2006年04月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. げーげー小僧とイチャイチャカップル (04/29)
  3. 立つって気持ちいい~(04/28)
  4. 中国国内旅行!(04/26)
  5. 中国は自由?不自由?(04/24)
  6. デラックスバーガー(04/22)
  7. ギャンブル大将とスイート (04/17)
  8. 中国人的ファッション(04/15)
  9. 夏バテ(04/13)
  10. うるさ~い!(04/10)
  11. スカウト??(04/08)
  12. 海外のディスコ(04/06)
  13. インドネシア・アラカルト(04/04)
  14. 職在インドネシア(04/03)
  15. 食いしん坊ばんざい in インドネシア(04/01)



スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

げーげー小僧とイチャイチャカップル 

2006.04.29(21:50)

只今愛妻と中国国内旅行中でーす。
よって中国のいろいろな場所から
このメルマガを発行しますので乞うご期待!


~(3日目)只今、河南省省都の鄭州市の某ホテルにいます。~


●げーげー小僧とイチャイチャカップル

本日ホテルで朝食を取った後、

早速”嵩山少林寺”へ向かいました。

そうです。 小学生の時見たリー・リン・チェイ
(今はジェット・リーと呼びますね)出演の
映画『少林寺』を見て以来、
”いつかは少林寺に行くぞ!”と決めていました。
中国に住むこと約7年にして始めて少林寺に行くと
言うことで期待に胸膨らませていた。

先に感想を言いますが、想像していたより
観光スポット化されていました。”
大きくて、意外に綺麗で、敷地内の少林寺武術館での
カンフーの出し物もよかったし
ま、期待ははずさなかったかな?


しかし、この旅行を不愉快にする、 
このタイトルの連中は、まったく。。。
少林寺へ向かうバスでの出来事です。

・げーげー小僧
私らの斜め前に座る親子なのですが、
ガキがバスに乗るや否や”げーげー”吐きまくり。
するとこの”げーげー小僧”のおばあちゃんが、
この小僧に対して何をするかと思ったら、
手のツボを押し始めた。

お~そうな~ ここ中国は”東洋医学発祥の地”

”おばあちゃん、やるね~!”と思った。

そして、このげーげー小僧は、、、
(1分もしないうちにまた げーげー。。。)

参ったのが、バスはお昼の時間になり客を飯屋に運ぶ。
そうです。 お昼ごはんです。
私と奥さんは、ひどい乾燥と暑さにやられ食欲を失い、
昼食はキャンセル。

昼食も終わりまたバスへ。。。 まさか。。。

このげーげー小僧、たっぷり食べたのか知らないけど、
以前よりさらにすごい勢いで”げーげー”

吐くならそんなに食うなよ、アホ!

しかし最低でした。
バスに乗っている間、このげーげー小僧のお父さんが、
ゲロを入れたパンの袋みたいなのを
持っていたのですが、それをどうするか?
バスに乗っている間ずっと気になって仕方がなかったです。
(中国では、ゴミをそこいらに捨てる事に対して
 まったく罪悪感を感じない人が多いので。。。)


・イチャイチャカップル
ある意味、やつらはこのげーげー小僧よりもっとすごいかも。。。

私らの前に座るカップルなのですが、すごいイチャイチャぶり。

ここ中国は日本と違い”他人の目が気になるから。。。”的思想は
ないに等しいのですが、
こいつらのイチャイチャ振りは気合が入っていた。

私と奥さんの前で堂々とイチャイチャ。
抱きつくは、キスしまくるは、、、 
まだここまでなら百歩譲って”普通”と言うけど、
このカップルの横は、さっきの”げーげー小僧”です。
横で、ずーっと吐き続けているのにキスしまくってる。。。

中国のカップルは気合の入り方が違いますね~。


まー、こんな感じで
げーげー小僧とイチャイチャカップルにしてやられた
少林寺訪問でした。
でも、これもいい思い出です。


少林寺での記念撮影~!
中国生活おもしろ珍道中54(1)

行って参りました”嵩山少林寺”!

中国生活おもしろ珍道中54(2)

”塔林”というお坊さんのお墓。

中国生活おもしろ珍道中54(3)

おちゃらけ写真1

中国生活おもしろ珍道中54(4)

おちゃらけ写真2

中国生活おもしろ珍道中54(5)

おちゃらけ写真3


続く。。。


メルマガ(第54話) ゲーゲー小僧とイチャイチャカップル


スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



立つって気持ちいい~

2006.04.28(21:48)

只今愛妻と中国国内旅行中でーす。
よって中国のいろいろな場所から
このメルマガを発行しますので乞うご期待!


~(2日目)只今、河南省省都の鄭州市の
       某ホテルにいます。~


●立つって気持ちいい~

女性の読者が増えたばかりだと言うのに、
何ともお下品なタイトル。。。
→誤解しないでくださいね。 
 中国の鉄道のお話です。。。

そうです。 昨日中国南部最大の都市 
広州から電車に乗る事17時間!
ようやくここ愛妻の故郷 
河南省の省都 鄭州(中国語読みで”チェンチョウ”)に
つきました。

中国生活おもしろ珍道中53(1)

(広東省広州市・広州駅)  
    ↓
 (17時間後)
    ↓
中国生活おもしろ珍道中53(2)

(河南省鄭州市・鄭州駅)


ホテルに着いてまず二人がしたことは。。。

”お風呂と歯磨き!”

今はゆったりバスローブでメルマガを書く
優雅な状態になりましたが、その前は最悪でした。

中国の電車は、大きく4ランクあります。


1、硬座 (硬い椅子) 
  →これで17時間なんて死ぬと思ったのでパス!

2、軟座 (軟らかい椅子) 
  →これでも17時間では、お尻が可哀想なのでパス!

3、硬臥 (硬いベット)  
  →これならいけそうかな? ということで、
   このランクのチケットを購入

4、軟臥 (軟らかいベット) 
  →これだと値段がごっつい高いのでパス!

ということで、”硬臥”ランクの車両で”広州→鄭州(17時間)”の列車の旅となったわけです。

この”硬臥”は、3段のベットが一列なのですが、
これもランクがあり

1、一番下のベット (これが一番値段が高い) 
  →知らん人が勝手にベットに座ってくるのでパス!

2、真ん中のベット (これは2番目に高い)

3、一番上のベット (一番安い) 
  →このチケットを購入


というわけです。

中国生活おもしろ珍道中53(3)

こんな感じの3段ベッド!

で、私たちの一番上のベッドは。。。。
中国生活おもしろ珍道中53(4)

 こんな感じで、 せまい!

背筋を伸ばす方法はタダひとつ! (”ねっころがる”のみ)

よって、この17時間は、

トイレ・たばこ・メシの3つの行動以外はずっと、


仰向けに寝る か うつ伏せに寝る
の2つの行動パターンしかありません。

表になったり、裏になったりの繰り返しで、 
”お好み焼き”の気持ちがよくわかりました。

今朝ようやく鄭州駅に到着し、
立ち上がって歩くのですが、

”立つって気持ちいい~ ” と言うわけです。

まーでも、椅子で17時間なんて耐えられないと
思うので、もし皆さんが
中国国内を列車で旅行する場合は、
この”硬臥”で、お好み焼き体験することを
お勧めいたします。

(飛行機ならば、高いけど当然もっと快適です。)
→愛妻の ”無駄使いしちゃダメ!”の一言で、
 列車旅行となりました。

さー、これからどんな旅行になることやら。。。

乞うご期待!

では、また


メルマガ(第53話) 立つって気持ちいい~




    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



中国国内旅行!

2006.04.26(21:34)

奥さんが只今髪を切りに行っています。
旅行前で張り切っているためです。。。


●中国国内旅行! 

以前から予告しておりました中国国内旅行です!
電車のチケットが取れなかったため、
予定を早めて明日出発予定です。

さらに、長いこと家を空けるのが
少し怖くなってきたので少し早めに帰ってきます。

(予定表)
・1~2日目 (4/27~28)  
  列車で移動 広州駅→鄭州駅 (河南省)
  →電車で、カップラーメン生活かな~??

・2~5日目 (4/28~5/1) 
  鄭州に滞在
  →念願の”少林寺”へ行く。 
    頭を思い切って剃っちゃおうかな? あはは

・5~11日目 (5/1~7) 
  奥さんの実家へ移動
  →田舎でのんびーりします。 
  (この頃外に出るとGWで高いし。。。 あはは)

・11~12日目 (5/7~8) 
  奥さんの実家から南京へ移動 (電車)
  →結構長いこと電車に乗るらしい、
   お尻の形が崩れちゃうよ~

・12~13日目 (5/8~9) 
  南京に滞在
  →何しようかな~ 南京豆でも食べるか。。。

・13~15日目 (5/9~11) 
  上海に滞在
  →上海がどのくらい栄えているか? 
    この目で確かめてきます!

・15~16日目 (5/11~12) 
  上海→黄山 へ移動 (電車)
  →またえらい長いこと電車に乗る。。。 お尻が。。。

・16~18日目 (5/12~14) 
  黄山(アンホイ省)に滞在
  →この”黄山”は、中国で
   ”この山に来たら他の山には行かなくてよい”と
   言われるほどの山らしい。 どんなもんか見てきます!

・18~19日目 (5/14~15) 
  黄山→北京 へ移動 (電車)
  →お尻が。。。

・19~21日目 (5/15~17) 
  首都 北京に滞在
  →北京の観光名所を見て回ってきます。

・21~22日目 (5/17~18) 
  北京→シンセン へ移動 (たぶん電車)


以前の予定より短くしたつもりなんですが、
それでも22日間か。。。 長い!

”太郎くん(私のノートパソコンのこと)”を旅行に持って行くので、
インターネットがつながる環境にあれば、
旅行記をメルマガで送りますので
乞うご期待!

う~ん、ホームページと旅行の予定を紹介しただけの
内容の薄いメルマガでした。
次回(旅行先)から気合を入れますので、勘弁してください!

では、また


メルマガ(第52話) 中国国内旅行!



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



中国は自由?不自由?

2006.04.24(21:25)

一昨日から昨日にかけて奥さんと
珠海へ小旅行に行ってきました。

世間では、日本と韓国で”竹島”をめぐって
非常に緊張していた状態ですが、、、
私も旅行先で奥さんと緊張していた状態だった
(つまり喧嘩です)。。。
しかし、日本と韓国が一時的に和解したのと同様、
私らも仲直りしました。
(犬も食べないしね~ 、あ、
今家の愛犬はそんなこと気にせずぐったりしてる。。。)

でも、この竹島問題。
中国で政治関連の掲示板(インターネット)では、
ほぼ100%韓国を支持している。
→本当にわかりやすい国だ。

たぶん中国で”あなたの嫌いな国は?”と
いうアンケートを取ったら、

1位 アメリカ
2位 日本

は絶対ダントツだと思います。
そんな国で住んでる僕ちゃんって。。。


●中国は自由? 不自由??

この前奥さんとの会話で感じたことです。。。
”今の中国は自由なのだろうか? 
 それとも自由がないのであろうか???”

→う~ん、我ながら知的なテーマだ。


そうですね、今の中国ではまず、
報道の自由がありません。
全て政府により規制されております。

つまり、
政府が”やばい!”と思った部分は全て
カットされてしまいます。

例を挙げると、、、
・昨年のシンセンを初め各大都市で
 行われた”反日デモ”
 →これは一切中国のテレビで
  見ることはできませんでした。 
  だから多くの人は知らないのです。。。

・歴史的大事件”天安門事件”!
 (北京の天安門に民主化を主張する
  学生たちが座り込み、政府は。。。)
 →これもほとんどの中国人が知りません。 
 奥さんも私と結婚した年(去年)初めて知ったわけです。

・台湾での独立のためのデモや行進など
 →当然知りません。
  (こんなのテレビで流したら即戦争になっちゃうかも。。。)
  私の見るYahoo,動画ニュースを奥さんに見せたら、
  ”あ~、こんな事が起きてるの??? 
   でも元々台湾は中国なのに。。。”
  とちょっと不機嫌でした。

・前見た戦争のドキュメンタリー番組。
 →元日本兵の日本人のおっさんが
  ”中国に対して申し訳ないことをした。。。”
  などと言う部分は
  報道されていたけど、さらにその続きを言おうとしたところで、
  強引にカットされていた。
  (たぶん、中国国民に聞かれたらまずい部分なんだったと思う。。。)

言論の自由がある香港のニュース番組を
”中国”でも見ることができるのですが、
しょっちゅう途中で強引にカットされていることがあります。 

でもそんな風にしたら、
中国の人は偏った情報しか入らないではないか。。。と
思うのですが、
政府がそれをこの2006年の現在でも行っているのです。

ある意味、
”大日本帝国”時代の日本のやり方と同じなのでは? 
と思い 非常に怖いです。

しかし、香港や台湾は現在の中国にとって
政治的・経済的に問題視している地域であるにもかかわらず
それらのバラエティー番組(日本のパクリっぽい番組が多い)や
歌手の歌などは、中国でも大ヒット!

受け入れるものは、ガンガンに受け入れているから
ここ中国の”よいものは何でも吸収する”という
吸収力はものすごいものがあると思う。

(多い日でも安心!って感じですね~ 
 ナプキン会社に教えてあげよっと)


私は個人的に中国では、”日本=悪魔”みたいな
考え方を政府が麻薬的に利用しているように思えます。
中国国内の都市部・農村部の経済格差などの
自分のところの問題を忘れさせるために、
”悪役日本”を
使って、中国国民の怒りの矛先を
自分の国でなく日本に向けさせているように思えます。
→だって、戦争ドキュメンタリーなどを適当な間隔で
 放映しているのです。 皆が忘れないように。。。
 麻薬の中毒と同じ!

だから、どんなに学のない農村のイモ娘でも
・”南京大虐殺”とか
・日本語の”バカヤロー”の意味を

知っているのです。

※”バカヤロー”は、戦争映画とかで
 日本兵役の人が必ず言うセリフなので、
 13億人全員知っていると思う。
→だからあまりうかつに中国でこの”バカヤロー”と
 いう言葉を使わないほうがいいと思います。

最後にここ中国には、現在4人目の国家主席がおります。
(皆さん知ってます?)→順番に。。。
(1)毛沢東
(2)トウ小平
(3)江澤民
(4)胡錦涛
です。

中国生活おもしろ珍道中51(1)
中国生活おもしろ珍道中51(2)

   ↓↓↓
左上から第1代→2代・・・ の順です。


私はこの4人の中で、
個人的に”トウ小平”が好きです。

当時コテコテの社会主義国であった中国で、
あの有名な

”黒い猫でも白い猫でも、
 ねずみを捕まえる猫がいい猫である。”


いう言葉を残した人です。
つまり、
黒い猫と白い猫→社会主義と資本主義のたとえ、
ねずみを捕まえる→富を得る、発展するのたとえ。

すごい人だと思います。


以前の”毛沢東”の時代などは、
彼の悪口を言うだけで監獄行きでしたが、
現在の中国はどうなのだろうか?
ということで、私の愛妻に
”中国歴代国家主席の中で誰が一番好き?”
いう質問をしたところ

”私は、胡錦涛主席が一番好き!”とのこと。

なんで?と聞いた結果、、、

”だって4人の中で一番ハンサムだもん!” だって、、、

こんな事を人前で言えるようになった中国、 
今の中国は想像以上に自由!と判断できるのではないでしょうか?

中国の報道や経済格差、反日思想などについて
語った久しぶりにまじめな内容のメルマガでした。

では、また

PS,只今中国旅行を計画中です。 今週の木曜日出発予定でワクワクでーす。



メルマガ(第51話) 中国は自由?不自由?





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



デラックスバーガー

2006.04.22(11:47)

あー、電気って本当にありがたい!!!

ひっさしぶりですが、
今日朝起きたら、、、 停電だった。(最低でした)
→今晩から電気が使えるようになりました。

よって、日課の株価チェックができないため、
インターネットバーにまで行っての
株価チェックでした。
あー、電気のない生活なんて最悪でした!

そう、停電・断水などが起こるといつも思い出してしまうことが、、、


●デラックスバーガー

私が日本に住んでいた頃(現在もそうだと思いますが。。。)は、
ほとんど”断水”や”停電”という現象は起こりませんでした。

しかももしそれらが起こる場合は、
事前に連絡があったものです。

”X月X日XX時~XX時まで断水になります。 
ご迷惑をおかけいたします”
なる
連絡の張り紙などが必ずマンションの見やすいところに
貼られていました。
→いやー本当に管理の行き届いたいい国だ!

しかし、ここは中国。 
ましてや私の住む片田舎ナンリン村では、、、
そんな予告などあるはずもありません。

皆さんこの21世紀の現在、予告なしで断水や停電が
起こるとそれはもう大変なことに。。。

停電は、当たり前ですが
パソコン、テレビなどの電化製品が使えないのはもちろん、
電灯すらつかなくなり、
家の中ではろうそくを使わなければいけなくなります。
(あっはっは、女王様とお呼び~!って感じです。)

今では、この予告なしの停電にも慣れ、
”中国では冷蔵庫の霜取りをしなくてよい!”
などと冗談を言う余裕すらあります。
(でも今日のは久しぶりだったので、堪えた。。。)

予告なしの断水も慣れた物で、
歯磨きなどは飲料水を使ってやればいいし
家でシャワーが浴びれなくてもサウナなどに行ってしまえば、
シャワーは浴びれる。
しかし、以前最悪の自体が発生しました。。。

予告なしの断水が起こったとき、

なんと体調を崩しひどい下痢になりました。

もし予告があれば、
風呂桶にトイレ流し用の水をためて置けるのですが、
予告がないため、トイレを流す水すらありません。

そこで、
下痢便をした後気分が悪いので
その下痢便の上にティッシュペーパーを乗せておきます。
しかし下痢なので、
少しするとさらにその上に下痢をすることになります。
そして同じようにティッシュペーパーを乗せます。
そしてまた。。。

断水が直るまでにそれをずっと繰り返していたため、
水が来るまでに我が家の便器には
何層にも何層にものぼる。。。

ごっついデラックスバーガー !

が存在することになります。


あー、悪夢のような出来事でした。 (最低です。)


日本の皆さんは、
こんな断水や停電の心構えをする必要がありませんが、
ここ中国では心しておかなければいけません。

中国の非常に原始的な問題に苦労した小話でした。
(食事中の人ごめんなさいね。)

さー、明日は、奥さんと一緒に珠海旅行です。 わーい!

では、また


メルマガ(第50話) デラックスバーガー





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



ギャンブル大将とスイート 

2006.04.17(11:29)

行ってまいりましたマカオ!!
結局1500HK$(約22000円)の負けでした。。。
ま、マカオに行ってきたばかりと言うことで、
今回はマカオ旅のお話を。。。


●ギャンブル大将とスイート


マカオ。。。 そう、そこは、、、

・”飲む打つ買う”の3拍子揃った男の天国

・大笑いするやつ、大泣きするやつ、の
 天国と地獄が同時に存在する街

・東洋のラスベガスと呼ばれた街

なのです。。。


私は今となっては非常におとなしくなったものの昔はそりゃ。。。
ギャンブル大将”でした。

天国の時は、マカオから香港までフェリーで
約1時間半(200HK$弱:3000円弱)
かかるのですが、”あ~ん、面倒くさい!”とばかりに
マカオから香港までヘリコプターで帰ったことも数回あります。
(ちなみに時間は15分、値段は1200HK$:約18000円! 
 プレゼントでくれるアイスがおいしい)

しかし地獄の時は、財布の中身は空っぽ、
夜寝泊りするホテル代も払えず
マカオの公園で野宿!
(海外で野宿なんて昔の”サル岩石”ばりです。)
バス代もないので、中国の国境まで歩きで行くはめに。。。

地獄の時、公園のベンチで寝ていたら、
そこを横ぎった現地の女の子に”キャー”なんて
叫ばれた経験もあります。
”なんや~うるさいな~”とばかりに起きると、
”あ、ごめんなさい!”と言って去っていった。。。
→こんな経験する日本人は普通いないでしょう。。。

昔からちょー熱くなってしまうギャンブル好きの
僕ちゃんの賭け方は人並みはずれていて
1分半(場所により1分)で一回勝負が決まる
大人気の”大小(ビックアンドスモール)の
場に1回で6000HK$(約9万円)をどーんと置いて
勝負しちゃう人なんです。
→勝てば2倍、負ければゼロ! ハラハラ・ドキドキですね~

※”大小”・・・マカオのカジノで非常にポピュラーなゲーム、
  サイコロ3つを振って出た目が
  10を含めそれ以下なら”小”、 11以上なら”大”。

  しかしゾロ目は、大でも小でもない
  というゲーム。 
  さらに出る目(出る数字)に対してやゾロ目などにも
  かけることができる。

  前者はゼロか2倍、後者はそれぞれの確率によって
  何倍かが違います。
  これは非常に燃えます。。。


前置きはこれぐらいにして、そのギャンブル大将(私)が
元会社同僚のMくん(日本人男性30歳)
と一緒にこの週末マカオへ行ってきました。

旅の経路は、
”シンセン→香港→(フェリー)→マカオ→(陸路)→
 珠海→(宿泊後バスにて)→シンセン”

と言う流れです。
※珠海:マカオと中国大陸のボーダーのある町。

最近マカオのホテル代が高いのでわざわざ物価が安くなる
大陸側の珠海のホテルに
泊まって翌日(昨日の日曜日)にシンセンに帰ると言う
予定を立てました。

香港を経由したのは、二人してギャンブル用の
キャッシュ(香港ドル)を下ろすという
目的でのみ香港へ行きました。

さー、マカオに到着です。
まだまだ元気な二人は、フェリー乗り場から歩きで
目的のリスボアホテルへ!

リスボアホテル:マカオで一番有名な5つ星ホテル+カジノ。
  ラスベガス投資の新しいカジノもあるが、
  いまだにマカオのランドマーク的存在でもある。

まず、ホテル1階カジノ前の立ちんぼ(売春婦)たちが
ウロチョロ往復するエリアのど真ん中にある
レストランでアイスコーヒーを飲みながら、
立ちんぼウォッチングで目の保養!

(いや~中国大陸のイモねーちゃん達と違って、化粧が上手!)

おめめもパッチリ、気合の入ったところでいざ戦場(カジノ)へ。。。


映画『ロッキー』のテーマが頭を流れるような展開。

1)最初はガンガン負ける(お金がドンドン減っていく)、、、

2)しかしいくら打たれても負けずと立ち上がるロッキー
  (賭け続ける)

3)そして会場の声援は徐々に”ロッキー、ロッキー”の
 連呼で敵もビックリ、有利になっていく
 (勝ち始め負けた金を取り戻していく)

4)そして最終ラウンド! 
 (お金が来た時とまったく同じ額まで盛り返す)

さー勝負だ!! 
私の愛犬(”小魔怪”という名)にちなんで
”小”に1500HK$の一点張り!

結果は、、、 

(ロッキー KO負け !) あはは


カジノの後は、ゆっくりメシを食べて、ゆっくり珠海に帰りホテル探し。
しかし!!!

国境を越えたのは、夜23時過ぎ、 
行くホテル行くホテル全てが満室!
え~、こりゃまずい!!
僕ちゃん達は、疲れもピークに来ていて
かなりまずい状態になっていた。。。
そしてながーい事歩きまくり、ようやくたどり着いた
”歩歩高ホテル”
→非常に皮肉な名前だ、確かに歩きまくった。。。


なんとそこのカウンターに聞くと、

カ) ”はい、最後の一部屋が空いております。”

私) ”おーおー、やったー、 でいくら?”

カ) ”700元(約1万円)”
  ※普段だと300元(4500円)くらいで泊まれるのですが。。。

私) ”えー高い~”

私) ”どうする?”

M) ”いいよ、仕方ない。。。”

カ) ”でも、、、 ベットが、2メートル幅のシングルなんですけど。。。”

私) ”えー、ツインないの?”

カ) ”はい、最後の一部屋なので。。。”

私) (どーする?の目線をMくんに送る)

M) (もーろーとしていた。。。)

私) ”OK,泊まります!”


部屋についてみてMくんとともにビックリ!!


・大きなキングサイズのシングルベット!

・バスルームとトイレは、ガラス張りのスケスケ!

・部屋は貝殻などのデコレーション!

・ベットの小脇には、ティッシュペーパー。。。

そうです。

マカオのカジノで負けた二人に残された最後の仕打ちは、
予算オーバーでかつ、

”野郎2人で スイートルームに 1泊 !”


部屋に入った二人は、最後の力を振り絞って 大爆笑!
→こんな恐ろしい経験は、二人とも一生忘れないでしょう。。。

※実を言うと来週奥さんとこの珠海に1泊旅行をする予定なんです。。。
 →ホテルは事前予約しておきましょう!

中国生活おもしろ珍道中49

スケスケのスイートでした。
(しっかし、趣味悪いスイート。。。)


結果的に私は奥さんとの宿泊よりこのMくんとの宿泊に
より多くの金をかけることになりそうです。。。

皮肉なことにMくんは、
この土日別件の誘いがあったのですが、それを断る時に

私とデートだからごめん!と断ったらしいですが、

まさかスイートルームに宿泊するとは。。。
デートの演出がよすぎる。。。

その後は、、、 

(ないない!!! ただ睡眠を取っただけです。)


そして翌日は、昼から焼肉食べてバスでシンセンに帰り
Mくん、愛妻、私の3人で夕食をとったとさ!

しっかしすごい香港、マカオ、珠海の旅でした。

では、また


メルマガ(第49話) ギャンブル大将とスイート 



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



中国人的ファッション

2006.04.15(11:09)

※ウィークリー女子まぐにて推薦される
   きっかけになった内容です。

      ↓↓↓
ウィークリー女子まぐ(06年)4/27号
      の
◆ 今週のおすすめメルマガ
  『旅行記を読んで気分は異国の地♪』

   コーナーに掲載されております。




ものすごーく、不眠症気味です。
→よって、へんな時間のメルマガ発行です。

なんか最近寒くなってきた。。。 
来週はまた暑くなり始めるらしいが。。。
・こーんな季節だと、周りの人の着ている服がコロコロ変わる。
・昨日奥さんと一緒に買い物でガンガンに服を買わされた。
(その服の店と、それを売ってたデパートの両方の
 VIP会員になってしまった。。。)
 →私の$$$はいずこへ。。。
という今日この頃なので。。。


●中国人的ファッション

まー全員とは言いませんが、
中国人のファッションセンスにはびっくり!というお話です。

私もファッションにうるさいという人ではない
(半そで短パンで犬の散歩に行ってます)のですが、
中国人のファッションセンスには本当に目を疑うものがあります。



(1)雨傘

数日前、愛犬と散歩中の出来事!
雨が降っているわけでもないのに、雨傘をさしています。

”日傘と言うものを知らんのか~!!”

そうです、こっちの人は日傘の変わりに雨傘を使うのです。
(というより中国で一度も日傘を見たことがありません、
 ないのでは???)

中国生活おもしろ珍道中48

雨傘を日傘代わりに使っている様子。。。



(2)革靴

ものすごーい中国人の勘違い、
”革靴=高級感”という勘違いをしているのだと思います。
日本でファッションで”ジーパンに革靴”というのが
ありましたが、ここ中国では
”土方の作業服+革靴”まであります。
汚らしい服装+革靴 の異常な組み合わせの
人を見たら、まず100%中国人だと思います。



(3)ストッキングに靴下

(冬場の出来事ですが、思い出してしまった。。。)
やめてくれ~と言いたくなります。

たぶん北方出身の人だと思います。
寒いのはわかるけど、、、



(4)ワキ毛

これは本当に男性としてショックです。
特に今のような夏場、女性の着る物は薄くなり
肌の露出が増えます。
そこで非常によく目にする光景がコレ!

なぜか中国人女性はワキ毛を剃らない!
昔工場で働いていた時の工場内の表彰式で
いろんな部門が出し物をするのですが、
そこで、女性たちの華麗な踊りを見せるのはいいが。。。

ワキ毛ダンサーズの踊りは勘弁してください! って感じでした。

(愛妻はワキ毛が極めて薄い人なので、
 剃らなくてもOKな人です。 
 でも生えたら100%剃らせる!)



(5)化粧知らず

まったく化粧をしません。
”なぜ化粧しないの?”と聞くと
”中国人は自然美なの!”といつも言ってくるが。。。

”自然美=シワの見え放題!” という中学生でもわかる事がわからないのか???
日本のおばちゃんみたいに、大根買いに行くのにも化粧をしろ!と
までは言わないが
多少は化粧したほうがいいのでは? と思う。
かなりグレードダウンしていると思う。
よく街中でも、
”あ~この人、化粧ができればきっともっと綺麗だろうな~”と
思うことがよくあります。 (完全に損してると思う)
よって、私が大好きなディスコで女の人を観察していると

”私のタイプの人=化粧をしている=売春婦”
いう方程式がかなり高い率で成り立ってしまいます。

(私は愛妻に化粧を推奨しています。 
 僕ちゃんは化粧品にかかる金を惜しみなく出します!)



(6)スパンコール

日本ではおばちゃんファッションの代表格
(今は違うかな?)だったけど、
ここ中国では、みーんなキラキラしたスパンコールが大好き。
服にキラキラしたものがついているのが大好きです。
日本人の私からしてみれば、
”あ~おばちゃんファッション!”と思ってしまうので、ついつい
”あのね~、日本ではこういうのおばはんしか着ないんだけど。。。”
と言っても
”な~んで、こんなにいいのに~!”と正当化する意見しか聞きません。
堪忍して欲しいです。


今ざっと思い出しただけで、これだけ挙がりましたが
たぶん考えればもっと出てくると思います。
また、それはおいおい。。。

※フォロー入れるようでなんですが、
 都市部の子のファッションセンスは年々Upしてきています。
 よって、100人が100人とも上記のようであるとは思わないでください。
 →特に”カッペ”に上記傾向が強く現れております。

ファッションについて語ったお話でした。

PS,今日は昔の会社の同僚(日本人)と前から企画していた
   1泊2日のマカオ旅行に行ってきます。
 よーし、昨日奥さんの買い物で消えた
 1800元(約27000円)をギャンブルで取り戻すぞ~!

どうなることやら??? 勝敗の行方は次回のマルマガにて!

では、また


メルマガ(第48話) 中国人的ファッション 



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



夏バテ

2006.04.13(10:58)

おいおい、何を気の早いこと言っているんだ!
と日本に住んでいる人は思うでしょうが、
沖縄より南のここシンセンでは普通なのです。

も~暑い!!!


●夏バテ

ついに我が家も数日前から初クーラーをつけました。
ここ中国南部は日本よりも暑いし、夏の期間が非常に長い!
(年の2/3くらいは夏です。)

それなのに、こんな夏が始まったばかりで、
夏バテとは本当に。。。 (情けない)

食欲が全然なく、毎日”ミロ”で栄養補給をしております。
(ミロが Yahoo Music、 ハリーポッターに次ぐ
 マイブームと化しています。)

しっかしここ中国の中国人は、本当に元気です。
”夏バテ”という言葉を知らないのでは?と思ったので、
辞書を開いてみました。
→ありました。 ”苦夏(クーシァー)”というらしいですが、
 私は中国に約7年住んでますが、
 一度も聞いたことない単語です。。。

私は、食欲がなく”ミロ”ばかり飲んでいる生活なのに、
私の奥さんと犬は、バクバクものを食べてます。
特に愛犬は昨日6本のソーセージを1分もかからないうちに
食べてしまいました。
→さすがタフだ。。。

日本には季節感があり、夏には
冷たいソーメンなどを食べたりしますが、
こっちはそんな”夏らしい”食べ物などありません。
油っぽい中華をこっちの人は夏でもガツガツ食べるのです。
→いや~、本当に人間の作りが違うわ! タフだ!

しかし、それだけタフな奥さんと犬ですが、
やはり少しはしんどいらしく
奥さんは、クーラーを付け始めるし、
犬は、いつもソファーベットの上に飛び乗る
のが大好きなのですが、最近はそれをせず床に体を
ベターっとつけてじっとしてます。
→そのほうが床のひんやりが体に伝わって涼しいのでしょう。

※我が家の犬はソファーベットに飛び乗るのを禁止している!
(ベットが毛だらけになるので)

もうじきここシンセンでは、プール開きになりそうという
非常にしんどい季節ですが、

この前”おおお、これは!!”というものに巡り会いました。
そう、それは、”涼拌(リャンパン)”です。

この”涼拌(リャンパン)”とは、
つめたい和え物の料理の事なのですが、
この前奥さんの作った”ねぎと豆腐をごま油で和えたもの”が
非常においしく感じました。
また、奥さんに作ってもらおうっと!

豆腐とミロで、この夏を乗り切ろうとしている
悲しい中国に住む日本人のお話でした。



●中国北部旅行速報!

そう、私の奥さんの日本語学校が来週に終わります。
本当は5月くらいに終わる予定だったのですが、、、 
(まったく計画性のない学校だ!)
6月から奥さんを連れて日本に旅行する予定でしたが、
予定より1ヶ月も学校が早く終わるため
急遽奥さんの里帰りを兼ねて1ヶ月くらいかけて
中国国内旅行をしようと計画中です!
(4月末から5月下旬までの期間を予定しております。)

前回のインドネシア旅行同様にノートPC持参での
旅行になりますので、
その旅行での出来事をまた現地より
メルマガ発行いたしますので、乞うご期待!

(私は、中国に約7年住んでいますが、
 仕事でろくに中国国内の旅行をしていなかったので、
 非常にワクワクしております。)

では、また


メルマガ(第47話) 夏バテ 



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



うるさ~い!

2006.04.10(10:48)

今非常に体力的にしんどいものがあります。。。


●うるさ~い

さみだれは~みどりいろ~ 
→こんな歌知らないって?? 
 (村下孝蔵の初恋です)

久しぶりに奥さん以外の人で私の胸がドキッとさせられた。
一昨日の話です。
私の中国での初恋の相手、
中国語留学時代のFちゃん(インドネシア華僑)から
いきなりメールが届きました。
今の時代は便利なものでインターネットで
コミュニケーションを取る場合
メールではなくビデオチャットのほうがよいので、
それを勧めるメールを返事として
送った。
そして昨晩なぜか寝付けずに真夜中パソコンを
立ち上げるとそのFちゃんから
チャットの依頼があった。

そうです、Fちゃんは現在アメリカはルイジアナ州に
住んでいるとの事。
当時の私の恋敵であったカンボジア華僑の男と
結婚したが、後ほど離婚。
現在は、アメリカ人と再婚したそうです。

中国での初恋相手との約5年ぶりのトーク、
当時と同じく英語でのトーク 
(留学中だったので当時私は中国語が話せなかった)
時間を忘れて、ペラペラ話すこと2時間、
ノンストップトーク!

※ここで皆さん注意! 
 アメリカ・ルイジアナ州と中国シンセンには
 11時間の時差があります。
 よって、私は夜中の2時から4時まで2時間も
 ノンストップトークしてたわけです。
 (向こうとしてみれば、夕方なので問題なし)

ようやく話はひと段落し私は眠りにつくが、
本日朝9時には奥さんが学校に行くので
自然と起きてしまう。
株価を確認するため、PCを立ち上げたが
やはりかなり眠いためうたた寝を
始める。 

このまま ”うたた寝→睡眠” の極楽モードに
入りたいと思った矢先、

ジャンジャカジャンジャン!!!

近所のアホがステレオのボリュームガンガンで
広東語の歌をかける始末!

→絶対この主は”サル”みたいな顔をしているはずだ!

しっかし、 うるさ~い!!!

そうです、日本だと大きな音を立てると
”近所に迷惑だから。。。”
なんてみんなが注意するんですが、
ここ中国は”俺様がこの世で一番偉いんだ!”
みたいに考えているやつばかりなので、
とにかく街全体がうるさい!

これをいい言葉で言えば、”活気があって。。。”なんて言うが、
住むほうの身になると、最低です。

夫婦揃って風邪を引いてヒーヒー言ってる時でも、
近所のステレオがガンガン
鳴り響く。
今日のようにチョー睡眠不足の時でも
容赦なくガンガン鳴り響く。

→絶対にうるさいヤツはサルだ!

あ~静かな日本が恋しいよ~

前置きが非常に長かったですが、
中国はどこもかしこも人の住んでいるところは
うるさい! という小話でした。

PS,皆さんもこの機会に初恋の事を思い出してみてください。
   きっと今の辛い現実を少し忘れて、
   心地よい風が吹くかのような気持ちになれますよ。
   う~ん、僕ちゃんの場合、ドラマのようなすれ違いだったな~
   でも、今ではいい思い出です。

あ~、ねむい。 それではまた zzz


メルマガ(第46話) うるさ~い! 

 



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スカウト??

2006.04.08(12:43)

ようやくインドネシアの筋肉痛が取れたかな?
くらいな状況です。

インドネシアにいる時は、中国が恋しかったのですが、
中国にいる今は、あの定期的にモスリムソングが
流れるインドネシアが恋しくなります。
(なんかイスラムの変なお経みたいのが街中に流れるんです。)

昨日は昼間から足から全身と3時間かけてマッサージ
今日は家で株取引。 夜は奥さんとお出かけ。
優雅な生活ですが、今日株でガンガンに儲けちゃいました。
しかし。。。


●質素な食事

今日株を売り日本円にして100万円以上儲けた。
さ~今晩は、奥さんと一緒に豪華ディナーか~?
と思っていましたが。。。

奥さんが、”あ~、ボディーソープがない~”ということで、
徒歩30分(普通はバスで行くのですが。。。)くらいな
ところにあるウォールマートまで
行くことになりました。 
(最近太り気味の奥さんに付き合い歩きで。。。)

すると、”あ~パオツ(肉まん)、食べた~い”とのこと。
→一人1つずつ 計2個で1元な~り~

さらに歩いていくと、大勢の人がケーキーを持っていた。
すると、
”あ~きっとどこかでケーキ配っているんだわ~”とのこと。
さらに歩くと、開店したばかりのケーキー屋がタダで
ケーキを配っているではないか。。。
→一人1つずつ 計2個で。。。 無料な~り~。
(当然列などなく、奪い合いのさなか無料ケーキ2個GETでした)

ようやく到着したウォールマート前の出店で、
”あ~青菜(チンツァイ:野菜)食べた~い”とのこと。
   ↓
 青菜withスープ(奥さん) 3元、 
 焼きビーフン(私) 3元、 
 台湾式ミルクティー(2人で1杯) 1元 

 計7元な~り~。

あ~、もうお腹いっぱい!
結局100万円以上儲けた夜の食事は、
2人で計8元(120円) でした。 (やすー)



●スカウト??

まー、びっくり!

奥さんが日本語学校の同級生と学校帰りのバス停で
日本語で話をしていたら
20代後半くらいの女性から、
”これから立てる新しいカラオケで働かないか?”
と言われたそうです。

そう、日本では”カラオケ=歌を歌う遊び場所”ですが、
ここ中国では”カラオケ=(日本で言うところの)スナック”なわけです。
→よって中国女性の前で
 ”僕ちゃんカラオケ大好きで、毎晩行っちゃいま~す!”
 なんて言ったら白い目で見られると言うわけです。

特に”日本人向けカラオケ”は、おねーちゃんたちが
みんな多かれ少なかれ日本語を話せます。
(まー、日本人は外国語習得が苦手だから。。。)

よって、日本から出向で来たおじさん連中の
絶好の遊び場なわけです。
でも、ここで中国語を習得する日本人のおっさんも
多いので侮れません。

中国語を勉強したわけでもないのに
中国語をペラペラ話せる人がいたら

どこのカラオケで中国語を勉強したの?”なんて
ジョークを言ってみるのも面白いかもしれません。

さらに日本人向けカラオケは、場所にも寄りますが
基本的に綺麗で、
日本語のカラオケが準備されていて、
ちょっとくらいHなことをしてもOK
な場所が比較的多いように思います。

場所によっては、テイクアウトOK(おねーちゃんを持ち帰る)な
場所も多いので興味ある子を
見つけちゃったら、ママさんに話をしてみるのも
いいかもしれませんね。

私は、個人的にスナック遊び(中国では”カラオケ遊び”)は、
飽きているのであまり魅力を感じません。
(20代前半の時に日本でスナックに通いまくった
 経験があります。 おほほ)
だから私は自由な時間とお金を手にした今でも、
決して”カラオケ遊び”をすることはありません。
(奥さんひとす~じ~)

でもカラオケにスカウトされた私の奥さんにもびっくりしたけど、
それを誘った20代後半の女性も大したものです。
20代後半にしてスナック経営者になろうとしている
のですから立派なもんです。
さらにその本人も少し日本語がしゃべれると
私の奥さんが言ってました。
奥さんは、”本当に来てくれるんだったらさらに給料弾むわよ~”と
言われたらしいですが、
お断りしたそうです。

何でもシンセン西武の6階で今お店を工事中だそうです。
→興味ある人がいたら、行ってあげてください。

でも、私の奥さんの通う日本語学校にも
カラオケで夜働いている学生もいるらしいです。
→私は”そんなやつらとは付き合うな~”などという
 肝っ玉の小さい男ではありません。
 逆にそんな友達ができたらお化粧をお勉強できていいかも? 
 あはは
 なんて思っているのですが、
 奥さんのほうが彼女たちを少し白い眼で見ているところがあります。
 私からしてみれば、夜はお仕事、昼間は勉強! 
 大したもんだと思うんですが。。。

今回は、中国カラオケ事情でした。

では、また


メルマガ(第45話) スカウト??
 


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



海外のディスコ

2006.04.06(12:33)

ニーハオ・センツェン! 
(こんにちわ、シンセン)

ついにインドネシアから帰ってきました 
今は中国はシンセンです。
久しぶりに奥さんと愛犬に再会できて
非常にうれしいのですが。。。

奥さんも愛犬も、、、 太った!

その他変化と言えば、愛妻が今
”タイのテレビドラマにはまっている事”くらいですか??
→夜の22時から番組がスタートし12時過ぎまで
 やってるので、朝がしんどいとか。。。

いやーシンセンもインドネシアほどではありませんが、
昼間はさすがに30℃くらいあり
半そででも汗がダクダク出ますね。

こっちも暑いし私のほうはもうクタクタです。

前回のインドネシア最終日のメルマガを書いていた時は、
”残りの数時間は、疲れ気味なので大した事はしなそう。。。”などと
言ってましたが、 結局ラストフィーバーしちゃいました。

ディスコで夜通し踊りまくり、一睡もせず早朝水風呂浴びて空港へ。。。
(帰り便は、8:40のモーニングフライトだったのです。)

よって、全身筋肉痛で大変な事になっております。
→あ~、やはり20代の連中と一緒になって踊るのは無理なのかな?


●海外のディスコ

そう今となっては、逆に日本のディスコ(今は”クラブ”と
言ってますね)のほうが
あまりわかりません。

ここ1ヶ月で計3回行きました。

香港 1回 (チムサッチョイの”Cyber”)
→これが香港ディスコデビューになりました。

インドネシア 2回 (”Crown”と昨晩の”Sands”)


たぶん日本のクラブは、西洋の曲しかかからないと思いますが、
当然海外では流行の曲も違うし雰囲気が場所によって
結構違います。

まず、ここ中国のディスコでかかる曲は、

中国系8割、その他西洋系、韓国系などが残りを占める
位の割合だと思います。

中国系の曲は、ある意味面白いかもしれません。
中国語のバラードの歌にトランス系の音を混ぜた
かなり特殊な音だと思います。
(日本で言うなら”演歌”+”トランス”みたいなもんでしょう。)

客は、そのトランス系の音のリズムに合わせて
ガンガン踊るヤツと
バラード(中国語)の歌に合わせて歌っちゃうヤツの
2種類の楽しみ方ができるのです。
→日本で英語の曲がかかっていてその英語の歌詞に
 合わせて歌っちゃうのと同じ感じです。

ディスコのDJも場所によってさまざまですが、
ここナンリン村にある最低のディスコでは、
DJがマイクでグチャグチャと話します。
これも意味がわかるとアホくさいです。 
”はい手を叩いて!”とか言ってる。。。
(それに合わせて手を叩く客もバカだと思うが。。。)
→これも農村から出てきたイモ娘たちにとっては
 これでよいのでしょう。
 (僕ちゃんは、非常に冷めてしまいますが。。。)

しかし、市内にあるお洒落なディスコ
(この感じが日本で言う”クラブ”だと思う)では、
当然DJは、グチャグチャ言わず、ひたすら客の反応を
見ながら音を合わせています。
→前回中国に遊びに来たNくん(たまにDJとしてバイトもする)を
 シンセン市内のディスコに連れて行ったことがあるのですが、
 ”おー、なかなかジャン”と
 お褒めのお言葉ももらったくらい、
 そこそこイケてるみたいです。


次に香港(”Cyber”)ですが、
西洋系7割、その他中国系2割、その他(韓国など)1割くらい
だと思います。
→たぶんかなり日本に近い感じなのでは?と思います。

香港のディスコは”狭い!”と聞いていたのですが、
ここCyberは、なかなか広かったと
思います。
客も香港人なので服装とかもかなりお洒落。
でもドラッグを持ち込んでいないか?のチェックは
結構厳しかった事が印象的でした。

最後に今回のインドネシアですが、
たぶん私はインドネシアのディスコが一番詳しいかも?

今回の”Crown””Sands”の他に”ミレニウム””ハイライ””ミレース””
などいろいろ知ってます。

曲は、英語3割、中国語3割、インドネシア語3割、韓国1割位
だと思います。
とにかくいろんな言語のいろんな感じの音が
かかっていて非常に興味深い!
他と比べて照明が異常に暗いのも特徴のひとつだと思います。

さっきの香港と違い、ドラッグのチェックは
ユルユルと言うよりディスコ内で購入可能らいいです。
(さすが無法地帯のインドネシア! 
 オランダに次ぐドラッグの国だけはあるな。)


ま、共通して言える注意点は、

・連れの女の子がトイレに行く場合も付いて行ってあげること。

・やばいドラッグには手を出さないこと。

・踊っている時ぶつかったら”ごめんなさい”というなど
 道徳的に振舞うこと。

・できるだけ多くの友達と行くほうがより安全。

だと思います。


刃物などを持っていないかの警報機チェックのある所
(香港とインドネシアはあった)の
意味が私は、よくわかります。

昔中国語留学時代、広州で香港人・台湾人・インドネシア人の
友達たちとディスコに行ったのですが、
香港人の友達(1人)が6人の中国人と喧嘩になりナイフで
刺されて病院に担がれた経験があります。

アホで血気盛んな外国の若者、ドラッグ常習者などが
ディスコに集まるのも事実なので、
気軽な気持ちで海外でディスコに行くのは辞めた方が
いいかもしれません。

ま、ガイドブックに乗っていてそこの現地人だけでなく、
外国人が多いところは安全だと思いますが、、、


なんか、海外ディスコを勧めているんだか、
停めているんだか、よくわからない内容でした。

あーそれにしてもラストフィーバーは、楽しかった。 
(でも体中が痛い。。。)

インドネシアの思い出にふけりつつ、
無事中国に帰ってきたお知らせまでに!

では、また


中国生活おもしろ珍道中44

"Sands"のあるMangga Dua


メルマガ(第44話) 海外のディスコ

 


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



インドネシア・アラカルト

2006.04.04(12:25)

アパカバール・ジャカルタ! 
(こんにちわ、ジャカルタ)
只今インドネシア旅行中のため、
”中国おもしろ珍道中”はお休みにして、
首都ジャカルタより”インドネシアおもしろ珍道中”を
お送りいたしまーす。

昨日はまたビールを飲んでグダグダして終わりました。
最終日の今日は、銀行口座を作るため
ジャカルタのオフィス街にあるHSBCに
行ってきました。 

最終的に口座開設をあきらめましたが。。。

”インドネシアおもしろ珍道中”最終回の今回は、、、
小ネタ集(インドネシア・アラカルト)とします。


●インドネシアのMade in Japan 

まーまー、ここインドネシアでも日本製品は強いですな~

・Eくんの乗る車もホンダのシビック。

・カーオーディオ(アンプ)もPhass製
 (これが日本の会社だと私は始めて知った。。。)

・Eくんのバイクは、Kawasaki。

・Eくんの家の炊飯器(インドネシアはお米を食べる国です)
 までナショナル。

・町には多くの日本製の看板(日立、三菱、SANYOなどなど)

・ほか弁がインドネシアでは、立派なファミレスとなっている始末。。。

まー、ここまでならそれほど驚くことではありませんが、
そんな私を驚かせたのは。。。

ジャカルタ市内に走る鉄道
あれ~どっかで見覚えのある、いちょうのマーク。。。

そうです。 ジャカルタを走る鉄道は、
日本の”都営地下鉄の中古品” でした!

こりゃたまげた!




●リッチなインドネシア華僑

バカンスで来ている私になんでここまでEくんは
付き合うことができるのか?
仕事は???

そう、彼はお父さんの稼業を手伝うと言う立場なのですが、
今回彼の新しいお店(古い店をつぶして新しいのを作ったとか)に
お邪魔しましたが、そこでは、

現地インドネシア人が数人働いていて、
Eくんはそこへたまに顔を出すだけ。
トラックのドライバーにお金を渡して”稼いで来い”と言うだけ。

働いてきたドライバーがしっかり稼いでくる。 ということです。

Eくんは本当に楽だ~。
→それでもしっかり稼ぎがあるから、
昔の遊んでただけの時と違って本人は非常に満足。
私と遊んでる最中も電話が入り、
”やったー石が売れた!”なんて言ってました。

・稼ぎの大小はともかくとして、収入のある22歳のセミ社長業。

・現在無職で株取引でしか収入を得ていない私。
(インドネシア入国カードの職業欄のどこに
 チェックするか非常に迷った!
 選択肢の中で一番近かったのは
 ”Housewife(専業主婦)”だった。。。)

いいコンビなのかもしれませんね。 ははは

よってディスコに行って思ったのですが、
ほとんどがアホっぽそうなボンボンの中国人か
不良の現地人みたいなのばっかり。
赤毛赤ブチめがねの私にとって
非常に適した場所といえます。 ははは




●インドネシアの株式投資

まーまいった。 
いろいろと聞いたけどかなりまだ原始的だった。
まずインドネシアに住んでいないから
銀行口座が作れないとのことだった。
(しかし、HSBCならば香港に書類を提出して
 OKが出れば口座は作れるとのこと)

しかし、HSBCの人が進めてきたのはファンドだった。
私は直接インドネシアの株式を買いたいといったら
HSBCでは取り扱っていないとのこと。
そこで、証券会社の人を紹介してもらい、
さらに話を聞いたが。。。

インドネシアではインターネットでの注文は
できないとの事。
インターネットは、株式の値段を確認することはできるけど、
オーダーは全て電話らしい。

かなり古臭いな~
(まー、インドネシアでのインターネット事情は中国以下ですね。)

その証券会社の人が、
”インドネシアの株なら、テレコム(電話・インターネットの会社)が
成長してていいんだけどね!”
なんて言ってましたが、私からすれば

これだけ発展の余地がある会社が伸びるのは当たり前! 
プロヅラしてまったく!”
と思っただけだった。
ま、いつの日かこのインドネシアも私の投資先として
活用したいものです。


あと残された数時間は、何をしようかな?
かなり疲れ気味なので大した事はしなそうですが。。。
それでは、次は中国から!

少し奥さんが恋しくなった今日この頃でした。


中国生活おもしろ珍道中43

インドネシアの”ほか弁”


メルマガ(第43話) インドネシア・アラカルト



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



職在インドネシア

2006.04.03(12:16)

アパカバール・ジャカルタ! 
(こんにちわ、ジャカルタ)
只今インドネシア旅行中のため、
”中国おもしろ珍道中”はお休みにして、
首都ジャカルタより”インドネシアおもしろ珍道中”を
お送りいたしまーす。

昨日は昼間 食べ放題付きのサウナ+マッサージ
夜はディスコで踊りまくりというリッチな生活をしてました。
→踊りまくりのせいか、一晩で3kgも痩せました。 
 さすがクレージーダンサー!

よって、今日は疲れているため食事以外は
Eくんの家でずーっとグダグダしてました。
→このダラダラした時間をすごせるのも
 インドネシアの旅の醍醐味!


●職在インドネシア

おいおい、にーちゃんまた文字打ち間違えてる。。。
”食在広州(食は広州にあり)”とかで使う”食”でしょ?
間違って”職”になってる~

いえいえ、”職”で正しいのです。

昼間の暑い時間は、家でグダグダするか
クーラーの効いた車の中にいるのですが、
ジャカルタの町中を車で走ってて思うことは、
”インドネシアには職がいっぱいある!”ということですね。

例えばどこかに車を駐車すると必ずにーちゃんが来て
別に必要でもないのに
車庫入れ(車を出す時も)を手伝ってくれる。 

そして大体1000ルピア(約13円)くらいのチップを渡す。
これがジャカルタでは常識になっているのです。

車に乗っている人から見れば、
いつもチップ用の細かいお金を持っていなければなりません。
逆に仕事のない人からすれば、
どこか車が多く止まりそうなレストランなどの駐車場で
”はい、バックバック!”なんて言って車庫入れを手伝えば、
そのチップだけでどうにか
食べるくらいはできると思います。

しかし大型のデパートとかでは話は別です。
しっかりガードマンをデパート側が雇っているので、
そんなことは無用です。
今回もデパートに行った時に例によって
爆弾チェックを受けました。
※爆弾チェック=テロ対策で車に爆発物などを
          積んでいないか?チェックするのです。

さらにジャカルタは交通渋滞の激しい町!
つまり赤信号になると車がながーい列を作るので、
”さー商売の時間だ!”とばかりに

・水や新聞などの物売り

・ガラス磨き小僧

・イスラムの歌を歌う気色の悪いゲイ(用に物乞い)


などが、一斉に車に近づいてきます。

私はこんな陽気な人々を見るのが大好きです。
特に物乞いがユニーク!

日本には物乞いなんていないので
海外の物乞いは非常に面白いかもしれない。


中国の物乞いは、普通

足が一本ないとか

ヨボヨボの老人です。。。などといった


マイナス面を見せて哀れみを売り物にする”というタイプの
物乞いが多い。
→正直言って私は自分まで暗い気分になるので大嫌いです。


しかしここインドネシアの物乞いは非常に楽しい

”わしこんなブサイクなゲイでんねん!”とか

イスラムの歌を歌って縁起がいいよ~

みたいな人の気持ちを明るくさせるから
お金頂戴みたいなプラス面のよる物乞いが多い。
→インドネシアの物乞いは、人の気持ちを明るくする
 から私は個人的に好きです。

笑い上戸のインドネシア人たちと接していると
本当に楽しくなります。
ストレスが貯まってどうしょうもない人は、
ここインドネシアでのんびりバカンスするのも
よいかもしれません。

Eくんも
”政府に対するデモがあるけど、政府はデモ隊に
 マリファナでも配れば平和的解決につながるのに!”
なんてどうしょうもないことを言いますが、
それも面白い発想だと思います。

今回は職や物乞いなどにまつわるお話でした。

では、また

中国生活おもしろ珍道中42

ジャカルタは、いつも渋滞。。。


メルマガ(第42話) 職在インドネシア 



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



食いしん坊ばんざい in インドネシア

2006.04.01(11:50)

アパカバール・ジャカルタ! 
(こんにちわ、ジャカルタ)

只今インドネシア旅行中のため、
”中国おもしろ珍道中”はお休みにして、
首都ジャカルタより
”インドネシアおもしろ珍道中”をお送りいたしまーす。


昨日は昼間からEくん、Kくんとともに3人でビールを飲みまくり
3人で20本もビール飲んじゃいました。
(酒豪が揃うと恐ろしい。。。。。)
その後ガーガー寝ました。 
私はこれで睡眠・銀メダル確定ですね。
(それでも、やはり金メダルは、うちの奥さん!)


●食いしん坊ばんざい in インドネシア

まずは、食文化に見るインドネシアをご紹介! 
私は、本当にどこの国でも太れる
何でも残さずよく食べる人なのですが、
それは、ここインドネシアでも同じこと!

まず、ここインドネシアは東南アジア最大の
イスラム教の国のため
普通豚肉を食べません

そうそう、日本の”ほかほか弁当”が
インドネシアでは有名なファーストフードのひとつ。
→日本ではお弁当しか売ってませんが、
ここの”ほか弁”は、ファミレスです。
しかし、、、”あれ~とんかつ弁当がないやんけ~

そうです。 イスラム教の国なので豚肉は食べないわけです。
よって、主に食べる肉は
”鶏肉(”アヤム”と言います)”なわけです。
僕ちゃんは、鳥インフルエンザなど
恐れる気配もなく鶏肉バクバク。。。

さらに多くの島々からなる国のため
海鮮が豊富
よって、おかずは鶏肉か海鮮(魚やイカ、えびなど)が
メインになります。

気になる味付けは南国特有の甘い+辛い味付けがメイン!

さらに日本と同じく、お米の取れる国なので主食は”米”!
たぶん日本人でもここの料理は口に合うと思います。
(昔私の父を連れてきたときは、大絶賛してましたよ。)

しかし、私の奥さんは以前ハネムーンで
ここインドネシアに来たのですが、
全然口に合わず耐えられなかったようです。

今朝もEくんの家のお手伝いさんが
作るインドネシアの家庭料理に舌鼓~
あ~、ディスコに行ってガンガン踊らないと
太ってしまいそうです。。。


※お手伝いさん

インドネシアに住む富裕層のほとんどは、
中国人(インドネシア華僑)なのですが、
Eくんもその中の一人、家には当然お手伝いさんがいます。
福沢諭吉が”人の上に人を作らず”なんて言ってましたが、
そんなの絶対ウソ!

今回始めてみる若いお手伝いさん(二十歳前くらい)が
いたのですが、
決してお坊ちゃんであるEくんとその子の間には
何も起こらないはずです。
(あ。。。なんか欲求不満なのかな? 
 何を考えているんだ僕ちゃん。。。)

しかしなんやかんや言っても結局私の汗だくの服まで
お手伝いさんに洗濯してもらっちゃいました。


話は食文化に戻りますが、”西洋系の食”も
ここインドネシアはなかなかすばらしい。
大昔オランダ領であったせいか? 
インドネシアのパンも非常においしい!
昨日ビール飲んでばかりいて何も食べていなかったので、
その後パンをごっそり買い込み
ハイエナのようにパンにむしゃぶりつきました。 
(柔らかくておいし~い!)

あと今このメルマガを書いている時も
コーヒーを飲みながら書いているのですが、
日本の人はあまり知らないかもしれませんが、
ここインドネシアは、コーヒー豆が取れる事でも
有名なのです。
コーヒー好きの私としてはたまらなくすばらしいことです!

私はここインドネシアの食文化は中国に負けず劣らずの高水準と思います。

あー、太りすぎに注意しないと。。。

では、また

中国生活おもしろ珍道中41

インドネシア料理アラカルト。 おいしいよ~


メルマガ(第41話) 食いしん坊ばんざい in インドネシア 



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。