香港出張報告

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 子連れにも便利な香港!(02/21)
  3. 最先端の香港(04/12)
  4. 香港の1日(08/22)
  5. ミルタ と スードル(05/01)
  6. 中国クロコダイルダンディー 香港編(01/17)
次のページ


スポンサードリンク


最新記事はここから
↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

子連れにも便利な香港!

2010.02.21(23:01)

今回の旧正月は、愛妻、愛娘を連れて日本へ帰国しました。
そこで、まず日本へ行く前に香港に一泊しました。

今回は初めての”子連れの親”という視点で香港を回ったのですが
いや~、やっぱり香港は便利でした。

基本的に香港の街中の道は、舗装されていて
乳母車を走らすには比較的快適で大きな問題はありません。

赤ちゃん用品は、大陸より品揃えが多く、しかも安い。
私たちは愛娘の”おしゃぶり”を持ってくるのを
忘れたのですが、ホテルのそばのドラッグストアーで売ってました。
(英語で人に尋ねられるし手軽に探せるので便利です)

以前はあまり意識していなかったのでわかりませんでしたが、
狭い香港ですが子供を遊ばせるための小さな公園が結構多く
存在するので子供を遊ばせながら、大人は一休みするのに最適です。

愛娘を公園で遊ばせていたら
このベルギー人の男の子に抱きしめられてチューされました。
中国生活おもしろ珍道中249(1)

西洋人はさすが解放的だわ~
(なんでこの子のママは僕ちゃんにチューしてくれないの?)


あとやはり”買い物天国香港!”
今回は初めての”子連れの親”という視点で香港を回ったのですが
ジョーダン(佐敦)の西側 上海街付近の
”寶霊街(Bowring Street)”!
中国生活おもしろ珍道中249(2)

子供服がいっぱい! 
それも大陸ではあまり手に入らなさそうなデザインのものが多い!
中国生活おもしろ珍道中249(3)

”子連れ”と言う視点で香港に来たのは初めてでしたが
なかなか快適でした。



おまけ
中国生活おもしろ珍道中249(4)
典型的な夜景の写真


メルマガ(第249話)  愛娘、危機一髪! 正義の味方おとーちゃん!?



スポンサーサイト


    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



最先端の香港

2009.04.12(13:31)

先週のお話ですが、4/4(土)は清明節でした。
よって、私の勤める会社は月曜日が代休で3連休でした。

”清明節”とは、簡単に言うと中国の”お彼岸”です。

中国に住む日本人の私には、まったくそんなものは関係なく
単純に休暇を満喫しておりました。

この清明節当日私は、私用で久しぶりに香港へ行って
まいりましたが、う~~~ん。。。

やっぱり香港! 進んでる~

と思いました。

私はシンセンのナンリン村からセレブ地区”南山区”へ
引越ししてきて、
”いや~シンセン(南山区)は、何もかもあるし便利だ~!”
と思っていましたが、いやいや、国際都市香港と比較すると
まだまだ数歩劣っています。

・地下鉄は日本の東京までは行きませんが、入り組んでおり
 どこへ行くのも便利。

・現金なしで不自由しない
 (オクトパスカードとクレジットカードのみでOK)
 ※オクトパスカード:日本のパスモのようなもので
           パスモよりずっと歴史が深いです。

・治安がよくいろいろな外国人が住んでいる。

・ジャッキー・チェンの最新作【新宿インシデント】も
 見ることが出来る。(笑)
 ※日本では、5/1公開のようですね。 日本より早い 笑
  【新宿インシデント】公式サイト ←    

・ホモまでいる。←今回ちょっとびっくりした。
 (地下鉄を待っているとき、西洋人(男)と薄い化粧をして
  ピアスをつけてる痩せてちょっと筋肉質の東洋人(男)が
  腕組んでいた。。。)
 ⇒中国大陸でも同性愛者はいると思いますが、絶対に正体を
  あらわしません。
 (思想的にまだ遅れているため、ホモを受け入れることは
  まだ出来ないと思います。 今なら変人扱いされるでしょうね。)
  その点、香港は思想的にも進んでおり大丈夫なようです。


シンセン南山区(特区内)  が数歩進むと 香港
シンセンナンリン村(特区外)が 数10歩進むと 香港
河南省(愛妻の実家:農村) が 100歩くらい進むと 香港

になるのでしょうね。
(それにしてもすごい地域格差だ。。。)


今回は、香港の先端ぶりをご紹介したお話でした。
(単なるホモの話やんけ~ 笑)


メルマガ(第219話) 最先端の香港





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



香港の1日

2007.08.22(15:51)

長いことご無沙汰していました。
今回(まだ継続中と思いますが)の株価暴落で、
とにかくいろいろと大変でした。
ようやくこの状況に慣れてきて、メルマガ発行となりました。

しかし本当にしんどかった。。。
毎晩アメリカの株価と為替の動きを見ていました。
→只今サマータイムなので、NY時間の16時まで、
 つまり中国時間の早朝4時まで毎日
 パソコンの前に座りっぱなしです。

まーそんな中、いろいろな事がありましたが、
香港に2度行ってきました。
普通に日本に住む日本人が香港に行く場合と、
私のように中国に住む日本人では、
”香港の活用法”がまったく違います。
そこで、その時の様子を今回はドキメンタリータッチでお届けします。


●香港の1日

午前中はシンセンの家でトレード。 午後から香港へ向けて出発です。

1、ホテルへ行く

 今回は、1泊する予定を立てたので、予約したホテルに向かいました。
 ホテル名 ”Metropark Kowloon”。
 KCR(鉄道)とMTR(地下鉄)を乗りこなして無事ホテルに到着。
 チェックインする時。。。


ホ) あなたの取ったホテルはここではないですが。。。

私) えーそんなはずない。だってここモンコクでしょ?? 
   ほら住所もモンコク。

ホ) ここは、”Metropark Mongkok” ! 
   あなたの取ったのは ”Metropark Kowloon”!

ということで、同系列の違うホテルに行っちゃいました。
 ビザ申請の時間に遅れてしまうと大変なのでそこからタクシーで移動です。


2、ビザ申請

 今回初めて行く旅行会社でビザ申請です。
 
 宏略旅遊
 http://www.fbt-chinavisa.com.hk/

 半年マルチが 500HK$ 安い!!


3、休憩

 とりあえず今回香港滞在のメインの目的(ビザ申請)が
 終了したので、とりあえず休憩!
 チムサッチョイ東部のオフィス街で缶ビールを買って
 橋の下でビールをグビグビ。
 日本人観光客なんかも結構いたのですが、
 たぶん私をはたから見ると。。。
 私がビールをグビグビやる隣で上半身裸で寝ている
 おっさんがいたのですが、
 その人と”同類”としてられてたんだろうな~ 
 などと少し気にしてみる。 
 (→小市民です。あはは)


4、ホットケーキ 

 休憩終了後、まずスーパーに行ってホットケーキの素を
 買いに行きました。

 ・無性にホットケーキが恋しくなった
 ・天下の”シンセン・ジャスコ”を探し回っても売っていなかった

 という理由でわざわざ香港まで来て買いました。
 シンセンで一生懸命探して買えなかった
 ”ホットケーキの素”ですが、香港では
 一軒目に入ったスーパーですぐに見つかりました。 
 やっぱり香港は便利!!


5、DVD

  次に行ったのは、香港チムサッチョイの”HMV”!
  海賊版DVD天国の中国! 
  多くのDVDが安く買えるのですが、品ぞろえが
  よくないので、中国では売っていないようなDVDを
  買いあさります。
  これも香港に来た時にしかできないことの一つ!


6、スキンコンディショナー

  ”中国で買えないものを香港で買う!”と言うのは、
  私だけでなく私の愛妻も同じこと! 

  愛妻に頼まれたものを買うため、次に向かったのは、、、
  香港のマツキヨこと ”ワトソンズ”!
  買ったのは”スクウィナ スキンコンディショナーII”。
  後で分かったんですが、これって日本の化粧水のようですね。
  (→今回買ったもので一番これが高かった。 とほほ)


7、迷惑メール

  化粧水を買った後は、ご飯を食べてビールを買って
  ホテルへ戻りました。
  しかし、これで終わりではありません。
  ホテルでは香港の早いネットを使います!
  中国のインターネットは遅いため日本の”Seesaaブログ”を
  見ることができません。
  私が無料レポートを見るために自動登録された
  迷惑なメルマガをいつも中国で削除するのですが、
  メルマガ解除ページが”Seesaaブログ”上にあるものは、
  削除したくても中国ではネットが遅すぎて削除できないのです。
  そこで、香港で早いネットに接続できる時にまとめて削除します。

  いやーしかし香港のネットは快適でした。
  話題の”Youtube”を見るとき、
  スタートボタンをクリックしたら、そのまま見れる!!
  →日本や香港では当たり前ですが、
   中国では5分の動画を見るのに10分くらい
   かかります。 あはは

このような感じで、私が香港に行くといろいろな目的があるため
抜けがないようにメモを取ってから出発します。

あと、飛行機のチケット(インドネシア行き)を買いに
もう一度香港に行きました。

やはり言える事は、”香港はいいね~”です。
ある意味毎日中国に住んでいると息が詰まりそうなので
”香港”がいい”息抜きの場”
なのでしょうね。

今回は、中国に住む日本人にとっての”香港”の
存在に関するお話でした。

中国生活おもしろ珍道中154

こんなものをフラフラ持ち歩きながらの香港滞在でした。 あはは


メルマガ(第154話) 香港の1日





    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



ミルタ と スードル

2007.05.01(13:00)

シンセンに帰ってきて2週間が過ぎました。
1ヶ月も日本の快適な生活の後で
いきなり私の住むナンリン村での生活。
ギャップが激しすぎます。

2週間でもう停電2回! 
週一回ペースって事になりますね。

さらに究極にスピードの遅いインターネット。
イライラの連続です。
あ~500円ハゲでも出来たらどうしよう!?

まーそのような最低な事もありますが、
日本からお友達がここ中国へ遊びに来てくれて
ウサ晴らししてどうにかつないでいるって感じの生活です。 
いやーグルメな中学時代のお友達Nくんと一緒の
”香港グルメツアー”は楽しかったです。

※どんなものを食べたか? は私の食いしん坊ブログをご参考ください。
  http://blog.livedoor.jp/kaigaikuishinbo/


●ミルタ と スードル

その”香港グルメツアー”でのエピソードです。
※”グルメツアー”と行ってもガイドさんの後ろに
  ついてくツアーでなく全部Nくんが
  日本で事前調査し自分たちで目的地に行きました。

そこで、チェーン店の牛乳プリン屋に行った時の事です。

漢字だらけのメニューを持ってこられたので、
”英語のメニューをください!”と
言って外国人用のメニューをもらったのですが。。。

”ミルタ”?? 何のこっちゃ??
”何だろう? これって”ミルク”のドイツ語読みか何かかな?”
なんて言ってたのですが、
よくよくメニューを見てみて分かった。

日本語がわかる人が紙かなんかに書いて
それを日本語を知らない業者に頼んで
メニュー作らせたんだろうな~
と言う結論に至りました。

なぜって? だってなんとなく形の近い文字で打ち間違えているのです。

ミルク→ミルタ
ヌードル→スードル
フレンチ→フレンテ

などなど。。。

中国生活おもしろ珍道中140(1)

中国生活おもしろ珍道中140 (2)



大陸でもそうだけど、香港でも 
”多少間違えていても通じりゃOK”という
非常にアバウトな、完璧主義な日本人では考えられない
現象が巷にゴロゴロしてます。

こんなのを見つけると海外旅行も違った意味で
楽しめるかもしれませんね。

今回はくだらん”誤った日本語”で楽しんだと
いうお話でした。 (あ~つまらん内容だ)

みなさん、楽しいGWをお過ごしください。



メルマガ(第140話) ミルタ と スードル



    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



中国クロコダイルダンディー 香港編

2007.01.17(07:19)

只今香港のとあるホテルにおります。
今回の愛妻+愛妻両親をつれた旅の
ファーストステップ。 香港です。

非常に申し訳ないのですが、
愛妻の両親は中国の農村に生まれ育ったので、

”海外旅行=ものすごいカルチャーギャップ”となります。
それはまさに 映画『クロコダイルダンディー』そのもの

今回の4人の登場人物
現代人(私)、 現代人妻(愛妻)、 ダンディー父&母 
の海外旅行エピソードを皆様にお送りいたします。


●黄色の線は越えちゃダメ!

まずシンセンを出発。
香港に行くには、
1、中国側出国
2、香港側入国

の2つの関門があります。
妻及びダンディー父母は、当然パスポート、
飛行機のチケット、タイのビザと準備万端なので、
問題なくこの2つの関門をクリアできるはずだが。。。

イミグレでは当然、列に並びます。
もうここで勘のいい人は分かったかもしれませんね。。。

中国では、列に並ぶ=わりこみOK の国なので
人々は自然と
”割り込みされるまい!”とか 
”出来るだけ前に行きたい” という考えが
無意識に働きます。
それは、イミグレの列でも同じこと。。。
ダンディー父が、ついに次の番! と言う時になりました。
ご存知だと思いますが、イミグレのパスポートなどを
チェックするエリアには
一人しか入れないように、
黄色の線が引いてあります。

しかし、ダンディー父は黄色の線に構わず前へ前へ。。。
係員が”おいおい! 黄色の線の後ろに並んで!”
と言ってきてダンディー父は黄色の線の後ろに行くのですが、
いやいや自然と体が前へ。。。
係員が”おいおい! 黄色の線の後ろに並んで!” パート2
こんなのを何回か繰り返してました。 あはは

う~ん、自然と身についてしまっている事は
なかなか直せない物ですね~


●エレベーター、エスカレーター

高層ビルが立ち並ぶ国際都市・香港。
高層ビルの数の多さや高さは日本の東京以上です。

私達の泊まったホテルは、32階建ての17階。
当たり前ですが、エレベーターで17階まで上がります。
しかし。。。

ダンディー母は、このエレベーターが少し怖い様子。
エレベーターに乗るごとにダンディー父の腕に
ぐっとしがみつきます。
→ある意味可愛らしく、年を取っても
 美しい”夫婦愛” ですね~

そうですね。 考えれば、愛妻の実家は自然豊かな農村。
エレベーターなんて1つもなかった。
半径10km圏内は確実に 

牛の数>車の数 って場所だからな~

エスカレーターでも、同様な状態でした。

※ダンディー母が”高いところが怖い”と言うことで、
 ビクトリアピークから見ることの出来る
 ”香港の100万ドルの夜景”は断念する事に
 なっちゃいました。


●地下鉄

ここでも、中国的マナーが出ますね~

現代人の私は、地下鉄内の電光掲示板に流れる
”ハンセン指数 プラスXXポイント”を
見てニヤリとする中、、、

※ハンセン指数=香港株の指数です。 
 日本で言う”日経平均”のようなものです。
 (ある意味金融都市・香港は投資家
  にとって東京より便利です。)

毎回地下鉄に乗る時に現代人妻が”降りる人が先!!”と
言ってるにもかかわらず
無意識のうちに体が前へ前への ダンディー父&母。

確かに中国では、電車やバスに乗る時は、
”競争!”(早く乗って椅子を取るのだ~!)が
ものすごく露骨に出ます。

中国国内でも最近海外旅行者が増えてきたせいか
”海外ではこのような事をしてはいけませんよ~”と
言う内容のテレビ番組が増えてきました。
しかし、そう簡単に拭い去る事はできなそうです。。。


●後書き

まーいろいろありましたが、ダンディー父&母も
少しは慣れたみたいです。
”オクトパスカード”(日本で言う”すいかカード”)も
ちゃんと使えるようになったし。

ひそかに感動したのは、ダンディー父&母の夫婦愛
あと私の妻の”現代化”というか”上品化”はものすごくうれしかった。
→”降りる人が先よ!”と注意するなど。
 (日本では当たり前ですが、、、 ここまで来るのは苦労した)

あと、ダンディー父&母の視点で見る”香港”と言うのも
なかなか興味深いものがあります。
公園とかに植えてある木などを見てものすごく珍しそうでした。
(南部にしか生えないような木なので)
やはり自然が大好きなのですね。 感心しました。

さー今日から”タイ王国”の”パタヤ”へ向かいます。
どんな旅になることやら。。。

中国生活おもしろ珍道中124 (1)

香港の夜景パート1 withダンディー父・母

中国生活おもしろ珍道中124 (2)

香港の夜景パート2 withダンディー父・母+愛妻

中国生活おもしろ珍道中124 (3)

香港の夜景パート3 withダンディー父・母+愛妻

中国生活おもしろ珍道中124 (4)

オーシャンパーク(海洋公園)に行ってきました。

中国生活おもしろ珍道中124 (5)

オーシャンパークには水族館があります。

中国生活おもしろ珍道中124 (6)

パンダもいます。 (愛妻はいません、なんちゃって)


メルマガ(第124話) 中国クロコダイルダンディー 香港編






    国際派のあなたへ朗報!

    ・国際電話割引サービス←クリックで説明ページが出ます

    ・国際電話かけ放題サービス←クリックで説明ページが出ます



スポンサードリンク
| ホームへ | 次ページ
【中国なんでも相談室】

【中国なんでも相談室】


クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓

プロフィール

ぶるー3(すりー)

Author:ぶるー3(すりー)
住まい
 ・中国広東省シンセン市
 (かなり普通じゃないかな?)

お仕事(収入源) 
 ・中国の日系企業で働いてます

趣味(好きなこと) 
 ・おしゃべり
 (日本語、英語、中国語OK)
 ・海外旅行
 ・映画鑑賞
 ・食べること

かなり普通じゃない日本人です。

もっと詳しいプロフィールは、
こちら

私の秘密こっそり教えます

お小遣い稼ぎサイトの決定版!
「Get Money」

サイト詳細説明←クリック


雑誌に掲載されました

中国広東省で配られている雑誌
『WHENEVER広東』に
私の記事が掲載されました。
magazine1-2


私へのメールはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。