2005年12月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 中国の床屋(12/30)
  3. 自助餐バトル (12/26)
  4. 列に並ばない中国人(12/21)
  5. 中国のクリスマス(12/21)
  6. 中国のトイレ事情(12/16)
  7. タフな中国人、ヤワな日本人(12/11)
  8. 中国人の礼儀と日本人の礼儀(12/04)
  9. 食在中国(12/01)



スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

中国の床屋

2005.12.30(07:14)

今年も残すところあと、2日!
日本では年越し+新年を迎える雰囲気に
包まれているのでしょうね~
連日の忘年会で疲れ気味もひとつの季節感ですからね。。。

しかしここ中国では、まったくそのような雰囲気はありません。

そうです。 ここ中国では旧暦を重んじているせいか
旧正月(約1ヶ月後)が本当の年越しとなります。

なので、私は今日も出勤(休日出勤)でした。 明日も。。。
さすがのあさっての大晦日(私と奥さんの結婚記念日でもある)は、休みです!


●今日(2005年最後)のぼやき
(パート1)
まったく、休日出勤なのに”休日出勤手当”は、
たった200HKD(約3000円)!
時給じゃなくて日給です!
日本じゃ高校生だって、日給3000円じゃ働かないっちゅうねん!

(パート2)
行きつけの飯屋で昼食。
チャーハン(5元:約75円)を頼んだのですが、
出てくるのが遅い!
さらに経営状態が悪いのかどうか知らんけど、
タマゴとニラしか入ってないじゃん!
5元返せ~

5元のチャーハンの内容に腹が立つようになった私は、
立派な中国通ですね。

でも、今日私の株がドカーンと上がった。
株価が昨日までもみ合っていたので、
売っちゃうかどうか少し迷っていた(結局売ってない)のですが
今日ドカーンと上がって前日比で16000HKD(約24万円)の
評価益プラス。

日給3000円でかつ具に乏しいチャーハンを食べた
可哀想な私を一気に慰めてくれました。
→これだから中国は面白い!!


●中国の床屋
さてさて、今日は休日出勤で定時の17:20で仕事が
終わったので時間たっぷり!
奥さんと一緒に夜は外食!
奥さんは、”あ~ん、今日髪の毛洗いたいけど面倒だから
美容院に行こう!”とのこと

私も朝起きるのがしんどくて無精ひげヅラ(カールおじさん状態)で
かつ髪を切っていなかったので
床屋(僕ちゃん男の子だから”美容院”と言いたくないのです)
へ行きました。

12.jpg

   ↓
私、行きつけの”ナンリン村”の床屋さん

奥さん: 洗髪のみ (でもマッサージもしてくれる)・・・15元
僕ちゃん: 散髪 (詳しくはあとで。。。)・・・25元

よって2人合わせて文字色40元(約600円)な~り~

私の受けたサービスの内容は。。。

(1)洗髪 
”乾洗(カンシー)”と言って椅子に座ったまま
水とシャンプーで頭を洗い、最後にシャワーで泡を流します。
 →これの間は、髪を洗ってくれるおねーちゃんとのトーキングタイム!
   以下がそのくだらない会話です。 

   ※私:私) おねーちゃん:ね)

 私)今日は何個頭洗ったの? 
 ね)1つ目
 私)え? じゃ、今が始めて?
 ね)うん。 
(”ん~、やっぱりバージン(私が一番)がいいね~”などとあほな事を考えていた)

 私)頭1つ洗うといくら貰えるの?
 ね)3元! 
(安いな~と思った。 でも客から25元しか取ってないんだからそんなもんか。。。)


(2)シャワー+洗顔

(1)で泡だらけの髪をシャワーで洗い流します。 さらに洗顔サービス付き。
終わった後の私の顔はツールツル。 
ブログを書いてる今もツールツル。
もひとつおまけにツールツル!


(3)マッサージ with こそばゆい耳穴掃除

シャワーで泡を流し終わったら、こそばゆい耳穴掃除 
プラス 椅子に座りながらのマッサージ。 

”40分以下しかマッサージしなかったらクレームを受け付けます”
の張り紙も貼ってました。
 →この間も(1)に続き。 おねーちゃんとのトーキングタイム!

 ね)”謝謝”は、日本語でなんて言うの?
 私)”ありがとう”って言うんだよ
 ね)”あじがとう”
 私)違う違う”ありがとう”だってば。。。
 (カールおじさん状態の私に向かって)

 ね)あなたって歌手のXXX(誰だか忘れた)に似てる~
 ね)XXXは、私の憧れの人なんだ~
 (などと話している矢先。。。)

 奥さん)私は髪を洗い終わったのに、、、あなたまだ髪切るんでしょ! 
(グズグズすんな的意味合い)
 →奥さんちょっとヤキモチ焼いちゃったかな??


(4)散髪

イケメン風のお兄ちゃんによる散髪でした。
(日本を離れて6年半の私にとって”イケメン”という
 単語は初めて使う単語です。 こういう使い方で○?)


(5)シャンプーなしシャワー

単に切った髪を洗い流して綺麗にする程度。 
さっきのおねーちゃんによるシャワーでした。


(6)ヒゲ剃り

イケメンにーちゃんによるヒゲ剃り。
日本の床屋のように蒸しタオルをドサッと
口の周りにおいて欲しかったので”こうしてくれ~!”と
言ったのですが、”これでいいんじゃい!”と
お湯でぬらしたタオルでヒゲ部分をゴリゴリ擦るだけだった。
”まったく!日本の心がわからん奴だ!”
 (当たり前か、中国人だもの。。。)


(7)ブロー(髪のセット)

イケメンにーちゃんによるブローでした。

以上。


ようやく私はメガネをつけて仕上がり具合を確認。
よーく見るとイケメンかと思っていたにーちゃんは、
服装はカッコよかったけど、アホみたいな顔してた。
(気になる私のニューへアースタイルは、OKでした。)

はい、もう一度言います。
ここまでしてくれて
私は、25元。 奥さんは洗髪+マッサージで15元

日本の床屋がいかに高いかよくわかるでしょ!

髪も切ったし、ようやく年越しの準備です。

みなさん、よいお年を!


メルマガ(第12話) 中国の床屋 

スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



自助餐バトル 

2005.12.26(20:56)

今日、クリスマスは私にとって12月に入って始めての
休暇となりました!

やっぱり人間は休まないとね~

(ビールと赤ワインでほろ酔い気分です。)

さてさて、今年の私と愛妻のクリスマスイブは、
私が全然準備していなかったので愛妻に
決めさせました。

私)”今年のクリスマスイブはどこで何したい??
愛)”東門(シンセンの繁華街)で見つけたピザの食べ放題に行きたい!”

と言うことで、非常に安あがりですが、
ピザの食べ放題で今年のクリスマスイブは終わりました。。。

11

 ↑
行ったのは、このお店です。

しかし、この頃はどうなるかも知らず。。。。


●自助餐バトル●

自助餐(中国語で”食べ放題=バイキング”と言う意味です。)
ではそりゃもうすごいの何の。。。

以前もお伝えしましたが中国人はあまり他人のことを
気にせず自分勝手に行動をする民族です。
それが自助餐となるとどうなるか。。。

東門についた私たちは早速、その目標の食べ放題ピザ屋へ。。。
(私のお腹は非常に空いていた。。。)
その食べ放題の店についたとたん、私は

”あ~お腹空いた。早く食べたい。。。。”と思っていました。

しかし、ウェイターは”ちょっと待ってください、席を探します”
といってパタパタ仕事してます。

そうです、クリスマスイブだもの店はお客でいっぱい! 
空席を探すのも一苦労!

奥さんは
”この店やかましいし、やっぱり違うところに行きましょう!”と一言。

しかし、僕ちゃんの空腹は限界寸前。 
そんな時ウェイターが”どうぞ、こちらへ!
(空席まだありまっせ!)
とばかりに私らを誘導してくれました。

その頃私は”ん~奥さんは
このやかましい環境を不快に思う=ちょっと日本人っぽい=お上品”と
思った。 

逆に私は、”やかましい=いつもの事ジャン=中国人っぽい”と思い

私の愛妻は、私の奥さんになってから
すごくよい風に変わったのだな~とうれしくなりました。


私は、まずこの食べ放題屋で目に入った
ミートソースのスパゲティーをお皿にごっそりよそって
私の空腹を和らげることに専念。

奥さんは、”誰も取らないんだからそんなにがっつかないで!”と
スパゲティーにがっつく私に一言。
(”ん~私の愛妻は、本当にお上品な子になったな~”と我ながらあっぱれ!)

しかし。。。。

他人のことを気にしない中国人だらけのこの食べ放題屋!
日本人でも”食べ放題=元を取るためにたっぷり食べるぞ!”と
思わせる環境。

ここ中国ではどうなるか。。。  ”そりゃもう戦争です!”

皿の前に置いてあるトング(おかずを取るはさみ)は、
普通そのお皿に備えつきでそのお皿のおかずを
取るためだけに置いてあるのですが、
ここ中国ではそんなものお構えなし!

10皿ぐらいとなりのトングを”Myトング”として
握り締め自分の好き勝手にそのMyトングで
まったく関係ないおかずをはさんでは取る! 

少し空腹が収まった私は、常識を取り戻し
そんな中国のバイキングをゆっくり
観察するゆとりを取り戻しました。

すごいの何の! 自助餐はそりゃもう、”戦争”そのものです。
狙いのおかずが持ってこられたら、
すぐさまハイエナのようにガツガツ!

つまり人気のおかずは皿が運ばれたら
あっという間になくなります。

私は、そこは一応ピザ屋なので
全種類のピザが食べれればそれで満足と言うぐらいな
気持ちになってましたが、
その他の人はそんな甘い気持ちではありません。

さっき、”日本人にみたいにおしとやかになったもんだ!”と
感心したばかりの私の愛妻は、
超激戦区の”えび”をしっかり取ってくる始末。
(ブログではわからないかもしれませんが、
これってすごいことなんです)

この激戦区の”えび”は、奥さんを含め新しい皿を
持ってきてたった3人でお皿が空っぽになります。

その超激戦区の”えび”を涼しい顔して持ってくるあたりは、
”やっぱり私の愛妻もスーパー中国人”なのだな~と
感動したぐらいです。

私の愛妻は私とたわいもない話をしながらでも
新しい皿を持ってきたときは、
必ず目がその皿を追っていた
(しっかりチェックしていた)。

それを見て、
”やっぱりどんなにがんばっても日本人が越えられないボーダー”
みたいなものを感じました。

中国で自助餐(バイキング)に行く時は、気合を入れていってくださいね。
あなたは、日本国代表の選手です。 負けないでね!

そんな感じで食事をした後は、東門でウィンドウショッピング。
(どの国の女の子もこの目的のない
ウィンドウショッピングが大好きね~、男としてはウンザリ。。。)

そのあとは、安売りだった赤ワイン(2本で39元:約600円)を
手に奥さんと家で映画を見ながらワインを飲みましたとさ!

そんな2005年のクリスマスイブでした。
みなさんのイブも楽しかったでしょうね!

もうじき元旦ですが、みなさま、よいお年を。。。


メルマガ(第11話) 自助餐バトル



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



列に並ばない中国人

2005.12.21(17:57)

神様がくれた私へのクリスマスプレゼントは、
昨日の私の持ち株(投資馬鹿なので)の上昇 と
このメルマガの感想メールでした。

中国山西省太原にお住まいの日本語教師(女性)の方からです。


>  いつも楽しくメルマガ読ませていただいています。

いいえ、こちらこそありがとうございます。

>  私も現在中国(山西省太原)に住んでおり、日本とは
  かけ離れた生活(最近は場所によっては日本と同じ?)
  にストレスを感じずにはいられない状態ですが、岡さんのメ
>  ルマガを読みながら「そう!そう!そうなのよ!」と
  パソコンに向かって独り言をい
>  うのが何よりのストレス発散です。


日本と中国のカルチャーギャップは、激しいですからね。
中国と限らず外国に住むとストレスを感じるのは当然です。 
(お互いにがんばりましょう!)

>  今日もショッピング中にトイレでひどい目にあったので
  ご報告しようと思います。
>
>  日曜日はどこも人であふれ、トイレも例外なく混んでいました。
>  日本では普通、人がいっぱいいる時はお手洗いの入り口で
  待ちますよね?
>  ここでは一つ一つの個室のドアの前に並びます。
  並ぶならまだましで、横入りもかなり多い。
>  そんな無礼な人たちを横目に私はおりこうに並んでいました。


えらい! さすが日本人! どんなひどい状況(ウンチしたくても)
でも道徳を守るのは、日本人の美徳!
中国の人は、本当に”列に並ぶ”と言うことを知らんからね~

>  さて、私の番、しかし待てど暮らせど(?)出てくる気配がない。
>  おかしいなと思いつつそれでも並んでいたらオバサンが横入り
  してきました。
>  「並んでよ!」といっても聞きもしない。
>  しかし、オバサンがドアをあけると・・・便器にごみ箱と
  ダンボールとレンガで蓋がしてありました。
>
>  <故障中>だったんですね・・・・。
>
>  10ヶ所ある個室の6ヶ所が故障中だったなんて。
>  普通、ドアに<故障中>って書きますよね!(日本ならね)


こういうサービス(”故障中”の張り紙をする)がないのも
中国の特徴です。
徐々によくはなって来ていますが、まだまだ日本を見習ったほう
がいいでしょうね。

>  その前に、高級ショッピングセンターのトイレが、
  一度にそんなに故障しますか?
>  (中国ですからね) 
>  オバサンがドアを開けてくれなかったら、わたしはいつまで
  アホみたいに待っていたんでしょう?
>  礼儀正しいと馬鹿を見るのが中国です。


名言ですね! その通りです。 
人の気持ちを考えないで自分のやりたいようにやる。

礼儀正しく相手の気持ちを考えて。。。 
というのは豊かな環境である日本で育った人には、
それが普通ですが、

ここ中国では相手のことを考えて。。。 
なんてやっていたら
”自分が飢餓で死んじゃう”なんて事が
ほんの数十年前まであったわけですから
中国では、自分勝手にやるほうが普通なのだと思います。

>  近くにこんなことを話せる日本人がいないので、
  ついつい熱が入ってしまいました。
  すみません。


いいえ、感想メールありがとうございました。

中国で生活していると本当にネタには困らないくらい
いろんな事がありますが、

このように同じ境遇でがんばっている人がいるのだな~と
思いなんかすごくうれしくなりました。

最高のクリスマスプレゼントでした。

皆さんが楽しいクリスマスを過ごせますように!

Merry Christmas !!


メルマガ (第10話) 中国のクリスマス 



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



中国のクリスマス

2005.12.21(17:41)

土日を含め休みなしの生活がついに4週間目に突入しました。
本当に最低です。

今日、いつものように会社のオエライさんと顧客とともに
西洋料理屋で昼食を取りました。


西洋料理屋だけあって店はクリスマスの飾り付けがいっぱい!

・流れるBGMは全てクリスマス関連の曲。
・ウェイトレスは、みんなサンタの帽子をかぶっています。

→この格好を恥ずかしがらずにやるのも中国人!
 たまに街中で恥ずかしげもなくサンタの帽子をかぶっています。
 (日本人ならハイレグで街中歩くのと同じぐらい恥ずかしいと
思うだろうが。。。)

中国人にとってクリスマスとは、、、

”外国のお祭りでしょ? 私らには関係ない”

が本音だと思います。


2年前の今頃まだ私と愛妻が恋人同士だった頃を思い出します。

日本人である私は、クリスマスに一人ぼっちはイヤなので
愛妻を誘いますが、

”今日は残業して疲れてるから明日にしよう!”

と私の誘いは簡単に断られました。
(最終的に強引に連れ出しましたが。。。)

中国の人にとっては、大して重要な日ではないようです。


しかし商売上手の中国人は、いいチャンスだ! とばかりに

”クリスマスセール”とか

クリスマスにちなんで・・・ 

みたいな事が街中にあふれています。


そう去年は結婚寸前だったせいかシンセン市内のある

5つ星ホテルの最上階で
豪華ディナー(2人で1500元:約2万円強もした)でした。

まったく、ヤクザよりえげつなかったです。


”何にいたしますか?”ってメニュー持ってきても 

”クリスマス特別ディナーセット”

しかなく、それがごっつい高い! (ヤクザだ。。。)


今年奥さんとの3度目のクリスマスは、どうなることやら。。。
(奥さんは単にひとつのイベントとして楽しみにしている
だけでしょうが。。。)

そんな心のない状態のクリスマスが

"中国のクリスマス"

と言ったところでしょう。


メルマガ (第10話) 中国のクリスマス 




    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



中国のトイレ事情

2005.12.16(17:26)

私はあまり胃腸が丈夫でないせいか少し下痢気味です。
下痢と言えば、トイレですがご存知の方も多いと思いますが

中国の公衆便所は、、、 すごいです!

中国の普通のトイレも、、、 まあまあすごいです。


くだらないけど、今回は中国トイレ事情です。

中国の普通のトイレには9割以上ゴミ箱がついています。
↓食事中の人ごめんなさい。。。
9



中国に来たての頃は、”なんだろう?”と思ったけど
今では”中国では必要なものだ!”と思います。


昔初めてオーストラリア・ブリスベンに旅行に行ったとき
飛行機を降りて空港のトイレで(大)をした。
終わった後に水を流しますが、その水流がすごいの何の!
でもトイレを出て周りにいるガタイのでかいオージー達を見て

”なーるほど、こんなでっかい体なら出てくる(大)もでかい
だろうな~、この水流は必要だろう!”と思った。

そんなオーストラリアの思い出とはまったく逆の体験を
ここ中国でしました。

僕ちゃんの(大)にいくら水を流しても流しきれない!

そうです。 水流が弱すぎる!!!

さらに水は便器の穴がある付近にチョロチョロ流れるだけ

日本人は、基本的に穴のある側の反対側にお尻を向けて
(大)をします(トイレの扉に背を向ける方向)。

しかし、ここ中国は逆で、便器の穴側にお尻を向けて
(大)をします(トイレの扉を見る方向)。

これを間違うとあなたの(大)は、流れきれず次に待っている
人にあなたの(大)を見られてしまうでしょう。。。
→これは中国生活で非常に重要です。 覚えましょう。 (笑)

そうです。 先ほどの”ゴミ箱”についてですが、
水流の悪いトイレにプラスして排水が悪く詰まりやすい!
どうしてここまで排水が悪いのか?はよくわかりません。

たぶん排水関連の設計をする人がアホなのでしょうか?


私の家の排水も悪いし、街中でよく排水管が詰まった時に
それを掃除する関連のものがよく売られています。
→排水が悪いのは中国では当たり前のことなのでしょう。

そこで詰まらないようにする為、(大)を拭いたティッシュは、
備え付けのゴミ箱に捨てるのです。
※ティッシュは日本みたいに置いてあると思わないでください!
 →これも商売のひとつになってます。


●今日のポイント
・中国でトイレを使う時は、それなりの事情を理解しておいたほうが
いいですよ。
・中国の排水関連ビジネスはここ当分は安泰でしょう。
・トイレには必ずティッシュ持参!
(普通はティッシュがついていないです。)

トイレ(くだらん話)ですが、いろいろためになったでしょ?

メルマガ (第9話) 中国のトイレ事情 



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



タフな中国人、ヤワな日本人

2005.12.11(17:08)

今、私の住む中国南部の都市シンセンは、
ちょうど”三寒四温”の季節です。 

約1週間前急に寒くなりそれまで外にいても半袖で
問題なかったのですが、ついに我が家自慢の

”首振りハロゲンヒーターくん”が活躍です!

(ここシンセンは沖縄よりも南! 
香港のすぐとなりなのであまりハロゲンヒーター君は
活躍の場があまりないのです。)

しかしここ2、3日は、長袖では暑く、長袖を捲り上げています。
(暖かくなってきた)

風邪引きやすいので気をつけよっと。


そう、この季節のことでいつも思い出すのはやはり

私と愛妻の結婚式のことです。

今回のタイトルにあることを痛感した
奥さんの故郷での結婚式でした。

結婚(中国側の)記念日は、2004年12月31日 !!
(大晦日が結婚記念日なので忘れたくても忘れられません。)

奥さんの故郷 河南省へ私の両親を連れて行きました。
シンセンから河南省省都の鄭州(チェンチョウ)まで
飛行機で2時間!

飛行機を降りるとそこは。。。 マイナス5℃の世界!


”日本の冬は寒いから暖かいシンセンに行くぞ~”
と言って来た私の両親は、

”あ。。。。。 日本より寒い。。。”


奥さんの実家の町まで長距離バスに揺られること4時間。
すると高速道路の出口で下ろされる始末。
8



私の両親は60年前後生きてきてこんな仕打ちを受けるのは
生まれて初めて。

あまりに想像を絶する体験だったので私と両親は大爆笑。
(奥さんはキョトンとしてた)

中国のほぼ中央に位置するここ河南省がもしかしたら

中国で一番寒いところでは?

ということをこの時は知らなかった。。。

(おいおい!何言ってるんだ! 中国はハルビンとか
もっと北のほうが寒いだろ!)

という声が聞こえてきそうですね。

確かに外の温度は、もっと北の北京やハルビンのほうが
当然寒いです。

しかし、そこまで北になると部屋は暖房ガンガン。 
でもここ河南省はそこまで寒くないので基本的に

部屋には暖房器具なし!
(金持ちの家にはあると思うけど。。。)

つまり外はマイナス5℃くらいなのに家には暖房器具なし! 
体感温度ではたぶん中国で一番寒い と思います。

話を戻しますが、この究極の寒さに耐えられなくなった
私の両親は、息子の初の晴れ舞台で

”早く帰りたい、早く帰りたい!”を連発。

奥さんの両親は、”おもてなしが足りないんだ。”
と気を落としてしまうし、、、
私の両親は、奥さん方の親戚を紹介されるたびに

”寒くないの?”を連発。

返ってくる答えは、いつも

”いっぱい着込んでるから平気、平気!”

夏はクーラー、冬はストーブ が常識になっている
生活の豊かな日本人は、

この厳しい環境(マイナス5℃で暖房なし)で育つ
”タフな中国人”にはどうしても敵いませんね。


人生最大の晴れ舞台での私の本音は、両親と同じく

”早く帰りたい。。。”でした。


でも本当にすごかった。
昔北海道に行ったことあるけど、外は確かにマイナスの世界。
でも必ずどこか(デパートとか)すぐに暖かい所に”避難”
できたが、

ここにはタクシー以外暖房のある場所がなかった。

メーターを気にせず1分でもいいから長くここにいたい!
思ってタクシーに乗ったのは生まれて初めてでした。 (笑)

正直言って、人間の住む環境とは思えなかった。。。


その日の夜は、当たり前ですが”初夜”と言うことになります。
でも私と奥さんの初夜は布団にぐるぐるに包まりながらの

マイナス8℃!

当然ロマンチックな。。。 

などということはありませんでした。 


そんな中国の結婚式でした。

そこでわかったこと。

”中国人はタフだ!”


(しかし、長いこと暖かいシンセンに住む私の奥さんも
数日前までハロゲンヒーターくんのお世話になってました。)

日本は今すっごく寒いんでしょうね~ 風邪には気をつけてくださいね。

では、また

メルマガ (第8話) タフな中国人、ヤワな日本人



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



中国人の礼儀と日本人の礼儀

2005.12.04(16:31)

さてさて、今日は3日前に来た奥さんの

老郷(ラオシャン:同じふるさとの人)

のお話!

まずこの老郷(ラオシャン)ってわかります?

中国は、面積が大きいので、ヨーロッパをイメージしてください。

そして各省(広東省とか、河南省とか)は、
その中のひとつの国(ドイツ、ブルガリア)を
イメージしてください。

→話す言葉や食べるものも各省で違うので
ちょうどそんな感じです。



奥さんのふるさとは、河南省(田舎です)。
↓奥さんのふるさと
7-2


今住んでいるのは、広東省・シンセン(大都会です)。
↓シンセン(地王大廈) 
7-1



→イメージ的に(田舎出身の)ブルガリア人が
ドイツの首都ベルリンに移民してきた感じかな?

片田舎の河南省から仕事の多い広東省・シンセンに
出稼ぎ希望で故郷からやってきました。

当然奥さんと奥さんの弟は、彼に対しいろいろ
”おもてなし”をします。

飯をおごったり、寝泊りをさせたり、仕事の斡旋までして、
さらには

お小遣いまで上げていました。
(私のお財布からお金は出たが。。。)

※奥さんの弟は、職場(”味千ラーメン:日本料理屋”)で
コックしてるんですけど、包丁で手を切ってしまい休職中。

職場からあてがわれた家がありますが、
休職中なので我が家に来てます。


この奥さんの弟の友達である彼(ラオシャン)は、
3日前から我が家で弟と一緒の部屋で寝泊りしてました。

もしあなたがこのラオシャンの立場だったら
どうするでしょうか。。。。



(私の想像する日本人の考え方)

1、まず家主である私に対して、
 ”数日間仕事を探すまでお世話になります~”と挨拶をする。

2、故郷から持ってきた手土産を、
 ”これつまらないものですけど~”と言って家主である私に渡す。

3、(時間が合えば)家主である私とたわいもない話
 (”今私の故郷では。。。”みたいな会話)をする。

4、(仕事が見つかったら)”おかげさまで仕事が見つかりました。
  ありがとうございました。”とお礼を言う。

 ※感謝の気持ちが大きい場合は、ささやかなお礼
 (飯をおごるなど)をする。


などなど。。。

普通の日本人は、こんな感じだと思います。
さて、このラオシャンは???


(中国人代表:奥さんのラオシャン!)

1、奥さんの弟に”これラオシャンからのお土産
  (タバコ1カートン)、お兄さんに!”と言わせる。

2、・・・・ (なし)

3、・・・・ (なし)



ん~、さすが中国!
礼儀(家主である私にお土産のタバコを間接的に渡す。)は、
まっとうしているけど。。。

確かに居候で肩身が狭いかもしれないけど、
挨拶のひとつくらいはしてもいいんじゃないの?
と日本人である私は思ってしまいました。

結局、私はそのラオシャンの顔も声も知りません。 

残ったのは故郷から持ってきてくれたタバコのみ。
あ、あと彼が食べたエビの殻と洗ってない茶碗も見た!

ま、弟の友達だからこのラオシャンは、若造なのでしょう。

”就職したいなら、もっと日本人から”礼儀”を習ったほうがいいですよ~”と一言助言がしたかった。

あと、”僕ちゃんのお気に入りスリッパ使うな~”とも
言いたかった。
(でも顔も合わせなかったので、そのチャンスもなかったけど。。。)

こんな自己中心的な物事の考え方や行動は、
ひとつの”中国人的思想”なのかもしれない。
※中国は人口13億人の国です。 
いろんな人がいるので毎回こうなるとは思わないでください。
 (いきなり私に笑顔で”まいど~!”とか言って
挨拶する人もいるかも? いるわけないか。。。)

このラオシャンが。。。
どんな背丈(めちゃめちゃ背が低いとか)
どんな顔(めちゃめちゃブサイクとか)
どんな性格で(めちゃめちゃオカマみたいとか)
などなど一人で勝手に創造するのも面白いです。 
(性格暗~い (笑))

では、また。

メルマガ 中国人の礼儀と日本人の礼儀




    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



食在中国

2005.12.01(15:59)

今日は仕事中非常に腹が立った! 

さらに残業代のつかない残業をたっぷりした。

そんな疲れ果てた私を慰めてくれたのは、、、 

・私の持ってる株(今日一日で前日比7千HK$)
   →約10万円になります。

・なじみの店の焼きビーフン(5元:75円)


の2つでした。

今日の焼きビーフンは、いつもと違って
フライパンの少し焦げたような味とにおいがない、
おいしい焼きビーフンだった。

”ん? 親父! 今日は綺麗にフライパン洗ったの?”
って感じです。

いや~ ”食在中国 (食は中国にあり!)”ですね。
5元の焼きビーフンが私の怒りを静めました。

考えてみると中国は外食が非常に安く、非常に一般的です。
”月に一度の外食!”なんて言ってる日本とは大違い。
月の給料が1万円くらいの子達でも、結構頻繁に外食してます。

まー、安いんだけど、味もさまざま!
はずれの高級ホテルの料理より
5元の焼きビーフンのほうがおいしいこともよくあります。

そう、中国人の”食”へのこだわりは
日本人の百倍、千倍、一万倍くらいあります。

日本人だと食べ物がまずいと 
”ま~、これ安いからな~ しょうがない!”などと
思ってしまいますが、
ここ中国はそんな甘えは許されません!


5元の焼きビーフンでもまずければ、
ガンガン文句を言います。

広州で語学留学していた時、学校の先生が
3元(約45円)の学食の手打ちラーメンに不満を感じ、
食堂の親父とでかい声で口げんかしていたのを
今でも覚えています。

3元の手打ちラーメンがまずいからって
あそこまで熱くなれるなんて。。。
(日本人は少し見習ったほうがいいかも?)

ここまでの中国人の”食へのこだわり”が、
日本では不可能な”安いものでもおいしく!”
を成立させてるのだな~
と思いました。

中国にくることがあれば、高いお店ばかりでなく、
時には安いものも食べてみてください!

メルマガ (第6話)食在中国





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
| ホームへ |
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。