

豪華なハンカチだ~

(当然、”おっちゃん”もハンカチを持って行ってた。。。)

※この”おっちゃん”は、私の師匠でもあります。
 (もっとすごい!)
 昔なんか、JALのトイレに備え付けの
 ”ナプキン”まで持って帰っちゃうんです。

”JALのはよーとれるで~”とか言ってた。
(使ったんかな~??)


つい、あほな事を思い出してしまったので、メルマガにしちゃいました。
(くだらなくてスイマセン。)

無事にシンセンに着いたご報告でした。

※次回からはもう少しマジメな内容にします。 (反省)

では、また


メルマガ(第75話) バンコク後遺症





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



バンコク・アラカルト2

2006.06.07(15:54)

只今タイ王国・バンコクのとあるホテルにおります。
バンコクの思い出をまとめてみました! パート2。


●キャメルクラッチ!

バンコク滞在中は、毎日マッサージに行きましたね~
・タイ古式マッサージ
・オイルマッサージ
などなどですが、私は”タイ古式マッサージ”が大好き!

中国に住む私はたぶん普通の日本に住む日本人の
10倍くらいマッサージをしていると思います。
(中国もマッサージの安い国なので。。。)

しかし、中国でマッサージする時でも
普通”中国式か?タイ式か?”と聞かれるくらい
タイのマッサージは有名です。

タイのマッサージは中国のマッサージに比べ
ストレッチ(体を伸ばす)系のマッサージが多いです。
そう、よく首とか背中とかをコリコリ鳴らすマッサージは、
このタイ式マッサージです。
(たぶんストレッチの延長なのでしょう。。。)

タイ滞在中は、キャメルクラッチ(プロレスの技)みたいのを
ずーっと食らう生活でした。

あ~気持ちいい!

料金は、チップ込みの値段で500バーツくらい(約1500円)で
2時間たっぷり!
→これって中国より少し高いですが、本場タイマッサージだし。。。
と財布の紐を緩めっぱなしでした。
(日本の人から見たら驚くほど安いのでしょうが。。。)


●日本製中華料理inバンコク

私は中国に住もうと思った理由のひとつに
”中国料理が好き!”という
理由があるのですが、
本場の”中華”と日本の”中華”は全然違います。

私は、元々日本の”中華”が好きだったわけですが、
本場”中華”ばかり食べていて
ちょうど”日本の中華が恋しいな~”と思っていた矢先。。。

まさかここバンコクで日本製中華を堪能できるだなんて。。。

と思った。

事の始めは”おっちゃん”が連れて行ってくれた、
サラデーン駅の
日本人街と呼ばれる”タニヤ通り”にある”桃太郎!”という
日本製中華が食べれる店なのですが、、、
(日本で言う”単なるらーめん屋”です。)

中国生活おもしろ珍道中74(1)

おいしい日本製中華の店

う~ん、おいしい!!

野菜炒めに焼きギョウザとビール!!

中国に日本で言うモヤシとかが入った
あの”野菜炒め”は食べれません。
(日本料理屋では食べれると思いますが。。。)

それがえらい気に入ってしまったので、
一人になったときも
ビールを飲みたいな~と思ったら足は
その”桃太郎”に向かっていました。

タイもしくは海外に住んでいる日本料理を
あまり食べる機会のない日本人の方が
もしバンコクに遊びに来る事がありましたら、ここは
お勧めです!


●最後に

なんか、今回の旅は”期待すると期待はずれで、期待していないところで
ものすごくよかった!”ばかりの旅でした。

私は、タイマッサージとパッタイ(タイ式焼きそば)が食べれれば今回の
旅は満足! くらいな気持ちで行ったので、大満足でした。

”親日”の国って非常に気分いいですよ!
バンコクの地下鉄は、日本の協力で完成したらしく、その感謝の気持ちをこめて
地下鉄の各駅にその感謝文が貼り付けてあります。

中国生活おもしろ珍道中74(2)

各地下鉄の駅に貼られている感謝状

人も愛嬌があり、美人な女の人も多い! うふふ
(きれいなおかまさんも多いが。。。)

しかし、一番この旅で楽しかったのは、
友人である”おっちゃん”に会えた事です。

”おっちゃん”はかなりの頻度でタイに遊びに来る
(なんでも散髪が目的だって。あはは)ので、
今後は出来る限りそれにお供したいと思います!
(タイの株式投資も始めようかな??)

あ~バンコク旅行、楽しかった!


メルマガ(第74話) バンコク・アラカルト2





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



バンコク・アラカルト1

2006.06.06(15:42)

只今タイ王国・バンコクのとあるホテルにおります。
バンコクの思い出をまとめてみました!


●サワディカップ コーヒーカップ

ご存知の方もいるかと思いますが、
”サワディカップ”とは、タイ語で
”こんにちわ”の意味です。
私は全然タイ語が話せませんが、
今回の旅のお供をする友人の
通称”おっちゃん”はカタコトのタイ語が話せます。

やはり2人して思うのは、
タイ語ってかわいらしい~!です。

どのように表現してよいか分かりませんが、
だら~っと伸ばして発音するのですが、
それがゆったりとした感じに聞こえます。
(悪い言い方をすると、少しアホっぽい感じというか。。。)
それがなんかすごーく落ち着きます。

例えば、”Nana(ナナ)”という地名があるのですが、それを
スカイトレインのアナウンスも”ナ~ナ~”って感じに発音します。

言葉を聴いているだけで、癒される
非常にリラックスするには、最高の国です。


●私負けそう~

”おっちゃん”とニューハーフショーに行ってきました。
きれいな”おかまさん”が出てくるのは、当たり前だと思うので
二人して”ごっついブサイク”なおかまさんが出てくるのを
非常に期待して行きました。
(コントみたいなのがあると聞いていたので。。。)

しかし、全然期待はずれ!
つまり、きれいな人ばかり!
(笑いを取るような部分もあったけど、ブサイクさが足りない!)

ショーは、さすがにすごかったですね。
おかまさんたちは、どのようなしぐさが色っぽいか?をよく研究
しているのでしょう。
確かに男心をくすぐられました。(おっと危ない危ない!)

あと、このショーのお客さんは、日本人と中国人がほとんどでした。
しかも”おっちゃん”のとなりの4人組は、
日本人のオバハン達でした。

きれいなおかまさんが出演するたびに
いや~ん、私負けそう~”とか、オバハンたちは言ってたそうです。
→その言葉が聞こえるたび”おっちゃん”は
”負けそう~じゃない!負けてる!”
 心の中でツッコミ続けていました。

しかし、このニューハーフショーの後遺症なのか?
ショーを見終わった後は、街中でも化粧の濃い人を見ると
必ず股間を見て”モッコリしてないか?”を確認するクセが
身についてしまいました。。。

中国生活おもしろ珍道中73

女性は何人いるでしょうか?




●時間よ止まれ

びっくりした!
タイでは18:00に時間が止まります!

何でも18:00に国歌が公共施設で流れます。
私たちはスカイトレインの駅にいたのですが、
なんか音楽が流れているな~
と思ったら誰も動かず、じーっとしています。

後で”おっちゃん”に聞いたらタイ国民はみんな18:00の時間になると
ピタッと止まりタイの国歌を聞きながら黙祷?のような感じで
お祈りしているみたいです。

この時間にトイレでウンチしている人は、どうなってんだろう?
などとくだらないことを考えていたのは、私だけでしょうか?

私も”おっちゃん”もそれに合わせてピタッと止まっておきました。

いろいろと不思議なことがあるものです。。。
(続く)


メルマガ(第73話) バンコク・アラカルト1





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



親日ってええな~

2006.06.05(15:26)

只今タイ王国・バンコクのとあるホテルにおります。
バンコクは、やはり南国! あっついです!



●親日ってええな~

中国では、
”反日”的な人が多い(ある意味教育がそうなんでしょう。。。)
ですが、ここタイは非常に”親日的”です。

何でも昔何かで日本がタイを救ったことが
あるらしくタイの人は非常に日本に対して
いい印象があるようです。

あとタイの人はすごく愛嬌がありますね~
かわいい女の子は当然、”ええな~”と思うけど、
ブサイクな子も愛嬌があるので
非常に気分がいいです。
(。。。発想がもう、オッサンです。。。)

なぜこの”親日ってええな~”というタイトルにしたかと言うと、
昨日バンコクの”渋谷”と言わんばかりの
若者の街”サヤーム”というところで
強く ”親日” を感じたからです。

バンコクの交通手段は、バスやタクシー以外に

・スカイトレイン (地上を走る電車。通称”BTS”)
・地下鉄 (2004年に完成したそうです。)

の2つがあり、始めてくる外国人観光客も
利用しやすく非常に便利です。

このスカイトレインは、
スクンビット線とシローム線の2本があり、
この”サヤーム駅”は
これらがちょうどクロスする乗換駅でかつ
バンコク最大の繁華街のひとつです。

この旅行をする前、日課である
”Yahoo動画ニュース”を見ていた時偶然やっていた
”タイにオープンした話題のメイドカフェ~!”と言う
バンコクのニュースを見ました。


日本の人は、”メイドカフェ”という単語を
知っていると思いますが、中国に住んでいる
私は、当然行ったことも聞いたこともありませんでした。

しかもそのメイドカフェの店の名前は。。。

”AKIBA”(アキバ) !


このお店がバンコクのサヤームにあるわけです。
なんでもオーナーのタイ人が日本の秋葉原で
メイドカフェに行ってとても気に入った
らしく、そこでバンコクにて初のメイドカフェをオープンしたそうです。

前置きが長くなりましたが、
コテコテのメイド服を期待して行きましたが、
私らが行った時は、フツーの喫茶店に
日本のアニメキャラクターのグッズが
売っているくらいで思いっきり期待はずれでした。。。
(何でもイベントのあるときにメイドの格好をするらしいです。)

中国生活おもしろ珍道中72(1)

”AKIBA”は、ココ!

別に私は、そのような趣味があるわけではないですが、
日本人である私にとって”海外で日本を感じる”事が出来るのは
非常に心地のよいことです。

その他日本語プリントのTシャツを買ったり、オイルマッサージに行ったりと
バンコクを満喫しております。

中国生活おもしろ珍道中72(2)
中国生活おもしろ珍道中72(3)

日本語プリントTシャツ! (裏は使用法。。。) あはは


”親日サイコー、バンコク大好き!”って感じです。

続く。。。


メルマガ(第72話) 親日ってええな~ 






    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



タイに行ってきまーす

2006.06.02(15:13)

只今香港のとあるホテルにおります。
なぜって?? はい、タイトルの通りでございます。。。


●タイに行ってきまーす

つい最近、中国国内旅行を終えたばかりで
かつ日本旅行が控えているのに。。。
しかし、行ってまいります。 タイはバンコク!!

事のきっかけは、タイのアクション映画!
中国のカンフー映画などでは普通、
主人公の恋人や家族など愛する人を
誘拐されたり殺されたりなど嫌なことをされて
その復讐のため主人公が
悪者を成敗する~!
って言うのが普通のパターンですが。。。

この私の見たタイのアクション映画は、、、

愛する象
(ぞーさん、ぞーさんお~鼻が長いのね~の象さんです。) 

をさらわれ、それを救出するという変わった映画だった。。。

タイは、タイ式キックボクシング ”ムエタイ” でも
有名なだけあってカンフーならぬムエタイで
悪者をバッタバッタとやっつけるあたりは
非常にいいのですが、
ヒロイン(?!)の象はパオーンパオーン

見終わった後、非常に不思議な気持ちになりました。

それと同時に、私の頭の中に ”タイ” という単語が残りました。

ここシンセンで会社勤めしていた時
一度だけタイに行ったことがあるのですが、
2泊3日(実質48時間も居れなかった。。。)の旅だったので、
今回は少しゆっくり見てきたいと思います。

ちょうど、私の海外旅行好きの友達(通称”おっちゃん”)が
6/3~5までバンコクに行く予定があるので、
その時に合わせてタイに行こうと決めました。

よって、”バンコクおもしろ珍道中”を後ほど
現地よりお送りする予定です。
乞うご期待!

タイ・バンコク旅行の予告編的なメルマガでした。

では、また


メルマガ(第71話) タイに行ってきまーす




    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。